浄土宗

お墓のルール

本山納骨とは – 特徴と注意点/各宗派本山の納骨案内

本山納骨(ほんざんのうこつ)とは、各仏教宗派の本山(開祖の廟所=墓所があるところ)に遺骨の一部または全部を埋葬して供養するという葬送方法です。 浄土真宗での本山納骨が有名ですが、浄土真宗以外でも本山納骨は行われています。分骨して遺骨の一部を納めることが多いですが、すべての遺骨を納める全骨納骨を受け入れている本山もあります。 故人の宗旨・宗派が本山の宗派と異なる場合でも納骨できるところも多く、一度お墓に入った遺骨でも受け入れてもらえるため、最近ではお墓の改葬(引越し)先としても選ばれています。 この記事では、そんな本山納骨の特徴や、それぞれの宗旨・宗派における本山と墓地・納骨についてご紹介します。
ニュース

門跡寺院とは – 主な門跡寺院と納骨・供養のご案内

門跡(もんぜき)寺院とは、皇室一門や公家の方が出家して住職を務める寺院のことをいい、古くより皇室と関わりのある格式高い寺院とされています。 「門跡」とは元来、「門葉門流」の意味で、開祖の正式な後継者のことを指す言葉でしたが、平安時代に宇多天皇が仁和寺で出家し、御室(おむろ)を造営して住み、それを「御室門跡」と称して以来、皇族や公家などが出家して寺主となる寺院を「門跡」と称するようになり、格式高い寺院を表す称号へと変化しました。 この記事では、主な門跡寺院をご紹介するとともに、門跡寺院での納骨や供養の情報を載せています。
ニュース

日本百観音とは – 西国・坂東・秩父の観音巡礼

日本百観音(にほんひゃくかんのん)とは、西国三十三所・坂東三十三所・秩父三十四所を合わせた100カ所の観音霊場のことをいいます。なお、百観音の結願寺(巡礼の最後の寺)は秩父の第三十四番「水潜寺」とされ、巡礼者はすべての札所を巡拝した後、善光寺(長野県長野市)と北向観音(長野県上田市)にお礼参りをすることが慣わしとされています。
宗教によるお墓の違い

浄土宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

ご先祖様を供養する大切なお墓。宗派によってもお墓のスタイルや墓石の文字には少しずつ違いがあり、自分の宗派のお墓を建てたい場合、どんなお墓を建てれば良いのか気になることと思います。 ここでは浄土宗のお墓の探し方、墓石に刻む文字や形などの特徴、納骨やお墓参りの仕方、それに伴う注意事項などをご説明します。
お寺情報

小石川「伝通院(傳通院)」- 徳川家ゆかりの歴史ある名刹

東京都文京区小石川にある「伝通院(傳通院、でんづういん)」は、徳川家康の生母・於大の方や徳川家ゆかりの方々が眠り、手厚い庇護を受けたという由緒ある寺院です。後楽園駅から徒歩圏内で、東京ドームも近い場所にありますが、都心とは思えないような落ち着いた空間となっています。 ここでは、伝通院の歴史や魅力のほか、伝通院にあるお墓についてもご紹介します。
お寺情報

回向院(墨田区両国)- 鼠小僧の墓地でも有名な慈悲深き無縁寺

墨田区両国にある回向院の歴史や境内にある名所など、知っていると役立つ情報をまとめました。 また、回向院やその別院の墓地情報などもお伝えしますので、回向院でお墓をお考えの方はぜひ参考にしてください。
お寺情報

光明寺 – 浄土宗の宗祖・法然上人が学び開いた歴史ある大本山

浄土宗の宗祖である法然上人の軌跡と、歴史を感じられる浄土宗大本山「光明寺」 ここでは浄土宗七大本山に数えられる2つの光明寺、鎌倉の「天照山蓮華院 光明寺」と京都の「紫雲山 くろ谷 金戒光明寺」について説明するとともに、西山浄土宗(せいざん...
お寺情報

増上寺とは – 東京・港区芝大門/開山の由来と歴史、徳川将軍家墓所

増上寺といえば「東京タワーが見える寺院」ということでも有名ですが、詳しい歴史背景や境内の様子などは知らない方が多いのではないでしょうか。この記事では、浄土宗大本山「増上寺」の歴史・見どころをご紹介するとともに、増上にある徳川将軍家の墓所や、その周辺寺院の墓地についてご案内します。
お寺情報

源覚寺(こんにゃくえんま)- 開山400年の古刹、えんま様の由来と歴史

東京都文京区小石川にある常光山源覚寺は「こんにゃくえんま」で有名なお寺です。ここでは源覚寺の珍しいえんま様の由来や歴史と、開山400年を経た現代の源覚寺の魅力を紹介します。
ニュース

お墓と宗派 – 葬式や納骨での仏教各派の違いとは?

日本は仏教が主流ですが、仏教の中に宗派が数多くあり、宗派によって葬式やお墓の形が違います。特に近年は核家族化が進み、自分の宗派を知らない方も多くなってきているため、宗教と実生活の関係性が薄くなってきているかもしれません。しかし、宗派について知らないと、嫁ぎ先の納骨事情や他宗派の葬式に参列する場合など、葬儀に関わる際に困るかもしれません。トラブルを未然に防ぐためにも、宗派の違いや簡単なしきたりの違いについて知っておくことは大切なことです。 ここでは代表的な宗派の歴史と、各宗派の葬儀やお墓とそれらに関連した違いについて説明します。
お墓の種類

寺院墓地とは – 費用とメリット・デメリット

「寺院墓地(じいんぼち)」とは、各宗派のお寺によって管理・運営されている墓地のことです。お寺との繋がりが強いことから、檀家になれば手厚い供養や節目ごとの法要を安心して任せられるのがその他の霊園との違いですが、気になるのは管理費や、そういった費用に関するトラブルです。 お墓を経営主体ごとに分けると、都道府県や自治体による「公営墓地」と、宗教法人あるいは公益法人による「民営霊園」、宗教法人である寺がその敷地内で運営する「寺院墓地」があります。ここでは、そのうち寺院墓地で永代供養をするための費用や管理費の相場、利用するメリット・デメリットについて解説しています。
☎お墓探しの相談をする