改葬許可証とは?改葬手続きとお墓移転の流れ

改葬許可証とは、改葬・お墓のお引越しの手続きの際に必要な許可証です。

ご遺骨を現在埋葬しているお墓から、新しいお墓に移転することは許可なしにはできません。移転元の自治体に「改葬許可申請書」を提出して「改葬許可証」を発行してもらう必要があります。

改葬の手続きとお墓移転の許可の流れを紹介します。

改葬許可証の申請に必要な書類

改葬許可申請に必要な書類についてご説明します。

各自治体のホームページから許可書データがダウンロードできる場合もありますが、申請書の名称や内容は自治体によって異なることがあるため記載する事項も変わってきます。該当するそれぞれの自治体に確認をする必要があるでしょう。

埋葬証明書

「埋蔵証明書」は、ご遺骨を埋葬しているお墓の管理者に、現在ご遺骨が埋葬されていることを証明するために発行してもらう書類です。

自治体によって異なりますが、「埋葬証明書」の発行には、300円~1,500円程の手数料が掛かかります。

受入証明書

「受入証明書」は、移転先のお墓の管理者から発行してもらいます。

基本的に「受入証明書」の発行には手数料はかかりません

改葬許可申請書

「埋葬証明書」「受入証明書」と共に「改葬許可申請書」を移転元のお墓の市区町村役場に提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

自治体によって異なりますが、「改葬許可申請書」提出の手数料は1,000円ぐらい掛かる場合もありますが無料のケースもあります。

改葬とは - お墓の引越し手順、費用と急増している理由を徹底解説
「改葬」とは、すでに埋葬されている遺体や遺骨を、所定の手続きを踏んで永代供養墓、外墓、納骨壇など別の形態のお墓に移動させることで、いわばお墓の引越しのことをいいます。近い言葉に「墓じまい」がありますが、お墓を撤去して更地に戻すことを墓じまい、現在とは異なるお墓に遺骨を移動させることを改葬と呼びます。 改葬許可証の発行に改葬許可申請書などの書類や手続きが必要なほか、元のお墓で行う供養・抜魂式(魂抜き)、移転先で行う納骨式や開眼供養など、改葬にはいくつかの手順があります。また、土葬から改葬する際には火葬が必要となります。 そこで今回は、改葬の詳しい流れやマナー、改葬が近年急増している理由、改葬にかかる費用などについてご紹介します。

改葬許可申請書の内容

「改葬許可申請書」の内容は各自治体で異なる場合が多いです。「改葬許可申請書」を取り寄せて様式を確認するほか、最近では、自治体のホームページからデータを取得できるケースもありますので該当する市区町村のサイトを確認してみましょう。

改葬許可証の提示

移転元

移転元のお墓の管理者に、役所から発行してもらった「改葬許可証」を提示します。これで、ご遺骨を取り出し移動させることができるようになります。

お墓からご遺骨を取り出す際には、お墓から仏様の魂を抜く「閉眼法要(魂抜き)」を住職に執り行ってもらいます。

移転先

移転元のお墓の管理者に発行してもらった「改葬許可証」を提示することで、ご遺骨を移転先のお墓に埋葬することができます。

お墓にご遺骨を埋葬する際には、お墓に仏様の魂を入れ込む「開眼法要(魂入れ)」を住職に執り行ってもらいます。

お墓の移転にかかる費用は幾らくらいですか?【Q&A】

改装許可証の有効期限

「改葬許可証」の有効期限についてですが、「改葬許可証」自体に有効期限はありません。書類が手元にある場合は、いつでも申請手続きができます。

ただし、「改葬許可証」に記載された移転先のお墓の使用規則に使用契約などの期限が設けられている場合がありますので、移転先の情報を確認する必要があるでしょう。

お墓の引越しトラブル事例
お墓の引越し(=改葬)の際に起こることがあるトラブルの事例をご紹介します。事前にどのようなトラブルが起こり得るのかを把握しておくことで、実際に問題が発生しないよう心掛けていただければと思います。

土葬を改葬するにはどうしたらいいの

土葬でも改葬は可能ですが、火葬することが前提となってきます。その時は、「改葬許可証」と共に「火葬許可書」を自治体から発行してもらう必要があります。

ご遺骨を取り出す時に、埋葬されたご遺骨が何名様分あるかなどを知る方の立ち合いが必要となることもあります。

まとめ

申請に必要な書類

・埋葬証明書

・受入証明書

・改葬許可申請書

の3種類の書類を揃えて、各自治体の担当部署に申請しましょう。

改葬許可証を提示するタイミング

移転元に「改葬許可証」を提示し、ご遺骨を取り出し移動させます。

移転先に「改葬許可証」を提示し、ご遺骨を埋葬します。

改葬許可証の有効期限

「改葬許可証」に有効期限はありませんが、「改葬許可証」を取得した後、3ヶ月以内に移転元から移転先に改葬する方が多いようです。

お墓の引越し(改葬・移設)の流れ
お墓の引越しは「改葬」と呼ばれているのですが、そのような言葉があるくらい昨今では一般的なことになっています。その背景には、仕事の事情やライフスタイルの変化により、一つの場所に定住し続けるのが難しくなってきていることがあります。しかし「改葬」は、自分の都合だけで勝手にできるものではありません。移転元や移転先での承認を得る...
お墓の引越し・改葬にかかる費用の内訳
お墓を自宅近くに移したい、お墓の世話を引き継いだなどの理由で、お墓の引越しを検討する方が増えてきています。お墓の引越しは家の引越しとは違う手続きが必要ですし、お骨の扱いはどうなるのか、費用がどのくらいかかるのか、相場もよく分からないと、不安を抱えている方も多いかと思います。 お墓の引越しをする際には、現在のお墓がある移転元・引越し先である依頼先の両方に費用を払う必要があります。また、お墓のある自治体や管理者に、各種書類を発行してもらうための費用もかかってきます。こうした諸費用も含めた相場を前もって知っておくと、手続きを潤滑に進めることができるでしょう。
お墓とは - 墓地の種類、建立・管理・相続・改葬・墓じまいの流れと費用
お墓とは、故人の遺骨を埋葬する場所として広く知られていますが、昔から現在の形であったわけではありません。また、最近は墓地と暮石で構成される一般的な故人のお墓や先祖代々のお墓だけでなく、墓石のない新しいタイプのお墓も増えています。ここでは、お墓の歴史を辿り、お墓の基礎知識とともに新しいタイプのお墓やお墓参りの作法などについて紹介します。
4.95/5 (19)

☎お墓探しの相談をする