お墓はいらない!?お墓を建てない新しい供養の形とは

墓地

お墓には、ご先祖様が眠る場所、家系のシンボル、ご先祖様を敬う場所など、人それぞれイメージがあるかと思います。
現代では、考え方が多様化してきて「お墓はいらない」と考える人も増えてきています。また、どの宗教にも信仰を持っていない人も、お墓を建てないことが多くなっています。

お墓を建てない場合、どのような供養の方法があるのでしょうか。この記事では、お墓を作らない選択をした方のための新しい供養の形を紹介していきます。

お墓が不要だと思う理由

現代の日本では、「お墓はいらない」「お墓は必要ない」と考える人が増えています。

お墓が不要だと思う人が増えた理由はさまざま考えられますが、まず挙げられることとして、日本が抱えている少子高齢化や核家族化の問題があります。お墓の世話を頼める身内が少なくなっていく中で、自分が旅立った後のことが心配になるのも自然の流れでしょう。

次に、金銭的な負担が大きいという面があります。地域によって差はありますが、墓地の区画や墓石の購入費用、その後の管理費、僧侶に支払うお布施などを合計すると、数百万円かかってきます。残された遺族にとって、葬儀代とも合わせて考えると、決して安い金額ではありません。子供が複数人いて、費用を分担できればいいのですが、そうでない場合にはさらに負担が大きくなります。

そして、無宗教の人が増えたことも理由と考えられます。少し前のデータですが、アメリカの「ピュー・リサーチ・センター」という調査機関による2012年の調査で、日本人の57%が無宗教という結果が発表されました。無宗教の人は、特定の宗教を信仰しない、あるいは信仰心自体を持っていません。日本の寺院は、仏教寺院であることが多いので、そこにお墓を建てる必要性を感じないのです。
たとえ無宗教でなくとも、葬儀や法要、墓参り以外の用事で、寺院へ足を運ぶことが少なくなっている、という現状もあるといえます。

墓石は必要とは限らない

日本では、霊園・墓地に墓石を建て、そこへ遺骨を納める方法が一般的です。人間の寿命よりもずっと長く残る「石」は、古くから故人の供養に使われてきました。
ところが、海外に目を向けると、いろいろな方法で故人の供養が行われています。例えば、インドでは遺骨や遺灰をガンジス川へ撒きます。ひと昔前の中国や韓国では、遺体を土に埋めてその上に土を盛っていました。チベットでは、遺体を野天に放置して、鳥が啄む「鳥葬」が行われているそうです。
お墓は「死者の遺骸や遺骨を葬った所」という意味のとおり、必ずしも石である必要はありません。

お墓を建てない場合、供養の方法は?

お墓を建てずに故人やご先祖を供養していきたいと思ったときの方法をご紹介します。

樹木葬

墓石の代わりに樹木を目印にして、遺骨を土に還します。1999年に、岩手県の「祥雲寺」で人間の埋葬方法として初めて採用されました。
現在では、遺骨ごとに苗木を植えたり、墓地と同じように区画分けされていたり、大きな木の周りに合同で埋葬したりと、さまざまな形式のものが広がっています。この方法は、どの樹木の下でもできるわけではなく、許可を得ている霊園や墓地の敷地内で行うことができます。自然に還るという考え方も受け入れられやすく、樹木葬を検討する人は年々多くなっています。
樹木葬のメリットは、費用を抑えて入れることと、永代供養をしてもらえることが多い点です。また、必ず家族で入らなくてはいけないこともなく、宗旨・宗派も問われません。

納骨堂(または永代供養墓)

寺院や霊園が管理し、家族に代わって供養を依頼することができます。納骨堂の種類やタイプも多様化しており、個別に納骨するロッカー式納骨堂や、他の方の遺骨と一緒に納骨する合祀墓、一定期間個別に安置した後に合祀墓へ入るタイプなど、納骨堂によってさまざまな種類があります。

散骨

故人の遺骨を粉末状にして、海・空・山などに向かって撒くものです。
国内外の有名人・著名人の中にも散骨を選んだ方は多くいます。撒くことができる場所は限られているので、散骨を行う場合は専門業者に依頼することが一般的です。

なお、日本には「墓地・埋葬等に関する法律(墓埋法)」というものがあります。昭和23年に制定された法律で、第2章第4条に「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない。」とあります。しかし墓埋法はもともと土葬を対象としており、自宅の庭や所有地または他人の所有地に勝手に遺体や遺骨を埋葬することを禁止している内容となっているので、遺灰を海や山に撒く葬法は想定しておらず法律の対象外となっています。

手元供養

手元供養とは、机上に収まるくらいのスペースを使い、小さな骨壺に遺骨を入れて、仏壇と一緒に置き、いつでも遺骨を側に置いておくことができる供養法です。一般的な仏壇より小さい手元供養用の仏壇を使います。

なお、墓埋法では「焼骨を自宅で保管する事は、本条に違反するものではない」と言う見解が示されているので、遺骨の自宅安置に関しては法律に触れませんし、その期間に定めもありません。

ゼロ葬(0葬)

「ゼロ葬」、この呼び名を聞いたことがある人は、かなり少ないのではないでしょうか。
葬儀・埋葬をせず、お墓・仏壇も作らず、火葬のみ行うというものです。遺骨は、火葬場でそのまま処分してもらったり、郵送で合祀墓へ送り埋葬してもらったりして納められます。身寄りがない、親族間で疎遠になっているなどの場合に執り行うことがあります。

お墓を建てない場合の注意点

どの方法を用いるときも同じですが、必ず家族間での話し合いをしっかり行いましょう。
家族間でも意見が分かれ、後になってから「やはり個別のお墓がほしかった」というトラブルが起こることもあります。特に、合祀や散骨など、後から遺骨が取り出せない埋葬方法をとる場合は、なおさら慎重に考えて決めていきましょう。

まとめ

「お墓はいらない」と考える方々は、ご先祖様を大事に思っていないというわけでは決してなく、現代日本が抱えている問題を象徴した考え方を持っているともいえます。
お墓を建てるか建てないかの選択は、そう頻繁に行うものではないので、ご家族の中でも意見が分かれることが多いです。「いいお墓」でもご相談を受け付けていますので、後悔のない選択をするために少しでも不安なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

4.94/5 (18)

☎お墓探しの相談をする