はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

お墓の引越しの方法・流れ・注意点

お墓の引越しは、正式には「改葬」と呼ばれる行為で、すでに墓地や霊園に納骨されている遺骨を他の墓地や霊園に移動することを指します。
さまざまな事情から、お墓の引越しを希望する人が増えてきていますが、引越しをする際には市区町村の許可を得なくてはいけません。改装許可申請書や改装許可証、受入証明書などの書類を揃えて、移転元・移転先双方の自治体の窓口で、公式な手続きを行う必要があります。また、引越しの方法もいくつかあり、自分の状況と希望に合った方法を選択することが重要です。

 

ここでは、できる限りスムーズに引越しができるように、改葬の手順について解説します。

墓じまい資料一括請求【無料】

墓地の解体・撤去を考えている方のご状況に合わせて「いいお墓」が厳選した墓じまい業者をご紹介!

フォームに必要情報を入力するだけで、お近くの墓じまい業者の資料を一括でお取り寄せいただけます。

どうしてお墓を引っ越すの?

お墓を引っ越すということに不安や抵抗感をもつ方もいると思いますが、近年さまざまな理由から、お墓の引っ越しを考える方が増えてきています。

引っ越しを考える理由としては、

・お墓が遠方にあり、管理が難しい

・家族の引っ越しに合わせてお墓も近くに移動したい

・諸事情によりお墓の管理を引き継いだ

などがあげられます。

お墓の引っ越し方法

お墓の引っ越しの方法としては、希望する移動の仕方に合わせて、主に4つの方法から選択することが一般的です。

また移動できるのは基本的に石碑と遺骨だけで、納骨棺や外柵はほとんどの場合移動できません。

ここから移動の仕方にどんな方法があるかを説明します。

遺骨と石碑を一緒に移す

ひとつ目は今あるお墓の遺骨と石碑を一緒に移動させる方法です。

この場合移転先の墓地や霊園に、石碑を持ち込めるか事前に確認する必要があり、さらに今までの石碑の大きさにあった場所を確保しなければなりません。

ただ新しく石碑を購入する必要がないので、慣れ親しんだ石碑を使用したいという方にはぴったりです。

遺骨をすべて移す

ふたつ目は納骨されているすべての遺骨を移動させる方法で、お墓の引っ越しとしては最も多いパターンです。

石碑は移転先で新しく用意して、移転元のお墓は撤去処分します。

ひとつ目の石碑と一緒に移動させる方法もそうですが、こちらもお墓があった場所は最終的に更地に戻し、管理者に返します。

遺骨の一部を移す

これは複数ある骨壺のうち、一部の骨壺のみを移動させる方法です。

何らかの事情で特定の遺骨を後から取り出すケースに多く、移転先に新しい石碑を用意しますが、もともとのお墓もそのまま残します。

引っ越しの手続きは、移動させたい遺骨の数だけ行います。

分骨する

最後は骨壺の中の遺骨の一部だけを移動させる(分骨する)方法です。

こちらもお墓などを建てる場合は新しい石碑を用意しますが、もともとのお墓もそのままにしておきます。

分骨のみの場合は改葬の公的な手続きは必要なく、かわりにもともとの墓地の管理者(管理事務所や住職)、または火葬場から「分骨証明書」の発行が必要となります。

お墓の引っ越しの流れ

ここからはお墓の引っ越しが決まったときの具体的な手続きや必要書類、遺骨を移転先に納めるまでの流れを説明します。

移転先を決める

まずは希望する引っ越しの方法に合わせて、移転先を決めなければなりません。

移転先が決まったら、その墓地や霊園の管理者(管理事務所や住職)に「墓地使用許可証」、または「受入証明書」を発行してもらいます。

さらにお墓を建てる工事が必要な場合、具体的な建墓の予定を相談し、契約をしておきます。

一般的に建墓には3ヵ月ほどかかるので、納骨の時期を考慮して早めに計画を立てることをおすすめします。

改葬許可申請書を用意する

お墓の引っ越しの手続きについては法律でしっかりと定められていて、遺骨の埋葬に関することは、市区町村の許可を得なければなりません。

したがって改葬に伴う手続きの窓口は、遺骨が埋葬されているお墓がある場所の、各自治体ということになります。

移転先が決まって必要な書類を発行してもらったら、移転元の自治体から「改葬許可申請書」を取り寄せます。

書類の形式は各自治体によって違うので、必ず墓地のある場所の自治体から取り寄せてください。

場合によってはホームページからダウンロードすることも可能です。

移転元の管理者と手続き

各自治体から改葬許可申請書を取り寄せたら、その書類に必要事項を書き込みます。

記入する内容は形式によって多少異なりますが、

・亡くなった方の本籍、住所、氏名、性別

・死亡年月日

・現在埋葬されている所在地、名称

・移転先の所在地、名称

・申請者(墓地名義人と違う場合、承諾書や委任状が求められる可能性あり)

