共同墓地とは/特徴

共同墓地とは、集落・村落など地域の共同体によって使用、管理・運営されている墓地のことを言います。集落墓地、部落墓地、村墓地、みなし墓地などと呼ばれることもあります。それぞれの地域での生活に根差した、ある意味で自然発生的な墓地とも言えそうです。 共同墓地には、大きく2つの意味があります。ひとつは使用者たち地域の人たちで管理・運営する墓地です。一方、もうひとつの共同墓地はひとつのお墓に複数の家庭の人たちが共同で入るというものです。 地域で管理・運営する共同墓地の使用料は、それぞれの墓地によってまちまちです。使用料と同様、管理料も一括で支払うというケースもあるようです。 もともとその地にあった墓地のため、霊園・墓地開発や使用者の募集のための宣伝広告などの費用がかかっていないということもあってか、全体的にはそれほど高額ではないという印象です。各自治体の条例などに記載されている場合もあれば、なかなか管理者が特定できず、わかりにくいということもあります。 共同墓地について深く知りたい方はこちらの記事がオススメです。