墓石

お墓の消費者全国実態調査

【第10回】お墓の消費者全国実態調査(2018年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の基礎知識

キリスト教のお墓の特徴 – 仏教との違い/納骨やお墓参りの方法

キリスト教のお墓は日本で多い仏教式のお墓と異なる点があります。この記事では、建てる前に知っておきたいキリスト教のお墓の特徴やお墓参りの方法などについて詳しく紹介します。キリスト教の墓地やお墓を探している方は必見です。
お墓の基礎知識

墓相学とは?その意味と気になるお墓の吉凶

墓相は占いの一種でさまざまな見方があり、墓石の建立の際などの参考にされています。 そこで今回は、墓地の向きや形、色、大きさなどの観点から吉凶が分かる墓相についてご紹介しています。お墓の建立や改葬を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
お墓に関する「よくある質問」

お墓の型ってどうやって決めればよいの?【Q&A】

Q. 墓石には和型や洋型だったり、最近ではそれ以外のデザインもあるようですが、そういったお墓の型はどうやって決めればよいのでしょうか。霊園やお寺の宗派などによって決まりがあったりするのでしょうか。
お墓の基礎知識

お墓の象嵌加工

象嵌(ぞうがん)とは、ある素材に別の素材を嵌(は)めこんで絵や模様を描く工芸技法のことです。「象」は「かたどる」という意味で、動物のゾウは関係ありません。材質や組み合わせ方によってさまざまな種類があり、世界中に広く見られる装飾技法です。金属ないし木材に別の金属をはめ込んだ装飾品が一般的ですが、近年ではお墓に象嵌加工を施す事例が増えています。そこで、象嵌技術の基礎知識と、墓石への応用について解説します。
お墓の基礎知識

五輪塔とは – 構造、歴史と成り立ち、お墓としての意義

現在、さまざまな形のお墓がありますが、その中でも昔から親しまれているお墓が「五輪塔(ごりんとう)」です。最古の五輪塔は900年近く前のものが確認されており、今も供養塔やお墓として利用されています。形は特徴的なものの、納骨方法は一般的なお墓と変わりません。 五輪塔はインドから伝わった五大という概念が元になっているため、宗派によっては梵字が刻まれています。 五輪塔と似たものとして、同じ供養塔である「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」があります。宝篋印塔は100年以上前に亡くなったご先祖様を奉るものですが、五輪塔は50年以上前に亡くなったご先祖様を奉る場合に使用するという違いがあります。 ここでは五輪塔の構造や歴史、お墓としての意義を解説していきます。
お墓の基礎知識

墓石とは – 費用、石材の種類・形状、墓石の加工

お墓の顔でもある墓石は、形状によって3つのタイプに分けられ、使用される石材の種類や加工の方法もさまざまです。加工や飾りによってお墓の雰囲気が大きく変わるため、デザイン墓を選ぶなどオリジナリティのある外観にこだわる方も少なくありません。墓石のことを知って、納得できる墓石を作りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 また、お墓は墓石代のほかに永代使用料や墓地の管理料など、さまざまな費用がかかります。 そこで墓石にかかる費用や購入の流れ、お手続き、墓石に使用する石材の種類やデザインなど、墓石についての情報を幅広くお伝えします。
お墓を買う

お墓の展示会を上手に活用!理想のお墓を手に入れよう

お墓(墓石)の展示会は、石材店などが定期的に開催しています。数多くの出展社の中から興味をもったブースへ足を運び、普段話す機会の少ない専門家に、デザインや種類について無料で相談することができます。墓石についての悩みを解決できたり、実際に墓石を見て家族で話し合ったりする機会にもなるでしょう。具体的に場所や予算が決まっていれば、それに合わせた紹介をしてもらえることもあります。格安のお墓から高品質な石材を扱っている石屋などまで種類が豊富で、自分たちの希望に合わせた墓石を、納得したうえで購入することができるでしょう。この記事では、これから墓石を購入しようと考えている方に向けて、展示会でのお墓の選び方について紹介します。
お墓を買った後