などが多いようなので、事前に確認しておくとスムーズに進められます。

記入済みの改葬許可申請書を移転元のお墓の管理者に提出し、署名と捺印をしてもらいます。

これが「埋蔵証明書」または「収蔵証明書」になります。

場合によっては別で発行してもらうこともありますが、ほとんどの場合改葬許可申請書と一体になっているようです。

証明書は遺骨の数だけ必要なので、遺骨が複数ある場合はすべての遺骨に対して証明書を発行してもらいます。

移転元の自治体と手続き

移転元の管理者との手続きが済んだら、移転元の自治体との手続きを行います。

ここまでで用意した書類、

・墓地使用許可証または受入証明書

・改葬許可申請書

・埋蔵証明書または収蔵証明書

をすべて各自治体の窓口へ提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

閉眼供養

自治体から改葬許可証が発行されると、お墓から遺骨を取り出すことができるようになります。

一般的に菩提寺の住職などに墓前でお経を読んでもらい、閉眼供養やお性根抜きとよばれる魂抜きを行ってから、お墓に納められた遺骨を取り出します。

遺骨を取り出す作業は、石材店が行う場合が多いです。

取り出した遺骨は、新しいお墓に納骨するまで、ご自宅や移転先の墓地などに安置しておきます。

遺骨を運ぶ際は骨壺が割れたりしないよう、風呂敷などの大きめな布で包んでおくことをおすすめします。

移転元の墓地を更地にして返す場合は、管理者の指示にしたがって整備をします。

移転先の管理者に書類を提出

移転先での新しいお墓が完成し、墓石の引き渡しを済ませたら、次は納骨の準備です。

移転先のお墓の管理者に「改葬許可証」と「墓地使用許可証」または「受入証明書」を提出し、納骨の予定を決めます。

開眼供養

新しくできたお墓の前で、開眼供養やお性根いれといわれる儀式を行います。

開眼供養が済んだら、移動してきた遺骨を納骨して、お墓の引っ越しは終了です。

引っ越し先を決める際の注意

現在のお墓のタイプによっては、引っ越し先を決める際に条件が限られる場合があるので、それぞれの注意点を紹介します。

寺院墓地へ移転

引っ越し先が寺院墓地の場合、檀家契約が必要になる可能性があります。

中には檀家契約を交わさずに受け入れてもらえる寺院もありますが、寺院墓地への引っ越しを考えているのであれば、檀家契約のことを頭にいれておいたほうがよいでしょう。

また寺院によって信仰している宗教が異なるため、もし特定の宗派に信仰がある場合、その宗派の寺院を探す必要があります。

場合によっては改宗しなければならない可能性もあるため、事前に確認することをおすすめします。

公営霊園へ移転

公営霊園への引っ越しを考えている方は、まずは応募が必要です。

公営霊園は各自治体が管理している霊園のため、公募に申し込んだ後、場合によっては抽選が行われ、選ばれると使用の権利が得られます。

当選して審査が問題なく通ると、お墓を引っ越しすることができます。

自治体によっては応募できる期間が決められている場合もあるので、注意が必要です。

民営霊園へ移転

民営霊園は民間の会社が運営しているお墓なので、それぞれ運営方針や管理体制に差があります。

また宗派に条件がある霊園では、今までの宗派と違った場合、改宗しなければならないこともあるので、事前によく確認をしてください。

遺骨の移動

お墓から取り出した遺骨は、移転先まで運ばなければなりません。

可能な限り自分の手で移動させることが望ましいですが、距離や重さなどの理由で、それが難しいこともあります。

遺骨を移動させる方法や、運ぶ際の注意点をあげていきます。

自分で運ぶ場合

引っ越し先まで自分で遺骨を運ぶ場合に気になるのが、公共交通機関を利用する場合です。

遺骨を持ち込んでもよいのか心配になりますが、基本的に電車、バス、タクシー、飛行機すべて持ち込みが可能です。

飛行機の場合は、一般の荷物と同じように収納する必要があるか、膝の上でも問題はないかなどを事前に確認します。

安全を確保するために、希望に添うことが難しいこともあるので、事前に相談しておくことをおすすめします。

また公共交通機関で遺骨を運ぶ際は、周りの方への配慮も考える必要があります。

骨壺を風呂敷やさらしで包む、大きめのバッグに入れるなどするとよいでしょう。

依頼をする場合

遺骨を自分の手で運ぶことが困難で運搬を依頼する場合、専門業者に運んでもらう方法と、郵送する方法があります。

郵送する方法は、国内では郵便局のゆうパックのみ取り扱いが可能です。

その他の宅配業者は、ほとんどの場合遺骨の引き受けはしないことが、規約で決められています。

実際に郵送する際に注意するポイントとしては、

・骨壺の中に水が溜まっていないか確認する

・骨壺の周りは布などで厚めに包む

・瀬戸物、割れ物の扱いになる

などがあげられます。

特に長年お墓に納められていた骨壺には、水が溜まっていることが多いので、郵送する前にふたを開けて中身を乾かすとよいでしょう。

まとめ

お墓の引っ越しは考えているけれど、いざ引っ越すとなると本当に移動させるべきなのか、迷う方も少なくないと思います。

しかし最近ではお墓が遠方にあるなどの理由から、長くお参りに行かないケースや、管理が難しくなりそのまま放置されてしまうお墓も増えています。

お墓は亡くなった大切な人やご先祖様が眠る尊い場所です。

可能な限り近くで大切に管理していけることが望ましいので、お墓の引っ越しをお考えの場合は、前向きに検討してみてもよいのではないでしょうか。

4.86/5 (7)

お墓の引越し・墓じまい
この記事を書いた人
いいお墓(株式会社鎌倉新書)

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
霊園の「現地見学」へ行こうキャンペーン実施中!
「いいお墓」で霊園・墓地の見学予約<無料>をしてから現地見学後アンケート回答で【JCBギフト券3,000円分】をプレゼントいたします。
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」