墓石の種類

同じように見えても、石にはそれぞれ個性があり、好みがあります。石によって価格差も大きいですが、単純に価格・値段が品質を反映しているというわけではありません。
墓石に使われる石の種類は国内外300近くありますが、まずは実際に石のサンプルを手にとって直感で選んでみることをお勧めします。
また、石も経年劣化しますが、すでに建てられているお墓の石材を参考にすると分かりやすいでしょう。

チェックポイント:お墓に使用するのに良いと言われる「石種3条件」
  • 硬いこと
  • 水を吸いにくいこと
  • 長持ちすること

墓石に使われる石材には様々な種類があります。石材は取れる産地によって色や材質、耐久性が様々で、その風土に合った石材が墓石として使われています。

墓石に使う石材は、大まかな分類として「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が挙げられ、産地や成分などにより300以上の種類があります。
花崗岩は瀬戸内海沿岸をはじめ、茨城県、福島県、愛知県で多く産出され、各産地により目の粗さや色合いが異なります。
安山岩は江戸城築城に使用された神奈川県真鶴の小松石が有名ですが、東の横綱石とも呼ばれて根強い人気があります。

最近では外国産の輸入石材の流通が増加しています。特に現在国内で建立されているお墓の大半を中国産の石材が占めつつあります。一方、国産石材の需要・採石量ともに減少していますが、希少価値が高まり、高級品として扱われるようになった石材もあります。
また「花粉の多い地域では白系の明るめの石を使用すると花粉の付着が目立たない」など、地域や場所によって選ぶパターンも人気も分かれます。

お墓はいきもの「身から出た錆」

お墓は夏の日差し、雨風雪に耐えて永年ご先祖様を守っていますが、時の推移とともに、墓石にも「焼け」や錆(サビ)が出ることがあります。
錆はマイナス要素として捉えられがちですが、石は自然の鉱物であり、水を吸わない石はありません。
石は、我々と同じく日々呼吸する生き物でもあり、石という鉱物から錆が出るというのはごく当たり前の、呼吸する過程において生ずる自然の摂理の中の一つでもあるのです。

墓石のダイヤモンド!?庵治石

墓石のダイヤモンド、西の横綱石ともいわれる庵治石(あじいし)は、香川県の庵治地方で採掘される国内有数の墓石材です。素人が遠目にみてもわからないかもしれませんが、もし機会があれば手にとって実際に触れてみてください。斑の模様が実に細かく密度が濃いのがわかります。また長い年月を経ても、石の艶や彩色がほとんど変わらずに美しさが保たれています。庵治石(あじいし)と言われるだけ、味(あじ)があります。
ただし、お値段は「石のダイヤモンド」と言われるだけありますが……。

「墓石について」の記事一覧

墓石の種類

お墓や墓石に使われる国内外の石材の種類や特長を解説します。

お墓の構成

お墓や墓石の基本構成について、石塔や外柵、付属品を解説します。

墓石加工

墓石加工の手順や事例について解説します。

お墓の工事(施工)

お墓の完成までの工事・施工、墓石や外柵の据付手順について説明します。

墓石彫刻

墓石に彫刻する文字や図案・戒名、書体などについて解説します。