お墓にお供えするものについて

2018年6月28日

お墓にお供えするものとは、一般的には飲食物やお花、お線香などのことです。実はこれらは「五供」と呼ばれる、仏教でのお供え物の基本とされている品なのです。この記事では、五供の意味や、お墓のお供えに関するマナーなどを紹介しています。お墓参りに行くときの参考にしてください。

宗派によって多少の違いはありますが、仏教では「香」「花」「灯燭」「浄水」「飲食」の五つがお供え物の基本とされ、これらをまとめて「五供」と呼びます。五供の一つ一つにはそれぞれ意味があります。

香はお線香のことで、場を清めるとともに、亡くなった人の食べ物になるといわれています。そのほかに、よい香りで自分自身の心を穏やかにする、心身浄化という役割もあります。

安価で香りがしないものより、少しの量でよいので、香りがよいお線香を使用する方が望ましいとされています。

家庭で仏壇にお供えする線香は部屋にこもらないように、煙の少ない、香りもあまり強くないものが選ばれる傾向がありますが、お墓にお供えするお線香は、基本的には屋外で使用するものなので、煙の量などについてはそこまではこだわる必要はないかもしれません。

花はその美しさだけでなく、香りもお供えになるといわれています。墓前の花は、故人の魂の依り代ともされています。また、美しく新鮮な花は、花のように心を清くいてほしいという仏様の教えを表しています。

花屋だけでなく、スーパーなどでも「仏花」などと表示されたお供え用の花が販売されています。それ以外でも自宅に咲いている花や、故人の好きだった花など、基本的にはどんな花でもお供えものになります。ただ、派手な色のもの、棘や毒のあるもの、造花などはふさわしくないといわれています。

灯燭

ろうそくなどで灯した明かりのことです。灯燭は暗い闇を照らし、私たちの心の中の煩悩を取り除くことができるといわれています。

かつては、お墓の前に灯篭があり、お供え物に明かりは付きものでしたが、近年ではそういったお墓も減り、明かり自体をお供え物と理解している人も少なくなってきました。お墓に建てられた灯籠も、装飾という意味合いが強くなっています。

また最近では飲み物や食べ物などをリアルに再現したろうそくも販売されています。さまざまな種類がそろっていますので、故人の大好きだったものを探してお供えするのもいいかもしれません。

浄水

仏様はきれいな水を好むので、新鮮な水を供えることが供養となります。お墓には、水鉢という水を入れるためのくぼんだ部分があり、そこに水を張ることでご先祖様がその姿を映してくれるという意味合いもあります。

飲食

私たちがいま、毎日食事を取れていることをご先祖様に感謝する意を込めて、故人が好きだった食べ物や飲み物を供えます。

お墓参りのときの「五供」の供え方は

お墓に着いたときに、五供をどのようにお供えするべきか、その方法や注意点をご案内します。

ろうそくなどを使いお線香に火を付けたら、手のひらで仰ぐなどして火を消します。息を吹きかけて消すのは不作法です。火が消えたら、故人への感謝の気持ちを込めてそっと供えます。

お線香は、束のままあげる場合と、数本ずつあげる場合があります。宗派によって1~3本とあげる本数が異なりますので、宗派の方法を調べておきましょう。

また仏事の作法やしきたりについては地域性や、それぞれのお寺の考え方にもよります。気になる場合は菩提寺に聞いてみましょう。

仏花はお墓の正面を向け左右対称になるように飾るのがマナーです。花屋やスーパーで買う場合は対で購入するのが通例です。

灯燭

ろうそくを立てる場所がないお墓の場合は、小さめの灰皿など耐熱性の器に入れてお供えしましょう。また、お墓用のろうそく立てもありますので、必要に応じて準備します。

お墓にロウを直接垂らして立てる人もいますが、墓石にシミができてしまうので控えることをおすすめします。お参りが済んだら、ろうそくの火は必ず消します。このときも息で吹き消さずに、手で仰いだり、火消しなどを使用したりしてきちんと消しましょう。

浄水

ペットボトルや水筒できれいな水を持参します。霊園でお水が手に入る場合も掃除用の水とは別にお供え用の水を汲みましょう。水鉢をきれいにしてから、水をお供えします。

飲食

お墓参りでよく見かけるのは、果物やお菓子、お酒やジュースなどです。食べ物は直接墓石に置かず、半紙や懐紙の上に置いてお供えするのがよいでしょう。

お墓参りを終えたら。お供え物の片付け方

お墓参りが終わると、お供え物をそのままにして帰ってしまう人もいますが、必要な後始末はきちんとすることが大切です。以下に、花と飲食の片付け、始末についてご紹介します。

花は時間とともに枯れてしまい、花筒の中の水も腐ります。遠方などで、頻繁にお墓参りに来られない場合は花を持ち帰った方がよいとされています。

造花はふさわしくないとされていますが、お供えした花をすぐに下げるのは忍びないと感じるのであれば、これを用いるのも一つの方法です。生花よりは長持ちしますが、そのままにしておくと造花も退色するなど劣化してしまいますので、次のお参りのときには新しいものを準備しましょう。

飲食

かつては、墓前のお供えは飢えている人などへの施しとされ、持ち帰らないものでした。しかし、現代ではお供えの飲食をそのままにしておくとカラスなどに食べ荒らされたり、腐ったり、缶が錆びて墓石を傷める原因となるので、そのままにしないのが一般的です。

お供えしたものを墓前で食べるのも供養となりますので、お参りした後はその場で食べてしまって構いません。それでも食べきれずに残ってしまったものは持ち帰りましょう。

まとめ

お墓参りのお供えものには、それぞれに意味や由来があります。お供え物の扱い方の基本を覚えていれば、お墓参りもスムーズに行えるようになります。きちんと覚えて次の世代へも伝えていきましょう。

お墓をお探しの方は、いいお墓までお気軽にご相談ください。年中無休のフリーダイヤルで資料請求や見学予約を承っています。

5/5 (2)