永代供養墓の特徴とは? メリット・デメリット、費用、種類を詳しく解説!

お墓のことについて調べていると、「永代供養墓」という単語をよく見かけますよね?

近年は家族形態の変化や少子化により、永代供養墓を利用する人も多くなっています。永代供養墓であることをアピールしている霊園も多く、お墓選びのひとつの基準になっているとも言えます。

ところで、永代供養墓とはどのようなお墓なのでしょうか?

ここでは永代供養墓の意味をはじめ、メリットやデメリット、永代供養墓が向いている人、お墓の種類、費用の相場などをまとめてご紹介します。お墓選びに悩んでいる人、永代供養墓を検討中の方はぜひ参考にしてください。

永代供養墓とは?

「永代供養墓」という言葉には、実は法的な定義はなく、一般的には霊園や寺院が遺族に代わって供養・管理をしてくれるお墓という意味で使われています。

これまでのお墓は、家で代々受け継いでいくものでした。しかし核家族化や少子高齢化などで家族形態が変化したことや、「子どもがいない」「子どもに負担をかけたくない」という人が増えたことから、後を継いでくれる人がいなくても購入できるお墓が望まれるようになりました。

永代供養墓であれば後継ぎがいない人でも契約でき、永続的に供養と管理が受けられます。そのため「自分の死後は誰が供養してくれるのだろう」と心配する必要はありません。

また、一般的に永代供養墓には、遺骨の有無に関係なく生前に申し込みができるという特徴もあります。

永代供養墓を探してみる

永代供養墓のメリットとデメリット

永代供養墓のメリット

永代供養墓のメリットは、上でもご紹介したように後を継ぐ人の有無に関わらず申し込みできることです。子どもがいない場合や子どもが離れて暮らしているといった場合でも、お墓の継承を心配することなく申し込むことができます。

また、供養・管理は霊園や寺院が行ってくれるため、定期的な供養や管理をしなくて済むこともメリットだといえます。

ほかにも、一般的なお墓を建てるよりも費用が比較的安い点もメリットでしょう。お墓を建てる費用は200万円前後といわれていますが、永代供養墓は30万円から100万円程度が相場です。金銭的な面でもメリットを感じ、永代供養墓の購入を検討する人が多いようです。

永代供養墓のデメリット

永代供養墓の一番のデメリットはいずれは遺骨が合祀されることでしょう。合祀とは、ほかの人たちの多数の遺骨と一緒に埋葬すること。一度合祀すると、個人の遺骨を取り出すことはできなくなります。

さらに永代供養墓は、一般のお墓に比べてお参りの仕方に制限が設けられている場合もあります。霊園や寺院にもよりますが、墓石の前で手を合わせるのでなく、定められた場所でお参りしなければならない場合も。屋内の納骨堂では線香が禁止されていることもあるため、永代供養墓を見学する際には、この点も確認しておくと良いでしょう。

永代供養墓はどんな人に向いている?

霊園や寺院に供養・管理を任せられる永代供養墓は、お墓を承継する人がいない人に向いています。

子どもがいる人でも、子どもが遠くに住んでいる、霊園や寺院へのアクセスが悪いなどの理由で、子孫にお墓を継承させることをためらう人もいるでしょう。そのように、「子孫にお墓の管理を負担させたくない」と感じている人にも、永代供養墓は向いています。

また、家族関係の変化や生涯未婚率の増加などから、一人や夫婦のみでお墓に入りたいと思っている人にも永代供養墓はおすすめです。

永代供養墓を探してみる

永代供養墓の種類

永代供養墓は、埋葬の仕方によって複数の種類に分けられます。ひとくちに「永代供養墓」といってもさまざまなので、その違いを見ていきましょう。

合葬型

他の故人の遺骨と一緒に、合葬墓(合祀墓)と呼ばれる共通のお墓に埋葬するタイプ。合葬墓の形態はさまざまで、墳丘や塔などの形のものやモニュメントタイプがあります。合葬型の場合、遺骨を取り出すことはできません。

納骨堂型

納骨堂の中に、個別に遺骨を安置するタイプ。納骨堂にも種類が多数あり、遺骨を納める場所がロッカーのように仕切られているもの、仏壇のような形式のもの、個別に安置されている遺骨が自動で運搬されてきてお参りできるもの、位牌を安置するものなどがあります。

樹木葬型

墓石の代わりに樹木を墓標とするタイプ。個人ごとに樹木を1本ずつ植えるものと、1本のシンボル・ツリーのまわりに複数人の遺骨を埋葬するものがあります。

永代供養墓を探してみる

永代供養墓にかかる費用の相場は?

永代供養墓にかかる費用の相場は、種類、希望する供養の期間、供養期間後の遺骨の扱いなどによって大きく異なります。しかし一般的には30万~100万円程度が相場であるようです。

次からは、費用の相場を永代供養墓の種類別に見ていきましょう。

合葬型の場合

合葬型は永代供養墓の中でもっとも費用が安く、3万~10万円程度が相場です。一度合祀されると遺骨を取り出せないというデメリットはありますが、ほかの永代供養墓に比べて費用を格段に抑えられます。

納骨堂型の場合

納骨堂のタイプによって費用が異なりますが、「いいお墓」が行った第11回「お墓の消費者全国実態調査」によると、2019年の納骨堂の平均購入価格は約88万円でした。

タイプ別に見ていくと、1人用のロッカー式や位牌式は10万~30万円、仏壇式は30万~100万円、自動搬送式は50万~100万円が相場。家族用の納骨堂は納骨する人数にもよりますが、100万円前後が目安です。

樹木葬型の場合

第11回「お墓の消費者全国実態調査」では、2019年の樹木葬の平均購入価格は約69万円という結果になりました。一般的に樹木葬型の費用は10万~80万円とされているので、ご自分の予算に合った霊園を探してみましょう。

永代供養墓を探してみる

永代供養墓を比較・検討してみよう

後継ぎがいない人や子供に負担をかけたくない人が増えている昨今、永代供養墓の需要は高まっています。霊園や寺院に供養と管理と任せられるなどメリットの多い永代供養墓ですが、三十三回忌などのタイミングで合祀されることが多いなど、デメリットについてもしっかり検討が必要です。

ご紹介したように、永代供養墓にもさまざまな種類があります。個別埋葬型や合祀型、納骨堂型などの特徴やそれぞれのメリット・デメリットを把握し、どのタイプを選ぶべきか考えてみてください。

5/5 (2)