都立霊園ガイド/令和元年(2019年)度の募集要項、申込方法、スケジュール

都立霊園ガイド

都立霊園の募集は年1回が基本となります。都の発行する広報誌やホームページなどで、募集期間や募集要項が発表されます。
都立霊園の募集要項はこちら

令和元年「都立霊園」申込み方法・期間

都立霊園では、毎年1回新規使用者の募集を行っております。おおまかな流れは下記のとおりですが、詳しくは申込みのしおりをご覧ください。

申込み方法

  • STEP1
    募集の公示
    例年、「広報東京都」6月号で最初のご案内が行われます。都立霊園公式サイトにも掲載されます。
  • STEP2
    お申込み
    お申込みの方法は、①申込書の郵送 ②インターネット申込の2つです。
  • STEP3
    公開抽選
    都庁で公開抽選会を実施します。結果は翌日都立霊園公式サイトにも掲載されます。
  • STEP4
    資格審査
    必要書類を準備し、書類審査を受けます。
  • STEP5
    お支払い
    使用料と管理料を支払い、入金確認後使用許可書が交付されます。

募集期間および申込書配付期間

申込書配布令和元年6月21日(金)~7月10日(水)
申込期間令和元年6月21日(金)~7月10日(水)
抽選日令和元年8月21日(水)
使用許可令和元年12月中旬

各霊園別の募集数・使用料・管理料・申込資格の概要

令和元年度の情報をご紹介致します。
申込区分ごとに居住年数など申込資格が定められています。
詳細は「申込書」と合わせて配布される「申し込みのしおり」をご確認ください。

申込区分霊園名種別等使用料募集数年間管理料居住要件その他の主な要件
1多磨霊園一般埋蔵施設
(1.80~6.55m2)
1,620,000~5,895,000円402か所1,320~4,620円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
1八王子霊園芝生埋蔵施設
(4.00m2)
1,180,000円90か所3,560円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
1,
5~7,
8~11
小平霊園一般埋蔵施設
(1.70~5.90m2)
1,455,200~5,050,400円80か所1,320~3,960円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
芝生埋蔵施設
(4.00m2)
3,464,000円30か所3,560円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。一度も埋蔵(葬)、収蔵したことがない遺骨を持ち、申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
(申込遺骨は改葬遺骨でないこと)
 合葬埋蔵施設
(合葬式墓地)
遺骨1・2体用
遺骨・生前2・3体用
生前1・2・3体用
(一定期間後共同埋蔵)※1
遺骨1体あたり 70,000円(直接共同埋蔵)※1
遺骨1体あたり 59,000円
800体管理料はかかりません申込者は、都内に3年以上継続して居住していること。<遺骨申込>
申込遺骨のある方
申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者及び存命の埋蔵予定者は、都内に3年以上継続して居住していること。<遺骨・生前申込>
申込遺骨のある方で、生前申込もする方
2体用の場合、申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
3体用の場合、申込遺骨及び埋蔵予定者は、申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者及び存命の埋蔵予定者は、都内に3年以上継続して居住していること。<生前申込>
生前申込のみの方
1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。
2体用及び3体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
樹林型合葬埋蔵施設
(樹林墓地)※2
遺骨1・2体用
遺骨・生前2体用
生前1・2体用
遺骨1体あたり 128,000円
粉状遺骨1体あたり 42,000円
719体管理料はかかりません申込者は、都内に3年以上継続して居住していること。<遺骨申込>
申込遺骨のある方
申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者は、都内に3年以上継続して居住していること。<遺骨・生前申込>
申込遺骨のある方で、生前申込もする方
申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者及び存命の埋蔵予定者は、都内に3年以上継続して居住していること。<生前申込>
生前申込のみの方
1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。
2体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
樹木型合葬埋蔵施設
(樹木墓地)※2
遺骨1・2体用
遺骨1体あたり 188,000円400体管理料はかかりません申込者は、都内に3年以上継続して居住していること。<遺骨申込>
申込遺骨のある方
申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
2,
5~7
八柱霊園一般埋蔵施設
(1.70~6.00m2)
334,900~1,182,000円335か所1,320~3,960円申込者は、都内又は千葉県松戸市に5年以上継続して居住していること。申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
芝生埋蔵施設
(4.00m2)
828,000円20か所3,560円申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
合葬埋蔵施設
(合葬式墓地)
遺骨1・2体用
遺骨・生前2・3体用
生前1・2・3体用
(一定期間後共同埋蔵)※1
遺骨1体あたり 130,000円(直接共同埋蔵)※1
遺骨1体あたり 52,000円
2,000体管理料はかかりません申込者は、都内又は千葉県松戸市に3年以上継続して居住していること。<遺骨申込>
申込遺骨のある方
申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。2体用の場合、申込遺骨2体が夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者及び存命の埋蔵予定者は、都内又は千葉県松戸市に3年以上継続して居住していること。<遺骨・生前申込>
申込遺骨のある方で、生前申込もする方
2体用の場合、申込遺骨は申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
3体用の場合、申込遺骨及び埋蔵予定者は、申込者と夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
申込者及び存命の埋蔵予定者は、都内又は千葉県松戸市に3年以上継続して居住していること。<生前申込>
生前申込のみの方
1体用の場合、申込者が埋蔵予定者であること。
2体用及び3体用の場合は、申込者及び埋蔵予定者は全員存命であり、夫婦、親子又は兄弟姉妹であること。
3青山霊園一般埋蔵施設
(1.50~3.60m2)
4,137,000~9,928,800円50か所1,320~2,640円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
3染井霊園一般埋蔵施設
(1.60~1.75m2)
2,721,600~2,976,750円30か所1,320円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
3多磨霊園長期収蔵施設
(みたま堂)
6体用 379,000円35か所5,240円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。
4体用 303,000円4,190円
2体用 227,000円3,140円
3~4谷中霊園一般埋蔵施設
(1.50~2.00m2)
2,680,500~3,574,000円60か所1,320円申込者は、都内に5年以上継続して居住していること。申込者は、申込遺骨の祭祀の主宰者であること。

