納骨

お墓のルール

本山納骨とは – 特徴と注意点/各宗派本山の納骨案内

本山納骨(ほんざんのうこつ)とは、各仏教宗派の本山(開祖の廟所=墓所があるところ)に遺骨の一部または全部を埋葬して供養するという葬送方法です。 浄土真宗での本山納骨が有名ですが、浄土真宗以外でも本山納骨は行われています。分骨して遺骨の一部を納めることが多いですが、すべての遺骨を納める全骨納骨を受け入れている本山もあります。 故人の宗旨・宗派が本山の宗派と異なる場合でも納骨できるところも多く、一度お墓に入った遺骨でも受け入れてもらえるため、最近ではお墓の改葬(引越し)先としても選ばれています。 この記事では、そんな本山納骨の特徴や、それぞれの宗旨・宗派における本山と墓地・納骨についてご紹介します。
宗教によるお墓の違い

創価学会のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

創価学会とは、日蓮大聖人の仏法を信じて尊ぶ宗教団体で、日蓮世界宗と呼ばれることもあります。 創価学会のお墓やお墓参りの特徴として、特別な方式を重んじるというよりも、従来の仏教の決まりごとにとらわれない柔軟なスタイルが垣間見えることが挙げられます。これは、時代に沿った様式で行うようにとの創価学会の教義から、現代社会の人々の暮らしに合った形に合わせたためです。 ここでは、創価学会のお墓の特徴や、お墓参りについて紹介します。
宗教によるお墓の違い

臨済宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

臨済宗とは、中国禅宗の五家七宗の一宗派で、鎌倉時代に明庵栄西が日本に広めました。曹洞宗、黄檗宗とともに、日本三大禅宗の一つに数えられます。 念仏を唱えることで救われるのではなく、坐禅をすることで悟りを得ることこそ、極楽浄土に繋がるという教えです。 この記事では、臨済宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。臨済宗のお墓を建てようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

曹洞宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

曹洞宗とはお釈迦様を本尊として仰ぐ禅宗の一派です。そのお墓の特徴や、お墓参りの際心がけたいマナーを知っておくことは大切です。お墓に刻まれる文字やお供えの花やお線香の本数には厳格な決まりごとがあるのでしょうか。お墓はご先祖様が眠る大切な場所ですから失礼のないようお参りしたいものです。 この記事では、曹洞宗のお墓の特徴や霊園の選び方、お墓参りの仕方などについてご紹介していきます。
宗教によるお墓の違い

日蓮宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

日蓮宗は鎌倉時代中期に日蓮聖人によって開かれた仏教宗派です。鎌倉仏教の一つに数えられ、日蓮法華宗あるいは法華宗とも呼ばれます。 日蓮宗では、法華経こそが唯一の釈迦の教えであるとし、「南無妙法蓮華経」を唱えることで救われると説いています。 この記事では、日蓮宗のお墓の特徴や、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。日蓮宗のお墓を建てようとお考え中の方は、ぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

浄土真宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

浄土真宗とは、浄土宗の開祖・法然の弟子である親鸞が教えを広めたものを、後に弟子が宗教として独立させた宗派です。またそのお墓には、独自の教えに基づく特徴やお参りの仕方があります。 この記事では、新しく浄土真宗のお墓を建てたいと考えている方のために、浄土真宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。浄土真宗のお墓を建てようとお考えの方はぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

浄土宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

ご先祖様を供養する大切なお墓。宗派によってもお墓のスタイルや墓石の文字には少しずつ違いがあり、自分の宗派のお墓を建てたい場合、どんなお墓を建てれば良いのか気になることと思います。 ここでは浄土宗のお墓の探し方、墓石に刻む文字や形などの特徴、納骨やお墓参りの仕方、それに伴う注意事項などをご説明します。
宗教によるお墓の違い

天台宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

天台宗とは、最澄によって開かれた比叡山延暦寺を総本山とする仏教の宗派で、法華経を中心にしながら千年以上の歴史を紡いできました。禅や戒、念仏、密教などの教えを包括する四宗兼学というスタイルをもち、さまざまな宗派のことを学べる総合宗派とされています。 今回は、そんな天台宗のお墓の特徴や、お墓の建て方、お墓参りの正しい順番など作法とマナーについて解説していきます。
宗教によるお墓の違い

真言宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

真言宗のお墓参りの特徴、お墓参りの仕方をご紹介しています。またお墓を建てる前に知っておきたい霊園、納骨堂の費用についても紹介しているので、お墓を建てようと考えている方、お墓参りの方法が知りたい方は、ぜひご一読ください。
宗教によるお墓の違い

キリスト教のお墓の特徴 – 仏教との違い/納骨やお墓参りの方法

キリスト教のお墓は日本で多い仏教式のお墓と異なる点があります。この記事では、建てる前に知っておきたいキリスト教のお墓の特徴やお墓参りの方法などについて詳しく紹介します。キリスト教の墓地やお墓を探している方は必見です。
お墓選びのQ&A

