臨済宗とは/特徴

臨済宗とは、中国禅宗の五家七宗の一宗派で、鎌倉時代に明庵栄西が日本に広めました。曹洞宗、黄檗宗とともに、日本三大禅宗の一つに数えられます。 念仏を唱えることで救われるのではなく、坐禅をすることで悟りを得ることこそ、極楽浄土に繋がるという教えです。 臨済宗には総本山はなく、14の宗派に分かれており、それぞれに大本山があります。 黙ってひたすら坐禅する曹洞宗の坐禅「黙照禅(もくしょうぜん)」に対して、臨済宗では対面して公案(禅問答)を行う「看話禅(かんなぜん)」により、仏教の精神を追求し悟りを得ていきます。 一般的は、墓石の正面に、「○○家先祖代々之墓」、「○○家之墓」などと刻まれています。 臨済宗では、「○○家先祖代々之墓」や「○○家之墓」と刻まれた上部に、丸い円のようなものが刻まれている場合があります。この丸い円は「円相」と呼ばれるもので、意味には諸説ありますが、悟りや真理を表現しているといわれています。 臨済宗の建墓方法やお墓参りなどについて詳しく知りたい方はこちらをお読みください。
泉南市の臨済宗の霊園・墓地一覧はこちら

1

金熊寺霊園

金熊寺霊園の画像
一般墓

大阪府泉南市信達金熊寺813阪和線(天王寺~和歌山)「和泉砂川駅」「和泉鳥取駅」「山中渓駅」

最近1人見学予約がありました。

お電話での
お問い合わせ
0120-432-221

この霊園の詳細を見る

  • そよかぜ霊園(大阪府)
  • 墓じまい一括資料請求
  • 関西おすすめの霊園
  • いいお墓で霊園の見学予約をする3つのメリット
  • はじめてのお墓ガイド
  • 戒名追加彫刻
  • 契約のご報告はこちらから
  • 掲載・提携に関するお問い合わせ
  • LINE友達追加
  • 霊園の口コミ評価で13,000円プレゼントキャンペーン