真言宗とは/特徴

真言宗とは空海によって開かれた、大乗仏教の宗派のひとつです。真言宗には多くの分派があり、主要なもので16派あります。宗派や地方の慣習ごとに異なるマナーも多々あります。 現在の一般的なお墓は「三段墓(さんだんはか)」と呼ばれるものです。真言宗が開かれた当時は「五輪塔(ごりんとう)」と呼ばれるお墓が一般的で、円や三角、半円を象った5つの石で構成されていました。 複数人でお参りに行った場合、故人と縁の深い順にお参りをします。墓石に一礼し合掌、手桶にくんだ水を柄杓で墓石にかけます。水をかけた後は墓前で両手を合わせ、先祖や故人の冥福を祈りましょう。 お墓参りで唱える名号・念仏は宗派により異なります。真言宗では「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」です。お線香は3本立てます。 真言宗の供養の仕方、建墓方法やお墓参りについて詳しく知りたい方はこちらをお読みください。

で気になるがあったら、無料で簡単にできる資料請求や見学予約をしてみてください!エリアやこだわり条件などを変更して、他の霊園を探すこともできます。駅近のアクセス良好なお墓や、ペットと一緒に入れるお墓、新規開園のお墓など、あなたの希望にぴったりのお墓がきっと見つかります!