お墓にまつわるトラブル

お墓にまつわるトラブル

離檀料の目安相場 – 離檀の方法とトラブル事例

離檀料とは、長年お世話になった寺院の檀家を離れる際、寺院側にお渡しするお布施のことです。 あくまで「お布施」ですから、そもそも寺院側には離檀料の支払いにおいて具体的な請求をする権限はありません。しかし万が一、離檀に際し法外な金額を寺院から要求され、関係がこじれてしまった場合には、檀家総代・寺院の宗派の本山・行政書士などの専門家に相談するという方法を考える必要があります。 そこで今回は、離檀料の意義から目安相場、離檀料を巡るトラブル事例について解説します。
お墓にまつわるトラブル

お墓の相続(承継・継承)

お墓の使用権取得者(名義人)が亡くなった際、「お墓を継ぐ」必要がありますが、これを「承継」と呼びます。お墓の承継は、家を継ぐ長男が継承することが半ば慣習化していましたが、一人娘が他家に嫁いでしまったケースや、子供のいない場合など、核家族化の進む現代の社会背景とともに、親族間で承継することが困難な事例が増えてきています。 ただ、親族に「承継者がいない」ということで、お墓がなくなってしまうということではありません。
お墓にまつわるトラブル

お墓の引越しトラブル事例

お墓の引越し(=改葬)の際に起こることがあるトラブルの事例をご紹介します。事前にどのようなトラブルが起こり得るのかを把握しておくことで、実際に問題が発生しないよう心掛けていただければと思います。
お墓にまつわるトラブル

お墓が無い方の新しい選択肢 – 永代供養墓、納骨堂、合葬・合祀墓

近代では跡継ぎがいない方や、「子どもや家族に迷惑をかけたくない」と思っている方、また家族の間でやむを得ない事情のため、お墓を継がせることができない方も少なくありません。そんな方々に需要があるのが「合祀墓」「合葬墓」とも呼ばれている「永代供養墓」です。合祀・合葬は、他の人の遺骨と一緒に埋葬することを意味します。永代供養墓は、寺院や霊園が建設しているお墓で、遺族に代わって管理や供養をしてくれます。跡継ぎがいなくなっても無縁仏にならない、また費用が比較的安く済む、など様々なメリットがあります。ここでは、そんな永代供養墓について、わかりやすく解説しています。
お墓にまつわるトラブル

お墓を継承するとき、どうすれば?

お墓の承継とは、お墓の名義を変更することです。新しい名義人を選ぶ際には「遺言書に従う」「話し合いをする」「家庭裁判所に調停を申し立てる」の方法があります。墓地や霊園によっても承継に関する規約等もありますので、不明な点は確認しましょう。墓地承継の流れについて、必要な書類などもご紹介しながらまとめます。
お墓にまつわるトラブル

相続税は不要!?お墓の相続と継承に関する費用

故人が亡くなった後で色々と手続きが面倒な相続。 「お墓」についてはどのように手続きをするべきかを知っていますか? 「税金が高かったらどうしよう」と不安に思う人もいるかもしれませんが「お墓」は受け継ぐにあたって税金がかからない特別...
☎お墓探しの相談をする