お墓の相続

お墓にまつわるトラブル

お墓の相続(承継・継承)

お墓の使用権取得者(名義人)が亡くなった際、「お墓を継ぐ」必要がありますが、これを「承継」と呼びます。お墓の承継は、家を継ぐ長男が継承することが半ば慣習化していましたが、一人娘が他家に嫁いでしまったケースや、子供のいない場合など、核家族化の進む現代の社会背景とともに、親族間で承継することが困難な事例が増えてきています。 ただ、親族に「承継者がいない」ということで、お墓がなくなってしまうということではありません。
お墓選びのQ&A

都立霊園の区画を他人に譲渡することはできますか?【Q&A】

お墓選びのQ&A

お墓を長男以外に継がせることはできますか?【Q&A】

お墓選びのQ&A

跡取りがいないため、お墓の面倒を見る人がいなくなってしまうのですが?【Q&A】

お墓選びのQ&A

お墓には税金はかかるのでしょうか?【Q&A】

お墓選びのQ&A

知人から墓地を譲り受けることは可能か【Q&A】

お墓選びのQ&A

市営墓地の継承について教えてください。【Q&A】

お墓の費用

お墓と税金の関係 – 相続税対策にもなるって本当?

相続税が発生する可能性が高いご家庭の場合、お墓を生前に建てておくことは相続税対策につながります。この記事では、なぜお墓の購入が節税対策になるのかや、購入する際のポイントなどを紹介しています。これからお墓の購入を検討されている方は、参考にしてみてください。
お墓選びのQ&A

お墓の相続の方法について知りたいのですが。【Q&A】

お墓にまつわるトラブル

お墓を継承するとき、どうすれば?

お墓の承継とは、お墓の名義を変更することです。新しい名義人を選ぶ際には「遺言書に従う」「話し合いをする」「家庭裁判所に調停を申し立てる」の方法があります。墓地や霊園によっても承継に関する規約等もありますので、不明な点は確認しましょう。墓地承継の流れについて、必要な書類などもご紹介しながらまとめます。
お墓の費用

お墓の永代使用料と使用権 – 承継方法や手数料など

お墓を建てる際には永代使用料を支払い、お墓を建てる土地を確保します。一般的に不動産の売買では土地そのものの所有権を買うことができますが、お墓においてはあくまで墓地の所有者からその土地の使用権を取得するという扱いになっています。また、お墓や仏壇などは、法律上「祭祀財産」と呼ばれ、使用者が亡くなった場合は民法の規則に従って承継されます。近年は核家族化などによってお墓を受け継ぐ人が減少しているため、墓地の使用権に関する親族間の揉め事も少なくありません。ここでは、お墓の使用権の承継方法や手数料など、使用権にまつわる基礎知識について解説します。
ニュース

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?【お墓と相続税】

埋葬方法の一つである樹木葬の大きなメリットとして挙げられるのが費用の安さです。 基本的に墓石を立てる際には数百万円もの費用がかかり、経済的な負担がかかりやすいです。 しかし、樹木葬なら墓石を購入する必要がありません。 また...
お墓にまつわるトラブル

相続税は不要!?お墓の相続と継承に関する費用

故人が亡くなった後で色々と手続きが面倒な相続。 「お墓」についてはどのように手続きをするべきかを知っていますか? 「税金が高かったらどうしよう」と不安に思う人もいるかもしれませんが「お墓」は受け継ぐにあたって税金がかからない特別...
電話で相談する