墓石の彫刻・文字 – 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介

墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。

 

ではこの戒名を授かったら、いつ墓石に彫刻すればよいのでしょうか。

今回はそんな疑問にお答えするために、戒名を彫刻する時期や方法、その価格についてまとめてみました。和型・洋型などお墓の種類によって刻む内容が異なる点や、お墓に刻む文字の書体などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

墓石の種類によって刻む内容は違う?

和型のお墓の場合

和型のお墓では代々墓と呼ばれる、家族の皆が入るお墓が一般的です。

そのため、「○○家之墓」や「○○家先祖代々之墓」など、家名を墓石の正面、中央に彫るのが一般的です。

他にも「南無妙法蓮華経」や「南無阿弥陀仏」など、宗派別の題目や梵字などを彫ることもあるようです。宗派別の題目の場所に決まりはありませんが、墓石の形状や見栄えを重視して決めるとよいでしょう。

洋型のお墓の場合

横に長い洋型の場合は、好きな文字、言葉などを自由に選んで刻むことが多く、故人に対して、または故人から遺族に対して伝えたい想いを「ありがとう」や「やすらかに」などのメッセージとして刻むこともあります。他にも「絆」や「心」といった1文字を彫ることもあります。

彫る場所は決まってはいませんが、こちらも墓石の形状に合わせて見栄えのよい場所に彫ることが多いようです。

和型や洋型に関わらず、先祖代々伝わる意匠として、その家を象徴する家紋やイラストなどを刻むこともあります。

墓石にはどんな文字が刻まれる?

墓石に刻まれる文字は、古くは経文や梵字だけでしたが、戦国時代になると武士階級が墓石に戒名や法名を刻むようになりました。
さらに江戸末期になるとそれが庶民にも一般化して、墓石に俗名や本名も刻まれるようになり、現代に至っています。

墓石(棹石)の「正面」に刻まれる文字

「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」「○○家」などの【家名】

「両家墓」では、2つの家名(A家/B家)を入れることもあります。

宗旨・宗派に沿った【題目】

在来仏教であれば「南無阿弥陀仏」や「南無妙法蓮華経」など、神道であれば「○○家奥津(都)城」など、キリスト教であれば十字架などが題目文字として刻まれます。

故人の個性や思いを表した【文字・詩・俳句】

「心」「想」「愛」「感謝」などの文字のほか、詩、俳句などが刻まれることもあります。

故人にゆかりのある【図柄・図案】

花柄や、故人にゆかりのあるイラストなどが刻まれる方もいます。

ただし、お墓に相応しくない文字の禁止等、霊園・墓地によっては彫刻に一定の決まりを設けている場合もあります。

墓石(棹石)の「側面や裏面」に刻まれる文字

戒名、法名、俗名(生前名)など

寿陵墓(生前に立てるお墓)で生前戒名を彫刻される場合は、彫刻部に朱を入れることがあります。

没年月日、享年

お墓に入られる故人の命日と、亡くなられた時の年齢が刻まれます。

建立年月日

お墓を建立された年月日が入ります。例)平成二十九年六月吉日

建立者名

お墓の施主名が入ります。「○○家兄弟一同」のような形や、連名で彫刻することもあります。

 

※墓誌がある場合は、棹石ではなく墓誌部に彫刻します。

お墓に刻む文字の書体に決まりはある?

お墓に刻む文字の書体には基本的に決まりはありません。

多く使われているのは「楷書体」「行書体」「草書体」「隷書体」などです。

特に楷書体は読みやすいため、墓石の彫刻に選ばれる傾向がありますが、実際に建っているお墓の彫刻や書体見本を参考に選ばれる方が多いようです。

その他にも、自筆や書家スタイル、英字などが彫られることがあります。家族構成やこだわりなどに合わせて使用する書体を選んでもよいでしょう。

戒名について

日本では人が亡くなると、故人に対して戒名が与えられるという風習があります。戒名ではなく、法名や法号と呼ぶ宗派もあります。

戒名は生前の名前(俗名)や経典から文字を取り、2文字でつけることが正式とされています。すべての戒名を2文字でつけることで、どのような身分の人でも平等であるということを表しています。

ただし、戒名の前には位がつくため、全体では6文字から11文字が墓石に彫られます。また、浄土真宗には位がないため、3文字で構成されます。また、故人や遺族の意向で、特定の信仰宗派などがない場合は俗名で送ることもあります。

葬儀の際に戒名を授かる場合がほとんどですが、本人が存命中に戒名を選ぶ生前戒名などもあるため、満足できる戒名を授かりたい場合は検討してもよいかもしれません。

戒名はお墓にいつ彫るの?

戒名は、お墓の最も上部にある竿石の側面、または裏面などに彫るのが一般的です。またお墓の横に墓誌を設置して刻む場合もあります。

彫る時期は地域や宗派、それぞれのお寺の考え方などで異なりますが、期限が設けられているわけではありません。一般的には四十九日など納骨の時に合わせて彫る場合が多いようです。

お寺によっては、戒名の刻まれていないお墓には納骨ことはできないということもあるようです。お墓が寺院にある場合などは、事前に確認しておくことをおすすめします。

なお、お墓に文字を刻む字彫りにかかる費用は、基本的には3万円から5万円ていどが相場です。

字彫りにかかる費用の相場

お墓に戒名などを彫刻する際の字彫りにかかる費用については、おおよそ3万円から5万円程度が相場です。棹石に彫る場合と墓碑に彫る場合など、状況に応じても変化しますので、事前に石材店に確認しましょう。また、墓石の正面に模様などを掘る場合には、10万円程度からが目安となります。

削り直しと追加彫刻

すでに彫刻された文字などを消して、再度文字彫刻を入れる場合は、墓石の表面の「削り直し&磨き」という工程が必要になります。その場合、墓石の再設置費用、削り直しの費用がかかります。

また、ご遺骨を埋葬した際に、故人の戒名(法名)を追加することもあります。現場に彫刻用の機械を持ち込んで作業できる状況であれば、比較的安価(1名追加で3~5万円前後)でできますが、石碑(棹石)や墓誌を一度取り外して彫刻する必要がある場合は、設置費用分も加算されるので注意が必要です。

まとめ

戒名と墓石への彫刻について紹介しました。お墓が和型か洋型かによって刻む文字の種類や場所などは変わります。また、オリジナルで独自の文字やイラストなどを刻むこともあるようです。刻んだ彫刻は長年残るものなので、故人を想う気持ちがしっかり伝わる内容を彫刻したいものです。

お墓の彫刻を検討されている方、彫刻の見積もりが欲しい方は、お気軽にご相談ください。

4.78/5 (9)

☎お墓探しの相談をする