芝生墓地とは – 墓所の特徴と注意点をご紹介

芝生墓地とは、その名の通り芝で覆われた墓地のことです。日本では、お墓と聞くと石で囲まれたイメージが強いかもしれませんが、芝生墓地は、公園のような明るい雰囲気を感じられる墓地になっています。映画のワンシーンなどで、欧米のお墓をご覧になったことがある方は、イメージしやすいのではないでしょうか。

 

近年、この芝生墓地に人気が集まっています。しかし芝生墓地を利用するときには、知っておきたい注意点もあります。たとえば、墓石のデザインは和型ではなく洋型のみという規定があったり、費用が通常の墓地と比べて高い傾向があったりすることなどです。

今回は、そんな芝生墓地の特徴と注意点を詳しくご紹介します。芝生墓地が気になっている方は、ぜひ参考にしてみてください。

「墓地」や「お墓」という言葉を想像すると、墓石の周辺に砂利道や石畳がある伝統的な風景を思い起こす方がほとんどではないでしょうか。しかし近年では、従来の型にはまらない個性的でさまざまなバリエーションを持つお墓が見られるようになってきました。

その中でも、日本の伝統的な墓地に比べると明るい雰囲気を持つのが欧米風の芝生墓地です。芝生墓地は、外柵を設けず墓石の周囲を芝で覆ったの墓地のことです。

一言で芝生墓地といっても、さまざまな形式のお墓があります。地下に納骨室を作った完全に西洋式墓地のところや、日本独自に作り出された納骨室が地上に出ている西洋風のお墓もあり、幅広い選択肢があります。

全体的に墓石の高さが低いため、芝生墓地の区画は墓石が視界を遮ることなく広々と感じられるほか、日当たりもよくなりますので、明るい雰囲気のところが多い傾向があります。

芝生墓地が人気の理由

墓石や葬儀にもさまざまなニーズがある近年、墓地の種類も実に多種多様になってきています。そのような状況で、芝生墓地が人気を集めているのはなぜなのでしょうか。その理由をまとめました。

購入費用を抑えられる

芝生墓地は、私たち日本人が想像するいわゆる「お墓」とは異なり、使用する石の量が少ないのが特徴です。従来の一般的な墓地は、墓石の他に外柵という石囲いも設置しますが、芝生墓地では、外柵を設置せず、墓石のみを建てることがほとんどです。

そのため、お墓を建てる費用を抑えることができます。その浮いた費用で、さまざまな石の種類を選択することができるというところも魅力のひとつです。最近では比較的費用を抑えられるというコストの面に注目し、一般的な墓地の一区画を芝生墓地にして販売している霊園も見られるようになりました。

広々とした明るい雰囲気

墓石がずらっと並び、コンクリートや砂利で覆われている従来の墓地と異なり、芝生墓地は緑豊かな芝生が目に入るので明るく穏やかな雰囲気です。故人が安らかに眠ることができるというのはとても大切ですが、何より残された家族が心穏やかにお墓参りをできるという魅力は大きいのではないでしょうか。

芝生墓地は従来のものと比べると、隣の墓石との間に距離があることに加えて外柵もない作りです。また、芝生墓地で多く使用されている洋風の墓石は、従来のものに比べると、高さが低く作られています。そのため、奥の方まで見通しがよく、圧迫感が少ないので、広々とした雰囲気になっています。

芝生墓地を選ぶ際の注意点

日本式の墓石が選択できないこともある

多くの芝生墓地では和型の墓石ではなく、欧米風の墓石を採用しています。また区画によって高さに制限を設けていたり、墓石の規格を統一しているところもあります。墓石にどのような選択肢があるのか、事前に確認する必要があります。

管理費が割高

芝生は手入れが必要になってしまうため、同じ広さの区画でも芝生墓地は管理費が割高になってしまうことがあります。加えて芝生ですので、汚れが目立ちやすい点にも注意しましょう。お墓を購入する際は、掃除や管理という観点からも考慮する必要があります。

冬季は芝が茶色になってしまう

芝生は春や夏こそ青々として美しいのですが、冬季には茶色くなってしまいます。そのため、「緑がきれい」という理由だけで芝生墓地を選択してしまうと後で「思っていたのと違う」という事態になりかねません。芝生墓地を選ぶ際は、メリットとデメリットを比較して、ご家族とも話し合いの上、購入することをおすすめします。

まとめ

芝生墓地はとても多くのメリットと魅力があります。そのため日本でも近年需要が増え続けていますが、どんなものにもメリットとデメリットが存在します。あとで後悔することがないように、その二つをよく吟味した上で選択をするよう心がけましょう。また、情報だけでは細やかな疑問点を解決できないこともあると思います。芝生墓地について疑問やお悩みがありましたら、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

4.75/5 (16)