はじめてのお墓ガイド
霊園・墓地のことなら「いいお墓」

霊園・墓地・永代供養墓・樹木葬・納骨堂の種類から価格・費用、建墓のポイント、石材店の選び方のほか、お墓の引越し・改葬、墓じまいなど、お墓のことをはじめての方にもやさしく解説します。

永代供養墓

お墓のご案内

永代供養ができる公営霊園・墓地【都立霊園/横浜市営墓地/全国の市営墓地】

近年、公営霊園でも永代供養のお墓(永代供養墓、納骨堂、樹木葬)が増えています。 1993年に「横浜市営日野公園墓地」(横浜市港南区)に開設されたのを皮切りに、1998年には「都立小平霊園」(東京都東村山市)、2002年には「思い出の里市営...
お墓を買う

永代供養墓の選び方

永代供養墓の最も重要なポイントは、その名前の通り、管理と祭祀が約束されているところにあります。外観や納骨方法によって名付けられたものではないため、永代供養墓の形はさまざまです。ここでは、永代供養墓を上手に選ぶためのポイントをいくつかの観点からご紹介します。
お墓の基礎知識

永代供養墓・合祀墓・納骨堂/新しいスタイルのお墓

近代では跡継ぎがいない方や、「子どもや家族に迷惑をかけたくない」と思っている方、また家族の間でやむを得ない事情のため、お墓を継がせることができない方も少なくありません。そんな方々に需要があるのが「合祀墓」「合葬墓」とも呼ばれている「永代供養墓」です。合祀・合葬は、他の人の遺骨と一緒に埋葬することを意味します。永代供養墓は、寺院や霊園が建設しているお墓で、遺族に代わって管理や供養をしてくれます。跡継ぎがいなくなっても無縁仏にならない、また費用が比較的安く済む、など様々なメリットがあります。ここでは、そんな永代供養墓について、わかりやすく解説しています。
お墓に関する「よくある質問」

永代供養墓にはどのような種類があるのでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

永代供養墓と納骨堂の違いは?【Q&A】

お墓の基礎知識

霊園見学の方法とは?地域やアクセス面、見るべきポイントと注意点

霊園見学とは、実際にその霊園に足を運んで現地の状況などを確認することです。霊園見学をすることで、インターネットやチラシなどの資料からではわからない情報を知ることができます。しかし、ただ見学するだけでは意味がありません。見学をしてよい霊園かどうか判断するために、見学で確認しておくべきポイントがあります。たとえば、霊園見学では霊園内だけでなく、霊園がある地域やアクセス方法について確認しておくことが大切です。 そこで、今回は霊園見学の際に見ておくべきポイントや、見学の際に持参すると便利なもの、霊園の申し込み方法などについて詳しくご紹介します。霊園を比較する際にぜひご活用ください。
お墓の基礎知識

合祀墓の費用、メリット・デメリット – 合祀墓を詳しく解説

合祀墓とは、不特定多数の方の遺骨をひとつにまとめて納骨するお墓のことです。読み方は「ごうしぼ」と読み、供養や管理は寺院や霊園などがまとめて行ってくれます。 最近では、「お墓の承継者がいない」、「お墓のことで子どもに負担をかけたくない」、「お墓を建てる費用の工面ができない」などの理由から合祀墓を選択している方が増えているようです。 この記事では、合祀墓をご検討されている方に向けて、合祀墓にするメリットやデメリットをまとめています。また、さまざまある合祀墓の形態や、合祀墓で行われる永代供養とはどのようなものか、寺院や霊園の供養方法の違いなども、詳しくご紹介します。
お墓の基礎知識

永代供養とは – 普通のお墓より安い?選び方や種類、管理費用など

永代供養とは、お墓を管理する身内がいない場合や、さまざまな事情でご先祖様を供養し続けることが難しい場合に、寺院や霊園などが代わりにお墓を建立し、管理・供養し続けてくれるという納骨方法を指します。 少子高齢化によって後継者がいない、遠方に住んでいて家族でなかなかお墓参りに行けないなど、人々の生活スタイルが変わりつつある昨今、個人のお墓を持つ以外の手段として、安価な永代供養が選ばれることがあります。 ここでは永代供養の手続きや納骨先の選び方、永代供養墓の種類や特徴、費用相場などをご紹介します。
お墓の基礎知識

合葬・合祀とは – 合葬墓の種類、費用、メリット・デメリット

合葬は「がっそう」と読み、合葬(合祀)とは遺骨を骨壺から取り出し、他の人たちの遺骨と合わせて一緒に埋葬することをいいます。 そしてそこに建てられた共有の石塔のことを合葬墓と呼びます。いろいろな理由でお墓を建てることができない人や、お墓を閉じる墓じまいをする人なども利用します。 合葬墓や合祀墓は寺院が運営するほかに民営や公営もあり、その管理もさまざまです。合葬はお墓の管理を霊園側にお願いできるほか、個人でお墓を建てるより費用が安く済むなどメリットが多く、近年注目されています。 今回は合葬の種類や費用、メリットやデメリット、また、永代供養との違いなどについて詳しくご紹介いたします。お墓探しの参考にしてください。
お墓を買う

永代供養の費用 – お墓の費用を抑える方法は?種類別に相場を紹介

「永代供養(えいたいくよう)」とは、さまざまな事情でお墓参りが難しくなってしまった場合に、お寺や霊園が、親族に代わって故人を手厚く管理・供養してくれるというものです。 一般的には、墓所ごとに供養の回忌が定められており、一定期間が過ぎた遺骨は「合祀墓(ごうしぼ・ごうしばか)」に移されますが、個別タイプもあります。 費用は埋葬形式やお墓の種類によっても異なり、「2017年度 お墓の消費者全国実態調査」によれば、永代使用料や墓石代のほか、工事代金など諸々を合わせた平均額は92.1万円となっています。 一般墓に比べて安価で、管理に安心感があることから、納骨堂や樹木葬などと並んで、近年注目されている様式です。
お墓の基礎知識

