五輪塔

宗教によるお墓の違い

臨済宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

臨済宗とは、中国禅宗の五家七宗の一宗派で、鎌倉時代に明庵栄西が日本に広めました。曹洞宗、黄檗宗とともに、日本三大禅宗の一つに数えられます。 念仏を唱えることで救われるのではなく、坐禅をすることで悟りを得ることこそ、極楽浄土に繋がるという教えです。 この記事では、臨済宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。臨済宗のお墓を建てようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

曹洞宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

曹洞宗とはお釈迦様を本尊として仰ぐ禅宗の一派です。そのお墓の特徴や、お墓参りの際心がけたいマナーを知っておくことは大切です。お墓に刻まれる文字やお供えの花やお線香の本数には厳格な決まりごとがあるのでしょうか。お墓はご先祖様が眠る大切な場所ですから失礼のないようお参りしたいものです。 この記事では、曹洞宗のお墓の特徴や霊園の選び方、お墓参りの仕方などについてご紹介していきます。
宗教によるお墓の違い

日蓮宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

日蓮宗は鎌倉時代中期に日蓮聖人によって開かれた仏教宗派です。鎌倉仏教の一つに数えられ、日蓮法華宗あるいは法華宗とも呼ばれます。 日蓮宗では、法華経こそが唯一の釈迦の教えであるとし、「南無妙法蓮華経」を唱えることで救われると説いています。 この記事では、日蓮宗のお墓の特徴や、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。日蓮宗のお墓を建てようとお考え中の方は、ぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

浄土真宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

浄土真宗とは、浄土宗の開祖・法然の弟子である親鸞が教えを広めたものを、後に弟子が宗教として独立させた宗派です。またそのお墓には、独自の教えに基づく特徴やお参りの仕方があります。 この記事では、新しく浄土真宗のお墓を建てたいと考えている方のために、浄土真宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹介します。浄土真宗のお墓を建てようとお考えの方はぜひ参考にしてください。
宗教によるお墓の違い

浄土宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

ご先祖様を供養する大切なお墓。宗派によってもお墓のスタイルや墓石の文字には少しずつ違いがあり、自分の宗派のお墓を建てたい場合、どんなお墓を建てれば良いのか気になることと思います。 ここでは浄土宗のお墓の探し方、墓石に刻む文字や形などの特徴、納骨やお墓参りの仕方、それに伴う注意事項などをご説明します。
宗教によるお墓の違い

天台宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

天台宗とは、最澄によって開かれた比叡山延暦寺を総本山とする仏教の宗派で、法華経を中心にしながら千年以上の歴史を紡いできました。禅や戒、念仏、密教などの教えを包括する四宗兼学というスタイルをもち、さまざまな宗派のことを学べる総合宗派とされています。 今回は、そんな天台宗のお墓の特徴や、お墓の建て方、お墓参りの正しい順番など作法とマナーについて解説していきます。
宗教によるお墓の違い

真言宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内

真言宗のお墓参りの特徴、お墓参りの仕方をご紹介しています。またお墓を建てる前に知っておきたい霊園、納骨堂の費用についても紹介しているので、お墓を建てようと考えている方、お墓参りの方法が知りたい方は、ぜひご一読ください。
ニュース

墓相学とは?その意味と気になるお墓の吉凶

墓相は占いの一種でさまざまな見方があり、墓石の建立の際などの参考にされています。 そこで今回は、墓地の向きや形、色、大きさなどの観点から吉凶が分かる墓相についてご紹介しています。お墓の建立や改葬を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
お墓の種類

五輪塔とは – 構造、歴史と成り立ち、お墓としての意義

現在、さまざまな形のお墓がありますが、その中でも昔から親しまれているお墓が「五輪塔(ごりんとう)」です。最古の五輪塔は900年近く前のものが確認されており、今も供養塔やお墓として利用されています。形は特徴的なものの、納骨方法は一般的なお墓と変わりません。 五輪塔はインドから伝わった五大という概念が元になっているため、宗派によっては梵字が刻まれています。 五輪塔と似たものとして、同じ供養塔である「宝篋印塔(ほうきょういんとう)」があります。宝篋印塔は100年以上前に亡くなったご先祖様を奉るものですが、五輪塔は50年以上前に亡くなったご先祖様を奉る場合に使用するという違いがあります。 ここでは五輪塔の構造や歴史、お墓としての意義を解説していきます。
お墓のルール

墓石とは – 費用、石材の種類・形状、墓石の加工

お墓の顔でもある墓石は、形状によって3つのタイプに分けられ、使用される石材の種類や加工の方法もさまざまです。加工や飾りによってお墓の雰囲気が大きく変わるため、デザイン墓を選ぶなどオリジナリティのある外観にこだわる方も少なくありません。墓石のことを知って、納得できる墓石を作りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 また、お墓は墓石代のほかに永代使用料や墓地の管理料など、さまざまな費用がかかります。 そこで墓石にかかる費用や購入の流れ、お手続き、墓石に使用する石材の種類やデザインなど、墓石についての情報を幅広くお伝えします。
お墓を探す

墓石・お墓のデザイン

墓石の原形はお釈迦様(ブッダ)がご入滅された後、埋葬された地に建てられた「ストゥーパ」(漢語:卒塔婆)であると言われています。江戸時代に角柱墓石が登場するまで、墓石は石造の供養塔であり、層塔のデザインを踏襲したものが主流でした。今日一般的となっている和型の角柱墓石のデザインは、板碑、もしくは位牌をルーツとすると考えられています。
お墓のルール

お墓の構造 – 部位の名称と装飾品の役割/石碑・カロート・外柵とは?

お墓は主に墓石(石碑)、遺骨を納める納骨所(カロート)、墓所を囲む外柵から成り立つ構造物です。この他にも、お供えをするための花立や香炉、供物台や塔婆立、燈篭、植木などの付属品や装飾品などがあります。お墓を構成する部位には、それぞれ意味や役割があります。基本的な部位である、石碑、カロート、外柵の意味や役割について詳しい方は少ないと思います。ここでは、お墓の構造にかかわる部位と花立、香炉、塔婆立などのお墓の装飾品や供養に使うものなどについて、その名称や意味・役割、宗教や宗派による違いなどを紹介します。
お墓のルール

梵字とは – お墓やお位牌に彫られる梵字の意味

梵字とは、古代インド語を表す文字のことで、梵語(サンスクリット語)を書き表す際に用いた文字です。日本には、仏教の経典を書くのに使われた悉曇文字(しったんもじ)として、仏教の伝播にともなって伝えられました。今回は、梵字とはどのような歴史をもつ文字で、どのような意味で使われているのかなどについてご紹介します。
電話で相談する