永代供養付き霊園

「一般のお墓を建てたい気持ちはあるのだが、お墓を代々継いでいくのは難しいと考えている」
今、そのような想いを抱いている方たちの注目を集めているのが【永代供養付き霊園】です。
「お墓を承継する人がいない」「ゆくゆくは墓じまいが必要になるかもしれない」などなど、お墓を継いでいくことに関して色々と心配になってしまう人は多いはずです。
しかし【永代供養付き霊園】は、一般墓所から同じ霊園内にある永代供養墓に、スムースに改葬できるので何の心配もありません。安心して眠りにつくことができる霊園なのです。

墓じまいや改葬はこんなに大変!

先祖代々のお墓が維持・管理できなくなったとき、既存の墓を撤去することを「墓じまい」といいます。また、埋葬されているご先祖のお骨を別の墓所にお引越しさせることを「改葬」といいます。
「墓じまい」の際には、お墓の撤去に伴う墓石の解体料、現状復帰のためなどの費用、「改葬」の際には新たにお骨を移すための手続き、引っ越し先のお墓の購入、お墓の維持のための年間管理費などの費用がかかってきます。

永代供養付き霊園

「永代供養付き霊園」と、
「永代供養墓」を比べてみると?

永代供養墓とは、永代にわたり供養してくれるお墓のこと。当初、個別に埋葬されている場合でも、一定期間(3回忌、7回忌、13回忌、33回忌等)を過ぎると、合祀される条件の永代供養墓が多い傾向にあります。「墓じまい」の苦労や費用面で追加の心配がない墓所として注目を集めています。「樹木葬」「納骨堂」など様々な埋葬形態の永代供養墓があります。
2018年度の調査では、関東地方の樹木葬の平均購入価格 763,566円、同じく関東地方の納骨堂の平均購入価格は955,556円というデータがあります。
(2018年度「第10回お墓の消費者全国実態調査」鎌倉新書より)
一方、【永代供養付き霊園】は、最初は一般墓に納められますが、お墓が承継できなくなった場合でも、撤去費、改葬費、年間管理費など新たな費用がかかることは一切ありません。

関東地方における一般墓・樹木葬・納骨堂の平均購入価格
  • 一般墓 1,581,341去年 未公開
  • 樹木葬763,566去年 未公開
  • 納骨堂955,566去年 未公開

今回は、すべての墓所が、改葬やその後の管理料が一切かからない3つの【永代供養付き霊園】をご紹介します。

朝霞聖地霊園

朝霞聖地霊園

  • 詳しく見る
第二朝霞聖地霊園

第二朝霞聖地霊園

  • 詳しく見る
小江戸聖地霊園

小江戸聖地霊園

  • 詳しく見る
資料請求・現地見学会 受付中
無料で資料請求または見学予約をする