永代供養墓ってどんな人が買っているの?購入者にきくメリット・デメリット

近年さまざまな事情から永代供養墓を選択する人が増えてきています。永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって供養や管理をしてくれるお墓のことで、継承者がいない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。永代供養墓には、永代使用料が個別のお墓よりも比較的安い等、様々なメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、遺骨を合祀・合葬するものから個別に保管するもの、また納骨する場所が地下だったり地上だったりと、種類がたくさんあります。自分が眠ることになるお墓ですので、少しでも満足のいくお墓にしたいものです。ここでは、永代供養墓についての解説と、実際に購入した人の意見などを元にした、選び方のポイントなどを解説します。
お墓の基礎知識

共同墓地とは – 使用料・管理費などの費用/永代供養も可能?

共同墓地とは、集落・村落など地域の共同体によって使用、管理・運営されている墓地のことを言います。集落墓地、部落墓地、村墓地、みなし墓地などと呼ばれることもあります。それぞれの地域での生活に根差した、ある意味で自然発生的な墓地とも言えそうです。また、天理教やキリスト教信者のための共同墓地なども存在します。 しかし近年では、共同で納骨するという意味で、合祀墓や合葬墓を共同墓地と呼ぶことも多くなりました。合祀墓や合葬墓としての共同墓地は管理者による永代供養が行われることが多く、承継者の負担が少なく済むというメリットがあります。 この記事では共同墓地の定義をはじめ、使用料・管理料などの費用、共同墓地を選ぶ際に気を付けたい点などをご説明します。
お墓の基礎知識

永代供養墓 – 種類と特徴/合葬と合祀の違い

「永代供養墓」という言葉を耳にしたり、広告などで目にした方もいらっしゃることでしょう。一般的なお墓との違いはどこにあるのでしょうか。お墓の新たな選択肢となった永代供養墓がどのような経緯で登場したのか、またそのメリット・デメリットなどについてみていきましょう。
お墓の消費者全国実態調査

【第9回】お墓の消費者全国実態調査(2018年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第8回】お墓の消費者全国実態調査(2017年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓コラム

【行ってきました】松戸庭苑・開眼法要【紅葉のきれいな庭園墓地】

11月25日、爽やかな秋空の下、千葉県松戸市にある、常信寺・松戸庭苑の開眼法要が開かれました。前日は11月にもかかわらず大雪が降りましたが、この日は良く晴れ、温かい日差しが差し込んでいました。 證誠院の大隅智弘住職により、祝詞が述べら...
お墓コラム

【日本初】ぎゅっ!と抱きしめたい!!お坊さんが考えた円柱墓”&”ってどんなお墓?

東京・江戸川区の證大寺が、2016年10月、日本で初となる円柱のお墓「&(安堵・あんど)」の販売を開始しました。 急激に進む少子高齢化によって、先祖代々から続くお墓を維持できない。これまでの戸籍に基づく家族や家庭といった考え方には収ま...
お墓コラム

失敗しないお墓選び – 永代供養墓・納骨堂の選びかた

継承者のいらないお墓として選ばれることの多い永代供養墓・納骨堂ですが、どういったお墓で納骨すれば良いのか分からない場合もあるでしょう。 故人の宗派が決まっている時は、それに応じたお寺や霊園・墓地を選択する必要がありますし、特に宗派にこ...
お墓コラム

最近人気の永代供養墓・納骨堂【継ぐ人がいない方向け】

先祖から代々同じ土地に住み続けていた時代には、檀家であるお寺と強く結びつくことでお墓の維持管理、先祖の供養をしてきました。 社会の情勢が変わり転居することが多くなったり、少子化により家を継ぐ人がいなくなるとお墓を守っていくことが難しく...
お墓コラム

【行ってきました】新しいお墓「月の森」。納骨堂もペットと眠れる樹木葬も、ぜんぶ永代供養のお墓でした

埼玉県の北葛飾郡に、公園のような永代供養墓「月の森」が誕生しました。 「自然に還る」をテーマに、樹木葬や納骨堂、合葬式墓地など、4つの永代供養墓があるほか、ペット用のお墓もあります。 2016年4月2日に開かれた、オープニングセ...
お墓の消費者全国実態調査

【第7回】お墓の消費者全国実態調査(2016年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓コラム

東京タワーで眠りたい~都心の永代供養墓

故人に対して、「本人らしさが感じられるようにしよう」という考えのもとにお葬式を行うことが多いかと思います。思い出の品を棺に納めたり、演奏する方に故人の好きだった曲をお願いしたり。お葬式だけでなく、故人が眠るお墓も同様です。お墓を建て...
お墓コラム

増える永代供養~変わる価値観と最近のお墓の傾向

最近、お墓を購入し、供養するということに関して、昔と比べ、大きく事情が変わってきているようです。 故人の遺骨を納め供養する際、お墓を建てますが、この後の選択肢として「檀家制度」か「永代供養」から選ぶことになります。 ...
お墓の消費者全国実態調査

【第6回】お墓の消費者全国実態調査(2015年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第5回】お墓の消費者全国実態調査(2014年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第4回】お墓の消費者全国実態調査(2012年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第3回】お墓の消費者全国実態調査(2012年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第2回】お墓の消費者全国実態調査(2011年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第1回】お墓の消費者全国実態調査(2011年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。