墓石の劣化の年数や原因など

墓石の劣化とは、年数が経つにつれ墓石の艶が無くなったり、風合いが変わってしまったりすることです。経年劣化には独特の魅力もあるため、無理に綺麗にする必要はありません。しかし、日常の汚れが溜まり見た目が損なわれてしまう劣化もあります。これはこまめに掃除することで美しさを保つことができます。この記事では、お墓の耐用年数や劣化の原因、劣化を遅らせる掃除方法などをご紹介します。
お墓の基礎知識

墓誌の意味とは – 戒名彫刻、その費用(墓誌の価格、名入れ、追加彫刻)

墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石碑のことです。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人のお名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。お墓を建てる際に、墓地のスペースによっては墓誌を建てることが難しい場合もあります。そこで、墓誌を建てるかどうかを検討されている方向けに、墓誌を建てる意味や役割、費用などについて紹介します。
お墓の基礎知識

お墓の価格相場一覧 – 墓石、永代使用料、諸費用、墓地タイプ別にかかる費用目安

この記事では、実際にお墓を購入したお客様のアンケートをもとに、地域別の墓石・永代使用料の平均価格、区画の平均面積をご紹介します。お墓の彫刻代、改葬費用、開眼法要のお布施などの諸費用の相場、納骨堂や樹木葬など新しいタイプのお墓の相場についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 購入したお墓の平均価格(永代使用料+墓石価格)、全国 :196.37万円、東日本:203.50万円、西日本:174.35万円、■東京都:256.71万円、■神奈川県:212.68万円、■千葉県:177.60万円、■埼玉県:191.70万円、■愛知県:146.06万円、■大阪府:172.85万円、■京都府:218.26万円、■兵庫県:181.26万円、■広島県:115.69万円、■福岡県:194.44万円
お墓を買う

霊園・墓地さがし6つのポイント – お墓の購入前に知っておきたいこと

普段はあまり考える機会のないお墓の選び方ですが、お墓はある程度まとまった金額が必要になる高価な買い物であり、建ててしまったら簡単にやり直しや移転ができるものではありません。故人の宗教・宗派はもとより、場所探しや石材店選びもお墓選びの重要なポイントです。石材の価格や工事費のほか、手厚い供養のためには欠かすことのできない管理費用などの経済的な制約もあります。これからお墓を新設するというときには、よく考えて後悔のないようにしたいものですが、実際にはさまざまな失敗談も散見されます。ここでは、そんなお墓の選び方で失敗しないための基本的なポイントを、6つの項目にまとめてご紹介します。
お墓を買う

お墓探しの流れは?購入前に覚えておきたいポイント

お墓を建立することになったとき、「どこに気をつけたらいいの?」と迷う方は多いと思います。お墓参りしやすい立地、交通アクセス、建立の費用など、重視したいポイントは家庭によって異なります。お墓の建立は頻繁に行うものではなく、また子孫へ何代も受け継いでいく大切な遺産でもあります。そのため、親族も含めて事前にしっかり話し合うことが求められます。地域による慣習の違いもあるため、その点も考慮しながら手続きを進める必要もあります。ここでは、どのような手順でお墓を建立していったらいいのか、一般的な契約手続きの流れについて順を追ってご紹介します。
お墓コラム

お墓の工事(施工)

お墓の形状や現場(地盤など)の状況によって異なりますが、工事には通常2~5日程度を要します。 工事日程は事前に確認しておかなければなりませんが、施工の途中経過を見学されると、表面ではわからない基礎部分やお墓のつくり、その過程がよくわかって安心ですし、自ず愛着も湧いてきます。 お任せする石材店には、完成写真だけでなく、お墓の施工途中の写真もお願いしてみてはいかがでしょうか。
お墓の基礎知識

墓石の種類 – お墓に最適な石種3条件とは?

