墓石・お墓のデザイン

墓石の原形はお釈迦様(ブッダ)がご入滅された後、埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)であると言われています。江戸時代に角柱墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流でした。

今日一般的となっている和型の角柱墓石のデザインは、板碑、もしくは位牌をルーツとすると考えられています。
戦後、墓石の種類でも様々な形が現れましたが、東日本中心に人気がある横長の「洋型墓」をはじめ、従来のお墓のスタイルに縛られず故人や施主の心を反映した「ニューデザイン墓」という自由な形式の墓石も増えてきています。

チェックポイント

外観やデザインだけでなく、墓石の欠け防止や汚れを目立たないようにする「墓石の角の面取り」や、安全のための「外柵階段の滑り止め」他、一見気がつかない工夫について配慮することもポイントです。
霊園・墓地によって、オリジナル墓石の建墓などに制限がある所もあります。事前に確認しておきましょう。

江戸時代中頃から広く普及し、仏舎利塔を起源とする墓石で、現在も日本のお墓の多くの形はこの和型が主流になっています。見た目の安定感と昔からのお墓の形は年齢層を問わず幅広く受入れられています。近年では、和型墓石も様々な加工が加えられ、伝統的な外観の中にモダンさを取り入れたものもあります。

 

基本構造:
上から、家名や戒名(法名)・題目などを刻む「棹石(竿石)」「上台石」「中台石」「芝石(芝台)」によって構成される四段や三段の構造。それぞれ、天(家庭円満)、人(人望・出世)、地(財産維持)を表しているとも言われる。

 

棹石(さおいし)サイズ:
横幅のサイズにより、八寸角(24cm)、九寸角(27cm)、尺角(30cm)などがある。

「和型」供養塔

現在主流となっている和型墓石が生まれる前、日本には、五輪塔、宝篋印塔(ほうきょういんとう)、多宝塔、無縫塔などといった様々な形をした墓石がありました。

五輪塔(ごりんとう)

五輪塔は、平安時代に生まれた弘法大師の発案と言われる墓石で、鎌倉時代から室町時代にかけて最も多く建てられました。五輪塔は故人を自然の五大元素に回帰させることを表す供養塔です。墓石は仏教(特に密教)の宇宙観である五大を表す「五輪」によって構成されています。上から宝珠形の「空輪」、半月形の「風輪」、三角形の「火輪」、円形の「水輪」、方形の「地輪」からなり、それぞれの石には梵字が書かれます。五輪塔には小スペースでも建てられる一石五輪塔や略式五輪塔などもあります。

五輪塔

宝篋印塔(ほうきょういんとう)

宝篋印塔は「一切如来心秘密全身舎利宝篋印陀羅尼経」の写経を納めて建立する仏塔です。中国から伝来した石塔で鎌倉時代には供養塔として盛んに建立されました。江戸時代には支配階級の墓石として、現在では主に法人の供養塔として用いられています。

宝篋印塔

多宝塔(たほうとう)

多宝塔は円筒型の竿石の上に笠石を積み上げた塔で、平安時代以降に建立されるようになりました。現在では個人の墓石、または供養塔として建立されます。

多宝塔

無縫塔(むほうとう)

無縫塔は「卵塔」とも呼ばれる台座の上に卵型の塔身を載せた墓石で、僧侶の墓石に多く用いられます。

無縫塔

「洋型」墓石

現代的な外観と背の低い形状に親しみを覚える人が少なくなく、首都圏や東日本を中心に人気があります。
最近では宗教を問わず、幅広く受入れられています。
ガーデニング霊園、民営の霊園・墓地、芝生墓地などの出現により、洋型墓石は急速に普及しました。

  • 小さいスペース、少ない墓石量で建墓ができる。
  • 外柵工事や土盛りを必要としない場合が多いため、和型に比べ低価格。
  • 形式に「オルガン型」と「ストレート型」「プレート型」などがある。
  • 自由な形式のお墓に合う。オリジナルの文字やレリーフ彫刻をしたい方に人気。
  • 色や種類を問わず幅広い石種に合う。

「ニューデザイン」墓石

自由な発想で個性的なオリジナル墓石は、ニューデザイン墓と呼ばれます。故人への想いをあらわしたい、在りし日の故人を感じていたい……という心から生まれます。
将棋が好きだった事から将棋盤の形をしたお墓、お酒好きだった故人を偲んで徳利型のお墓、愛煙家の故人を偲んで煙草の形状をお墓など、故人の自然観や宇宙観をお墓というものを通して表現しているのが特長です。
CADや3Dシミュレーターを駆使し、要望にそった形で設計しますので、事前に完成品に近いデザイン墓を確認することもできます。

「神道」の墓石

神道のお墓は基本的な構成は仏式と同じですが、神道では焼香を行わないため香炉がありません。また、玉串を奉げるための八足台が必要となります。墓石は竿石が細長い角柱型で、頭部を四角錘状にした「兜巾(トキン)」と言われる加工を施したものが多くなっています。この形は修験者の被る黒色の頭巾の形とも、三種の神器の一つである「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を表したものであるとも言われます。

墓石には「○○家之奥都(津)城」と刻まれます。「奥都(津)城(おくつき)」とは、上代の墓のことであり、神道式の墓もそう呼ばれています。「都(津)」は、万葉仮名で「~の」の意味となり、「都」は神官や氏子など、「津」は一般の信徒の墓に使われます。
また、神道では戒名ではなく霊名が用いられます。霊名は姓名の下に「之霊・命・命霊・霊位」などを付けます。

神道の場合、通常神社は墓地を所有していないため、神式でお墓を建立する場合は公営や民営の霊園の墓地を購入する必要があります。

神道の墓石(兜巾加工)

「キリスト教」の墓石

日本のキリスト教のお墓は、明治初期につくられた外人墓地がその起源であると言われています。現在ではカトリックでは教会ごとに墓地や納骨堂を、プロテスタントでは日本キリスト教団各地区ごとに墓地を所有しています。

キリスト教の墓石は、墓石に必ず十字架が刻まれることのほか、形や構成が自由であることが特徴で、敷石の上に十字架を載せた形や、墓石の前面が傾斜しているオルガン型、前面が垂直になっている平型など様々な形式があります。また、石材についてもこれまで墓石用として使われなかった大理石や赤御影石などを使用することも多く、それは日本の墓に黒御影石が使われるようになった要因であるともいわれます。

日本においては、キリスト教のお墓も火葬で埋葬されるのが一般的です。また、キリスト教のお墓は単独墓であることが一般的ですが、家族で入れるお墓もあります。単独墓の場合は、碑銘として洗礼名が刻まれます。また、キリスト教では線香を焚かず蝋燭を立てるため、香炉の代わりに蝋燭立てが設置されます。

5/5 (12)

☎お墓探しの相談をする