はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

「新盆」2つの意味 – お盆の作法

いいお墓

新盆とは、「新しい暦(新暦)のお盆」あるいは「忌明け後の初めてのお盆」のことを指します。前者の意味では「しんぼん」と読み、「旧盆」に対する用語として使います。後者の意味では地域によって「しんぼん・あらぼん・にいぼん」などと読み方が変わります。離れた土地に嫁いだ方は読み方の違いに戸惑うことがあるかもしれません。

2つの意味がある新盆について、時期の違いや読み方の違いなどを詳しく解説します。

お盆を行う時期は、地域によって7月と8月とに分かれています。7月のお盆を新しいお盆「新盆」といい、8月のお盆を旧のお盆「旧盆」といいます。8月のお盆は「月遅れ盆」ということもあります。一方で、旧盆は旧暦のお盆を指すこともあり、この場合、お盆の日程は年ごとに異なります。

7月の時期にお盆を行うのは、東京を中心とした首都圏近辺や、一部の都市部であることが多いです。これらの地域では、お盆に合わせてお祭りなどの行事を開催します。お墓参りなども7月15日を中心になされます。

他の地域では、8月をお盆としているところが多いです。お盆の時期の違いはその地域の主な産業によるところもあります。

なぜそうなったのか?明治維新説と集団上京説

お盆の時期が地域によって異なることについては、明治維新による暦の変更があります。

日本では、明治維新前までは太陰太陽暦を使用していましたが、明治維新後にグレゴリオ暦を使用することとしました。改暦を行ったのは明治5年の12月3日で、この日を突然1月1日にしたのです。この際、改暦前後の日付に1ヵ月ほどの差がでてしまいました。このずれのせいで、新暦の715日は、農繁期と重なることとなりました。農業が盛んな地域の人たちは困ってしまい、お盆の時期を1ヵ月遅らせて815日にしたのです。

こうした背景から、新盆と旧盆ができたとされています。

一方、集団上京説もあります。こちらは戦後の集団就職をお盆の時期が2通りに分かれてしまった理由としています。

8月にお盆休みを取る企業が多い背景には、昔の「藪入り」という習慣の名残があるとされています。終戦後に集団就職で上京した人たちは、藪入りの時期(新暦の8月)に合わせて集団で帰省していました。上京していった子供たちがこれまでどおり8月に先祖と過ごせるよう、地方ではこの時期のお盆を大切にしたとも言われています。

四十九日後、初めてのお盆としての「新盆」

「新盆」という言葉には、「新暦のお盆」という意味だけでなく、「人が亡くなってから四十九日を過ぎた忌明け後に迎える、初めてのお盆」のこと指すこともあります。

故人が亡くなって四十九日を過ぎた後にお盆が来る場合には、亡くなった年が新盆のとしとなりますが、四十九日より前にお盆が訪れる場合は、翌年のお盆が、その故人にとっての新盆となります。

故人にとって初めてのお盆、「新盆」では何をするの?

新盆は、故人を初めて迎えるお盆ですので、通常のお盆よりも盛大に行うのが通例です。

仏壇の前に盆棚を設けて、故人を迎える準備をします。この盆棚には、仏壇にある仏具をはじめ、精霊馬や水の子、そうめん、昆布、生花、ほおずき、お団子などを飾ります。四隅には竹を立ててしめ縄を張ります。

これらの飾り物や供物には、故人が行きと帰りに使う乗り物としての意味と、「食べる物に困らないように」といった思いが込められています。

新盆の初日の夕方には割り木などで迎え火を焚き、白提灯に明かりをつけて故人を迎え入れます。

14日~15日にかけてはお墓参りに行き、お坊さんを呼んで法要を行います。法要の際は、喪服とまではいかなくても平服を着用するのがマナーです。

ここで言う平服とは、普段着ではありません。略礼服のことです。無地のスーツに白色のワイシャツ、控えめな色のネクタイ、そして黒の靴下と革靴を着用します。女性の場合も、黒を基調とした服、黒や肌色のストッキング、パンプスを着用します。

法要を行った後は会食がもたれることもありますが、故人が家に帰ってきているので、その間も焚いている火は消さないようにします。

そして、最終日には故人を再びあの世に送り帰します。夕方頃に送り火を焚いて、お見送りします。使用した白提灯はこのときに燃やすか、お寺で供養してもらいます。

新盆、地域での違い

新盆は地域によって、「しんぼん・あらぼん・にいぼん」の3つの呼び方があります。

関西よりも東の地域では広く「にいぼん」が使われていますが、千葉や長野では「しんぼん」、北関東では「あらぼん」と呼ばれるのが一般的です。

また、西日本では新盆のことを「初盆」と言います。読み方は「はつぼん・ういぼん」の2つがあるようです。

関西や中部といった地域ごとにも読み方が異なります。

離れた土地に嫁いだりすると、はじめは慣れないかもしれませんが、どの読み方でも意味は変わりません。

まとめ

新盆には2つの意味があり、地域によって時期や読み方が異なります。「四十九日を過ぎた次のお盆」という意味の新盆では、盆棚や精霊馬、供物など準備するものが多いため、早めにそろえておくと安心です。

また、忌明け後には遺骨の埋葬をする方が多く、お墓を用意される方も多くいらっしゃいます。お墓に関するお悩みやお見積りなど、どのようなご相談にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

5/5 (3)

お墓の基礎知識
この記事を書いた人
いいお墓(株式会社鎌倉新書)

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

いいお墓(株式会社鎌倉新書)をフォローする
霊園の「現地見学」へ行こうキャンペーン実施中!
「いいお墓」で霊園・墓地の見学予約<無料>をしてから現地見学後アンケート回答で【JCBギフト券3,000円分】をプレゼントいたします。
はじめてのお墓ガイド | 霊園・墓地のことなら「いいお墓」