墓石に使われる石材には様々な種類があります。石材は取れる産地によって色や材質、耐久性が様々で、その風土に合った石材が墓石として使われています。墓石に使う石材は、大まかな分類として「花崗岩」「閃緑岩」「斑レイ岩」「安山岩」の4種が挙げられ、産地や成分などにより300以上の種類があります。
お墓を買う

お墓を買うとき、墓石を建てるときのチェックポイント

霊園・墓地探しだけでなく、墓石を選ぶときにも留意したい点があります。墓石のよしあしは素人には判断がつきにくいため、信頼できる石材店選びが重要になります。また、墓石は嗜好性が強いものですので、実際にサンプルを手にとって直感で選んでみるのも1つの方法です。ここでは、【霊園・墓地選び】のポイントと、【墓石選び】のポイントを分けてご紹介します。
お墓コラム

お墓の建替・修繕(リフォーム)

なるべく早めに修繕に取り掛かったり、建替えを行うことによって、これからも受け継いでいくお墓を末永く守っていくことができます。地震に対応する、免震施工や耐震施工、お墓の特殊洗浄やコーティングなどのご紹介もいたします。
お墓の基礎知識

インドの墓石 – インド産墓石材の種類と特徴

インドの石材は硬く色艶がよいのが特徴ですが、安定性に欠けるため、量的にはインドからの輸入は減少傾向にあります。インド産石材は中国産石材と異なり、使用される石種がある程度限定されているのが特徴です。
お墓の基礎知識

日本の墓石 – 国産墓石材の種類と特徴

山地と島部で構成されている日本列島は、石材が産出されない地域はなく、北海道から沖縄まで様々な石材が産出されます。国産の岩石は十数種、200種類以上の銘柄がありますが、近年では価格の安い中国産などの外国産石材に市場を奪われ、100銘柄以下になり、ほとんどの銘柄の採石量が減少しています。一方国産の銘柄でもブランドイメージの確立している石材は、高級墓石材として安定した需要を誇っているものもあります。
お墓の基礎知識

海外の墓石 – 外国産墓石材の種類と特徴

外国産の墓石用石材は、中国やインドだけでなく、ヨーロッパやアメリカ、韓国など世界中から輸入されていますが、近年は世界各国の原石が中国に輸出され、中国で製品化されてから日本に輸入される傾向が強くなっています。 ここでは、海外の墓石について、それぞれ主な輸入先とその国の墓石材の特徴を紹介します。
お墓の基礎知識

墓石・お墓のデザイン

墓石の原形はお釈迦様(ブッダ)がご入滅された後、埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)であると言われています。江戸時代に角柱墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流でした。今日一般的となっている和型の角柱墓石のデザインは、板碑、もしくは位牌をルーツとすると考えられています。
お墓に関する「よくある質問」

お墓の耐震施工とはどういうものなのでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の量は、才(さい)で決まるといわれました。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

巻石ってなんでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の石種についての基本的な知識について教えてください。【Q&A】

お墓コラム

お墓の構成(経机、墓誌、石塔など)

お墓は、お墓の中心となる石塔と、遺骨を納めるカロート(納骨室)、墓地区画を囲む外柵の3つを基本として構成されています。その他、付属品として、花立て、水鉢、香炉、拝石、塔婆立て、灯篭、墓誌などお墓には様々な墓飾品が設置されます。墓地のスペースや予算に応じて必要なものを設置しましょう。
お墓コラム

墓石加工(香箱・トキン・亀腹・水垂・すりん・蓮華座など)

石材は国内外の採石場から採石され、加工工場で石碑用、外柵用などの用途別に切断されます。切断された後はダイヤモンドの砥石で丹念に磨かれます。その後、熟練した職人により、手加工によって依頼された形状に仕上げます。
お墓の基礎知識

中国の墓石 – 中国産墓石材の種類と特徴

石材が本格的に輸入され始めたのは約40年前。約20年前には中国・福建省で初めて日本の業者との合弁工場が設立し、墓石の加工が始められました。 その後、現在に至るまで、中国産墓石は原石においても製品においても、国内産とは大きな価格差を有し、品質面でも急速に改善されつつあるため、現在では墓石や外柵などの製品は圧倒的に中国産が多くなっています。
お墓に関する「よくある質問」