※1 合葬埋蔵施設の「一定期間後共同埋蔵」とは、使用許可日から20年間個別に保管した後に共同埋蔵するものであり、「直接共同埋蔵」とは、納骨時に速やかに共同埋蔵するものです。
※2 樹林型合葬埋蔵施設(樹林墓地)と樹木型合葬埋蔵施設(樹木墓地)は、いずれも死後は安らかに自然に還りたいという都民の思いに応えるための墓地です。樹林墓地は、樹林の下に多くの遺骨を一緒に埋蔵しますが、樹木墓地は、樹木の周辺に遺骨を一体ずつ埋蔵します。
※ 居住年数は、令和元年7月10日(水)時点までの継続した期間のことです。
※ 祭祀の主宰者とは、申込遺骨に対して、将来にわたりご遺骨及び墓所を守っていく方のことです。

令和元年 募集の都立霊園

都立 青山霊園
青山霊園写真

アクセス良好で緑豊かな名門都立霊園

約12万人が眠る、桜の名所として知られるマンモス都営霊園。23区内では最も広い霊園。

園内中央にある約1.7キロの桜並木は桜の名所でもあり、花見の季節には大勢の見物客が訪れる。

園内は古木が点在し、南北に貫通する道路は桜並木が秀麗。
また青山陸橋から園内に入る広い道路には、エンジュの並木が伸びている。

自動車の走れる広い道路があり、縦横に細い路地が通っている。
交通の便に優れ、各界著名人のお墓があることでも知られている。

都立 小平霊園
都立 小平霊園の画像1

1948年開園の緑豊かな公園墓地 東京都立の霊園。

日本近代史上を語る上では欠かせない多くの政治家、実業家、文化人が眠る歴史ある公営霊園。

墓地として使われているのは現在のところ敷地の半分ほどで、残りは緑豊かな公園になっている。

駅から近く、園内は整然と区画されお参りがしやすい。
園内には売店はないが、駅周辺にはお花などを売る店が多い。

春はソメイヨシノの並木が美しいことでも有名。

都立 多磨霊園
都立 多磨霊園の画像2

多くの著名人が眠る、格式と伝統のある都立霊園

都立霊園最大規模の霊園。

大正12年に開園した日本初の公園墓地で、多くの有名人が埋葬されている。日本で最初に芝生墓地様式などをとり入れた公園墓地。

墓所区域は園路ごとに26に分けられており、霊園中央にバスが通っているため、自身の墓所近くで下車することもできる。

園内は緑が溢れ、芝生墓地や壁型墓地、ロッカー式納骨堂である「みたま堂」や合葬埋蔵施設がある。

一時預かりも可能。1600本のソメイヨシノが咲く桜の名所としても有名。

都立 八王子霊園
都立 八王子霊園の画像3

起伏に富んだ丘陵霊園

八王子城跡城山の東側に位置する、丘陵地や樹木などの環境を生かして造成された自然豊かな霊園。

全区画が墓石の縦横を60cm以内に統一された広々とした芝生墓地で広場もあり。

敷地内には車の乗り入れが可能で、墓地のすぐ近くに駐車できるため車椅子やお年寄りでも安心してお参りができる。バス停も霊園の正面にあるため便利。

近郊には、高尾山や日本100名城に指定された八王子城跡、桜の名所として有名な多摩森林科学園などがある。

都立 八柱霊園
都立 八柱霊園

千葉県松戸市八柱にある緑に囲まれた都立霊園

面積105ヘクタールの一大公園墓地。

なだらかな起伏に富んだ、自然豊かな環境。
700mの参道の両側にはケヤキ並木を有し、長方形の敷地の半分が墓所、残りは園路、植え込み地、広場などになっている。
幾何学模様のフランス風庭園が人気。