独身の叔母が代々のお墓に入ることに問題はないのでしょうか。【Q&A】

Q. 一生を一人で過ごした叔母が現在特別養護老人ホームに入っています。面倒を見る人が無く父が10年以上も面倒を見てきました。 最近、叔母が死んだらという話を父がします。叔母の入る墓が無いので、父が「うちの墓ができたら、うちの墓に入れてやる」と叔母本人にも親戚にも言っているのですが、代々の墓には繋がりの無い人が入ると……という話も聞いたことがあります。 まだ土地も無いのですが、もし父がお墓の土地を買った場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
お墓のルール

開眼供養・開眼法要とは – 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー

開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。
お墓のルール

分骨とは – 分骨の方法/必要な手続き

分骨とは、遺骨の一部を別の墓地に埋葬することをいいます。分骨を考えられる方々は、「お墓が遠方にあり、お墓参りがままならない」という理由や、「宗派の本山に遺骨を納めたい」などの理由から分骨を考えるようです。分骨をする際に手続きは必要になりますが、改葬のようにお墓や遺骨をすべて移すわけではないため、手続きは比較的簡単です。
ニュース

お墓と宗派 – 葬式や納骨での仏教各派の違いとは?

日本は仏教が主流ですが、仏教の中に宗派が数多くあり、宗派によって葬式やお墓の形が違います。特に近年は核家族化が進み、自分の宗派を知らない方も多くなってきているため、宗教と実生活の関係性が薄くなってきているかもしれません。しかし、宗派について知らないと、嫁ぎ先の納骨事情や他宗派の葬式に参列する場合など、葬儀に関わる際に困るかもしれません。トラブルを未然に防ぐためにも、宗派の違いや簡単なしきたりの違いについて知っておくことは大切なことです。 ここでは代表的な宗派の歴史と、各宗派の葬儀やお墓とそれらに関連した違いについて説明します。
お墓の整備・メンテナンス

遺骨の保管 – 自宅で保管する方法/手元供養とは?

遺骨をご自宅で保管する際、そもそも保管をしてよいのか、どのように保管をすればよいのか、遺骨を入れる箱はどんなものを使用すればよいのかなど疑問が出てくるかと思います。ここでは、自宅で遺骨を保管する方法や注意点について紹介しています。
お墓のルール

お墓の構造 – 部位の名称と装飾品の役割/石碑・カロート・外柵とは?

お墓は主に墓石(石碑)、遺骨を納める納骨所(カロート)、墓所を囲む外柵から成り立つ構造物です。この他にも、お供えをするための花立や香炉、供物台や塔婆立、燈篭、植木などの付属品や装飾品などがあります。お墓を構成する部位には、それぞれ意味や役割があります。基本的な部位である、石碑、カロート、外柵の意味や役割について詳しい方は少ないと思います。ここでは、お墓の構造にかかわる部位と花立、香炉、塔婆立などのお墓の装飾品や供養に使うものなどについて、その名称や意味・役割、宗教や宗派による違いなどを紹介します。
お墓のルール

納骨の時期や方法、費用、手順や準備するもの/参列者や遺族のマナー

納骨とは、火葬された遺骨を骨壺に収め、お墓や納骨堂に安置することを指します。納骨をする場合、どのような準備が必要なのか、かかる費用はどのくらいか、どのように納骨をするのがよいのか、あなたはご存知でしょうか? ここでは納骨をする時の予約や埋葬許可証などの手続き方法、お布施など納骨にかかる費用についてご紹介します。また納骨法要までの準備、実際の納骨式の進め方、費用の負担を抑える永代供養のほか、納骨法要に呼ぶ人、服装などのマナー、お香典・御供物料、持ち物についても解説します。納骨をスムーズに取り行うためにも、事前に知っておくとよいことをひとつずつお伝えします。
お墓のルール

納骨はいつまでに?お墓の準備や法要の手続きはどうするの?

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。 ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。
お墓のルール

お墓への納骨の時期はいつがいいの?日程と手配のポイント

納骨とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに納めることですが、ご遺骨をどのタイミングでお墓に納めればよいのかご存じですか?法律として納骨しなければいけないとは決められていませんが、遺骨をお墓に納めるのは、故人が亡くなってから四十九日を過ぎてからが一般的であると言われています。しかし、納骨は骨を納めるお墓を用意しておく必要があるだけに、納骨の時期を定めるのは難しく、個人の状況や心境によって最適な時期は変わってきます。特にお墓がまだない方は、これからお墓の場所を探す必要があるので時間がかかりますし、遠方にお墓がある方は手続きや手配のために休暇をとる必要があるかもしれません。また、納骨の時期を定めたら納骨式の準備もしなければなりません。このように納骨するまでにいくつもの手続きが必要になります。ここでは納骨の時期の定め方と、最初の法要でもある納骨式についてご紹介したいと思います。
ニュース

宇宙葬とは – 旅行?探検?それとも月面?好みに合わせて選べる宇宙葬

人工衛星の着陸回収、宇宙関連の日本人宇宙飛行士の期間、何かと宇宙の話題がある中で、宇宙葬も静かにブームを迎えています。しかし、一口に宇宙葬と言っても、バルーンに乗せて成層圏で散骨するものから、宇宙の果てまで探検するものまで、実はいろんな種類...
☎お墓探しの相談をする