墓石の良し悪しの見分け方を教えてください。【Q&A】

Q.墓石を選ぶ際、何を基準にして選べばよいのかわかりません。墓石を見るポイントを教えてください。
お墓に関する「よくある質問」

お墓の手入れの仕方を教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の形や色について注意する事がありますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石はクーリングオフできますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石には、どんな石を使用したらよいでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お墓の基本的な構成を教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お墓の形にはどんな種類があるのでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お墓に彫刻する文字について教えてください。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の磨き直し、追加彫刻の費用【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の文字の塗り直しを自分でやりたい【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石の形について・・・【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石には「家紋」を入れなくてはいけないのでしょうか?【Q&A】

お墓の基礎知識

灯篭の設置と処分 – 解体・撤去費用や処分時の注意点

灯篭とは、神仏などに尊い火を捧げる設備だったものですが、いまでは美術的な観点で庭園などに設置するようになっており、一対、または右側に一基設置することが一般的です。以前はお墓に電灯が少なかったため、灯篭は供養の目的だけでなく迷わないための目印としての役割も果たしていたようです。今ではそのような意味合いは薄れていますが、デザイン面でお墓の景観を良くすることができます。
お墓の基礎知識

墓石の彫刻・文字 – 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介

墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。ではこの戒名を授かったら、いつ墓石に彫刻すればよいのでしょうか。今回はそんな疑問にお答えするために、戒名を彫刻する時期や方法、その価格についてまとめてみました。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
お墓の基礎知識

お墓の構造 – 部位の名称と装飾品の役割/石碑・カロート・外柵とは?

お墓は主に墓石(石碑)、遺骨を納める納骨所(カロート)、墓所を囲む外柵から成り立つ構造物です。この他にも、お供えをするための花立や香炉、供物台や塔婆立、燈篭、植木などの付属品や装飾品などがあります。お墓を構成する部位には、それぞれ意味や役割があります。基本的な部位である、石碑、カロート、外柵の意味や役割について詳しい方は少ないと思います。ここでは、お墓の構造にかかわる部位と花立、香炉、塔婆立などのお墓の装飾品や供養に使うものなどについて、その名称や意味・役割、宗教や宗派による違いなどを紹介します。
お墓の基礎知識

墓石の産地、石材の種類 – 国産と外国産の違い

墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。
お墓の基礎知識

花彫刻やオーダーメイドも人気、和洋の墓石デザイン

これまで日本で「墓石」と言えば、伝統的な和型のものが多く見られてきました。しかし最近では、さまざまな種類の墓石が使われるようになってきています。故人の想いをこめて、オーダーメイドで設計され作られているケースも増えています。墓石に花彫刻を施したものや、故人をイメージして作られたものなど、その形は実に多様化しています。また、洋式の墓も、多くの霊園で選ばれるようになってきました。このように、墓の傾向が変化してきた背景には、どのような事情があるのでしょうか。 ここでは、和洋それぞれの墓石の特徴、近年における墓石の傾向などを、墓石の構成も併せてご紹介します。
お墓の消費者全国実態調査

【第9回】お墓の消費者全国実態調査(2017年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第8回】お墓の消費者全国実態調査(2016年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓の消費者全国実態調査

【第7回】お墓の消費者全国実態調査(2015年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満なども含め、たくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。
お墓コラム

【おしゃれなお墓】“キューブ型”墓石がグッドデザイン賞受賞

株式会社石長(本社:神奈川県鎌倉市、杉山洋一代表取締役)が手掛けた墓石「水庭(すいてい)」が、「2015年度グッドデザイン賞」を受賞しました。これまで墓石がこの賞を受賞した例は非常に少なく、11 年振り、2例目の快挙になります。 今回...
お墓の消費者全国実態調査

【第6回】お墓の消費者全国実態調査(2014年)霊園・墓地・墓石選びの最新動向

「いいお墓」では、当サイトを利用し、実際にお墓を購入された方々に対して定期的にアンケート調査を行っています。そこで霊園・墓地・墓石のみならず、石材店に対する率直な意見や不満などたくさんの声をいただき、それらの一部を集計したものを「お墓の消費者全国実態調査」として公開しています。