お墓のトラブル

お墓の基礎知識

離檀料の目安相場 – 離檀の方法とトラブル事例

離檀料とは、長年お世話になった寺院の檀家を離れる際、寺院側にお渡しするお布施のことです。 あくまで「お布施」ですから、そもそも寺院側には離檀料の支払いにおいて具体的な請求をする権限はありません。しかし万が一、離檀に際し法外な金額を寺院から要求され、関係がこじれてしまった場合には、檀家総代・寺院の宗派の本山・行政書士などの専門家に相談するという方法を考える必要があります。 そこで今回は、離檀料の意義から目安相場、離檀料を巡るトラブル事例について解説します。
お墓に関する「よくある質問」

独身の叔母が代々のお墓に入ることに問題はないのでしょうか。【Q&A】

Q. 一生を一人で過ごした叔母が現在特別養護老人ホームに入っています。面倒を見る人が無く父が10年以上も面倒を見てきました。 最近、叔母が死んだらという話を父がします。叔母の入る墓が無いので、父が「うちの墓ができたら、うちの墓に入れてやる」と叔母本人にも親戚にも言っているのですが、代々の墓には繋がりの無い人が入ると……という話も聞いたことがあります。 まだ土地も無いのですが、もし父がお墓の土地を買った場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
お墓を買った後

お墓の耐震・地震対策 – 工法別・耐震加工の長所と短所

もし地震でお墓が倒壊してしまうと、復旧には時間と費用がかかります。あらかじめ耐震加工で備えをしておけば、いざというときの不安も軽減することができます。この記事では、お墓の耐震について解説します。
お墓コラム

法律や規則・契約

お墓や埋葬は「墓埋法」によって規定されています。墓埋法は正式名称を「墓地、埋葬等に関する法律」といい、昭和23年に制定されたお墓や埋葬について細かく定められた法律です。 そして、この法律の施行細則を定める法令として、厚生労働省令の「墓地、埋葬に関する法律施行規則」があります。ここで、お墓の法律的な定義、お墓に埋葬する場合の手続き、お墓の管理に関する規則や罰則を定めています。
お墓を買う

お墓を買うとき、墓石を建てるときのチェックポイント

霊園・墓地探しだけでなく、墓石を選ぶときにも留意したい点があります。墓石のよしあしは素人には判断がつきにくいため、信頼できる石材店選びが重要になります。また、墓石は嗜好性が強いものですので、実際にサンプルを手にとって直感で選んでみるのも1つの方法です。ここでは、【霊園・墓地選び】のポイントと、【墓石選び】のポイントを分けてご紹介します。
お墓に関する「よくある質問」

法要や供養のやり方・進め方はだれが決めるべきなのでしょうか?【Q&A】

Q.法要や供養のやり方・進め方はだれが決めるべきなのでしょうか? 親戚の方からいろいろと口を出されて困っています。
お墓に関する「よくある質問」

敷きなおした玉砂利が頼んだものと違っていた。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

姓が違う者同士お墓に入る事はできますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お墓を北向きに建てると良くないと言われたのですが・・・。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

墓石はクーリングオフできますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

開眼法要を行う適当な時期はありますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

お墓を建てる時期に決まりはありますか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

生前にお墓を建てることに問題はないでしょうか?【Q&A】

Q.生前にお墓を建てようと思っています。 けれども、生前にお墓を建てると、すぐに人が亡くなるからやめた方がいいと言われました。 生前にお墓を建てることはよくないことなのでしょうか? 回答 生前にお墓を建てること(寿陵)は全く問題があ...
お墓に関する「よくある質問」

「指定石材店」ってなんですか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

開眼法要はいつ行えばよいのでしょうか?【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

建立してから1年もたたないのに、お墓が傾いてしまいました。【Q&A】

お墓に関する「よくある質問」

散骨って違法じゃないの?【Q&A】

お墓の基礎知識

遺骨の保管 – 自宅で保管する方法/手元供養とは?

遺骨をご自宅で保管する際、そもそも保管をしてよいのか、どのように保管をすればよいのか、遺骨を入れる箱はどんなものを使用すればよいのかなど疑問が出てくるかと思います。ここでは、自宅で遺骨を保管する方法や注意点について紹介しています。
お墓の基礎知識

増加する「無縁墓」- 撤去費用などで社会問題化/回避する方法は?

無縁墓とは、管理・承継する人がいなくなったお墓を意味します。たとえ縁故者がいたとしても管理費の滞納や支払いの拒否などによって無縁墓となるケースもあります。家族や供養のあり方の変化から無縁墓の数は年々増加し、撤去費用などが大きな社会問題となっています。近年では、将来無縁墓になってしまう事態を避けるため、または子孫の負担を軽減するために、お墓の整理を行う家族も増えてきました。いわゆる「墓じまい」や永代供養墓への改葬など、先祖供養の方法も多様化してきています。ここでは無縁墓の扱いに加えて、無縁化を避けるための選択肢と費用などについて解説していきます。
お墓コラム

お正月にお墓参りはしてもよい?年末年始のお墓参り/注意点などをご紹介

お墓参りのシーズンというと、夏のお盆や、春秋のお彼岸を思い浮かべる方は多いでしょう。そのほか、命日や誕生日など故人にゆかりのある日にお参りする方もいます。 そんな中、年末年始のお正月休みでお墓参りをするという方も意外と多くいるようです。 しかし逆に、お正月にお墓参りは非常識だという話もたまに耳にします。喪中年賀欠礼をしたり、喪中はがきを松の内(正月に門松を飾る期間)が過ぎてから出すという習慣があるため、お正月にお墓参りをしてもいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、年末年始やお正月にお墓参りをしてもいいのか、する場合の注意点はあるのか、について紹介したいと思います。