週末には2万人が訪れる魔法の祈祷 – ワット・ソムラオン アンデット(カンボジア)【アジアの聖地から】

涅槃像に添い寝する人、食事を作る近所の人々、身寄りのない高齢者も生活する開放されたお寺。
とても元気で明るい住職は、カンボジア7万人の僧侶のうち3番目の地位という高僧でした。

地域の人々に開放されたお寺

カンボジアのプノンペン国際空港から北東へ車で小一時間ほどに、地域の人々に愛されるワット・ソムラオン アンデットというお寺があります。

小高い丘から境内へ。20mほどの涅槃像が横たわっているのですが、その真横で人が添い寝しているのです。お弁当やジュースも持ってきて、毎日ここで休憩しているようです。とても気持ちよさそうでした。

涅槃像の脇には添い寝している人が

涅槃像の脇には添い寝している人が

その先にはお釈迦の誕生を表したスペースがあり、そこでは高齢の女性がお線香を整えてます。「私には家族がいないから、住職にお願いして死ぬまでここで生活させてもらってるの。お寺の掃除をして、若い人にお釈迦様のお話しもするのよ」と、こうした身寄りがない高齢者が26人も住んでいるとのことでした。

住み込みでお手伝いをしている高齢の女性

住み込みでお手伝いをしている高齢の女性

ドン!ドン!と響く太鼓はお昼ご飯の合図です。そこには100人以上が座れる食卓がセットされていて、たくさんのご近所の人々が食事の準備をしてました。そして僧侶もご近所さんもみんなで昼食を食べ始めるのです。地域の人々を大切にして、気軽に人々が集まる理想的なお寺の風景でした。

大量の食事を作る近所の人々

大量の食事を作る近所の人々

週末は二万人が訪れる魔法の祈祷

さて、このお寺は祈祷がとても有名でその効果は“魔法”とまで言われているのです。
この日もその祈祷を受けに多くの人が訪れていました。本堂の手前では、僧侶が大きな水がめから水を汲んで、腰を下ろした人の頭からザバザバと水をかけてます。何度も何度も水をかけられて、洋服までずぶぬれになりながらも、その方はありがたく手を合わせているのです。

何度も聖水をかける魔法の祈祷

何度も聖水をかける魔法の祈祷

この祈祷を受けに、金土日の週末の三日間だけで2万人の人々が訪れることもあるのです。この日は平日だったので20人程でしたが、週末は一度に200人の方々に聖水をかけるそうです。

カンボジアで三番目の高僧

こうして人々が集い、魔法の祈祷を生み出したのはどんな住職なのか、とても興味が沸きます。この日は本堂で住職の読経があるというので参列してみました。読経が始まりしばらくすると、住職は参列者に向かって歩き出し、一人一人に大きな声で話しかけます。
「結婚するの?!お互いずっと好きだね?!私の顔を見て誓いなさい!」
「子供が欲しいの?!毎朝のこの花を頭に乗せて祈りなさい!」
「ビジネスを成功させたいならスマホを祈祷しよう!それで電話すれば取引は直ぐにOK!」
と、とにかく元気に、時には笑い声をあげながら話しかけているのです。

一人一人の悩みを聞き、声をかける住職

一人一人の悩みを聞き、声をかける住職

そして私を見ると「日本人?嬉しいね!日本語も英語も話せないけど、ニコニコで伝わるよね?」と、楽しそうに話をしてくれました。

「ここは40年前は何もなかったんだよ。私がこのお寺を建てて、その後は、アメリカ、オーストララリア、フランス、スリランカにお寺を建てる指導をしてきたんだ」
住職は、人々が集まる布教のやり方、お寺を建てるための資金集めのノウハウがあり、それを各国で指導しているのです。ここでの近所の人々が集う様子を見ていると納得できます。

そして、住職のこの実績と人柄は国内でも大きく評価されています。
「このメダル分かる?これ以上の位は無いんだよ。カンボジアには7万人のお坊さんがいるけど、私は3番目の位。また来てね。今度は一緒にご飯を食べよう!」

カンボジアで三番目の地位を持つ高僧

カンボジアで三番目の地位を持つ高僧

5/5 (15)

お墓コラム
この記事を書いた人
齋藤 浩司

齋藤浩司(株式会社B-WAYグループ 代表取締役)
互助会から葬儀社を経て2001年同社創業。2002年に葬送支援NPO法人を創設。2010年には宗教法人を新規認証。CSR活動として、2007年お寺で余ったお供え物を困窮世帯へ届けるフードバンクを設立。2013年からは東南アジアの貧しい子ども達への生活・教育支援を開始し、現在はカンボジアのスラムで孤児院と幼稚園を運営。活動時に各国の聖地を訪れ、宗教家や現地の人々から文化を学んでいる。東京都新宿区出身。

齋藤 浩司をフォローする
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」