インドの墓石 – インド産墓石材の種類と特徴

インドの石材は硬く色艶がよいのが特徴ですが、安定性に欠けるため、量的にはインドからの輸入は減少傾向にあります。インド産石材は中国産石材と異なり、使用される石種がある程度限定されているのが特徴です。

インド産墓石材の種類

クンナム

最高級のインド産黒御影石。石質が最も硬く、色目がよいのが特徴。中目から細目まで十種類以上ある。

ニューインペリアルレッド

世界中で最も赤い石と言われている。吸水率が低く硬質。

BVR

良質な黒御影石。開採しやすいため比較的安い。

PTR

クンナム並みの最高級御影石。石目がより細かい原石が少なくなっており、本物が入手しにくい。通称「パン」。

SG2

銀色の模様が入った高級黒御影石。

M1H

インドグリーンと同様の特徴を持った、硬質なグリーン系御影石。

ヒマラヤングリーン

エメラルド系の緑系の石。緑と黒の結晶の濃淡が強い。

アーバングレー

透明感のあるグレーの中目石。硬質で水を吸いにくいという特徴。

マルチカラーレッド

ブラック、レッドの混じり合うインド産御影石。洋型墓石としての需要が多い。

パラディソ

紫を基調としたマルチカラーの石材。渦巻きのような模様が特徴。

トロピカルグリーン

幻想的な緑色が印象的なマルチカラーの石材。

M-1

濃いグリーンの中目。非常に硬い。

マハマブルー

ブルーと紫が溶け合った色で、流れるような独特な模様がある。

銀河

灰白色をした白御影石。石質が硬く変色しないので人気が高い。

Y-1

インドを代表する中間色の御影石。非常に硬く艶がよい。

5/5 (2)

☎お墓探しの相談をする