ほかに宝塔形の給水等や噴水などがあり美しい景観を誇る。

「東京都立」となっているのは、昭和10年、墓地不足で悩んだ東京市(当時)が東方墓地として開設したため。

現在でも東京都の霊園であるが、立地の面が考慮され、松戸市民にも門戸が開かれている。

都立 谷中霊園
都立 谷中霊園の画像1

多くの著名人も眠る歴史の公営霊園。桜の名所。

園内は明るく静かで、園路沿いや墓地内にはたくさんの桜が植えられており、桜の名所としても親しまれている。

中央園路は通称「さくら通り」ともよばれ園路を覆う桜の枝に花が咲くと、まるで桜のトンネルのようになる。桜の名所スポットとしても有名。

面積は約10万平方メートル、およそ7,000基の墓がある。

各界の多くの著名人が眠る。

都立 染井霊園
都立 染井霊園の画像1

ソメイヨシノが咲き誇る著名人も多く眠る都立霊園

都立霊園の中で最も規模が小さい霊園である。
地形はほぼ平坦で、霊園内に幹線道路が通っていないため静かな環境を保っている。

高村光太郎・智恵子、岡倉天心、二葉亭四迷など著名人の墓が数多くある。

同地はソメイヨシノ発祥の地として知られ、
園内にも約100本のソメイヨシノが植えられ、春になると満開に咲き誇る。

都内の中心部にありながら、静かな落ち着いた雰囲気でお参りができる霊園である。

都立霊園とは

都立霊園は、現在、青山、雑司ケ谷、谷中、染井、多磨、八柱、小平、八王子の8カ所にあります。その総面積は約416万㎡と広大な広さがあります。その人気は高く、抽選によって入れるかどうかを決めることになります。
特に都立霊園(公営霊園)は、運営の永性や管理費の安さ、宗旨・宗派不問ということから総じて人気があります。申込資格は申込区分や各霊園によって多少の違いがあります。また、従来型の一般埋蔵施設のほか、立体埋蔵施設や合葬埋蔵施設という、合葬形式の埋葬施設も 開設・募集されています。
霊園の使用料や管理料は、民間霊園より若干安い設定になっています。ただし、区画面積が広い墓所も少なくなく、大きな区画の場合は、当然、墓石費用や工事費も高くなってくるため申込み時の確認は必須です。また、抽選方式となるため、どの墓所が 当たるのかは分からず、墓域が自由に選べないという側面もあります。墓所選びで失敗しないためには、価格、面積、立地、利便性、継承などの条件をじっくりと考慮した上で申し込むのがよいでしょう。

都立霊園の歴史・埋蔵施設詳細

明治7年、明治政府は当時の東京府のなかに、埋蔵できる地域を指定しました。それまでは、寺院の墓地に埋葬していましたが、その地域を絞り込んだのです。
東京府は、住民が埋葬に困ることのないように指定地域内に公共墓地の建造を進め、明治から大正にかけて、計画していた墓地はほぼ完成しました。
戦後、東京都に移行され、小平霊園、八王子霊園が新たに加わり、現在の8カ所の霊園が使用されるようになりました。

都立霊園の埋蔵施設について

都立霊園には埋蔵施設が5種類あります。そのほか、収蔵施設、式場も完備されています。どのような形態の埋蔵施設があるか見ていきましょう。

一般埋蔵施設

各墓地で区画が分かれている一般的な墓地のことです。設備などは自分で設置する必要があります。

芝生埋蔵施設

芝生が敷きつめられた広場のような土地に、等間隔で埋蔵施設があります。区画は分けられていますが、囲いなどを設置することはできません。

壁型埋蔵施設

文字通り、墓石が壁のように密接して配置してあります。あらかじめ墓石が設置されているので、手配する必要はありません。

合葬埋蔵施設

ひとつの墓地に多くの遺骨を合葬する施設です。ほかの遺骨と一緒なので、埋蔵後特定することはできません。年間使用料は無料です。

立体埋蔵施設

遺骨を骨壺に納めて納骨室に安置し、20年後に地下のカロートに共同埋蔵する施設です。3体分の遺骨が収蔵できます。

都立霊園のメリット・デメリット

都立霊園のメリット・デメリットには、以下のようなことがあげられます。

都立霊園のメリット

  • 東京都が管理する墓地なので、管理体制がしっかりしていて将来的にも不安がない
  • 民間に比べて管理費が安い傾向にある
  • 墓地自体に古い歴史があり、敷地は広大で自然が豊かなので、気持ちよくお墓参りができる
  • 宗教や宗派に縛られない
  • 指定の石材店がなく、自由に選べる

都立霊園のデメリット

  • 申し込みは、ほぼ抽選になり倍率が高い
  • 墓地を建てる区画が選べない
  • 生前には申し込みができない(一部できるところもあります)
  • 宗教がある場合、僧侶や神主などに墓地まで来てもらう必要がある
  • 法事施設を持たないところが多い

このようにメリット、デメリットはありますが、現代の埋葬意識の変化により、都立霊園の人気が高くなっているのでしょう。

まとめ

都立霊園は人気で、20倍を超える施設もあります。申し込みの際は、要件を満たしているか必ず確認してください。毎年、当選した方のなかに、要件を満たしていないため利用できない方がいるようです。
都立霊園にはご紹介したようにメリットとデメリットがありますので、よく比較検討をして、お墓を決めましょう。

5/5 (14)

☎お墓探しの相談をする