お墓を買うとき、墓石を建てるときのチェックポイント

いいお墓

お墓を買うとき、建てるときに知っておきたいポイントをご紹介します。
霊園・墓地探しだけでなく、墓石を選ぶときにも留意したい点があります。墓石のよしあしは素人には判断がつきにくいため、信頼できる石材店選びが重要になります。また、墓石は嗜好性が強いものですので、実際にサンプルを手にとって直感で選んでみるのも1つの方法です。

 

ここでは、【霊園・墓地選び】のポイントと、【墓石選び】のポイントを分けてご紹介します。

墓地、霊園には次の3つのタイプがあります。

  • 公営:都道府県、市区町村などの自治体が管理・運営。
    実際の管理・運営は、社団・財団法人に任せている場合もあります。
  • 民営:宗教法人が運営主体ですが、委託を受け民間企業が 管理・運営しています。
  • 寺院:宗教法人が管理・運営しています。

使用規則【霊園・墓地選び】

公営、民営、寺院の形態を問わず、それぞれ使用規定が定められているので、購入する前に必ず目を通し内容を把握しておきましょう。主なチェックポイントを記します。

  • 使用者の資格
  • 永代使用料・管理料の支払い方法
  • 墓石の建立期限
  • 使用権取消の条件
  • 承継者の条件
  • 埋葬できる親族の範囲
  • など

立地・アクセス【霊園・墓地選び】

「お墓参りのしやすさ」はとても大事な要素です。

車の運転が困難になり、階段が苦になるなど、高齢になったときの使用勝手を考慮するのが賢明です。

  • 自宅からの距離
  • 公共交通機関(電車、バスなど)を使用した場合の所要時間
    (路線、乗り換え回数、時刻表の確認など)
  • 車でのルート所要時間(お彼岸、お盆時の渋滞状況も確認)
  • 徒歩ルートの状況(坂道の勾配、車の往来、商店などの有無)

価格・費用【霊園・墓地選び】

お墓の価格体系がどのようになっているのかは、意外に知られていません。どこまでが含まれているのか、建立後にどんな費用がかかるのかなど、しっかり把握しておきたいです。

  • 使用者の資格
  • 永代使用料・管理料の支払い方法
  • 墓石の建立期限
  • 使用権取消の条件
  • 承継者の条件
  • 埋葬できる親族の範囲
  • など

霊園の環境【霊園・墓地選び】

必ず現地に足を運び、確認しましょう。雨天などの悪天候の日やその翌日あたりにも訪れることをおすすめします。

  • 日当たりや風通し
  • 水はけ
  • 景色・景観
  • 騒音

施設・設備【霊園・墓地選び】

設備の有無によって、お墓参りのスタイルが変わることもあるので、あらかじめチェックしておけば何かと安心です。

  • バリアフリー
  • 法要・会食施設
  • 駐車場
  • 水汲み場や手桶
  • エレベーター

管理状況【霊園・墓地選び】

定期的に納める「管理費」は、霊園の維持・管理に使用されるものですから、しっかりとチェックしましょう。

  • 清掃状況
  • 墓参用具
  • 植え込みや芝の手入れ、樹木の剪定場
  • 霊園事務所や寺院の対応

石の種類【墓石選び】

「硬くて吸水性が低い」石ほど耐久性に優れています。

  • 硬さ
  • 吸水性
  • 班の模様の密度
  • 色調

墓石は代々受け継いでいくものなので、壊れやすかったり、水がしみ込み色が変化してしまうような石材を選ぶことは避けたいものですが、普段から石材に接している専門家でない限り、実際に墓石を見ても、その品質の良し悪しはなかなか判断できるものではありません。
そこで、墓石選びのプロである石材店の目利きが必要になるのですが、価格が安くても品質が悪ければ墓石選びは失敗といえますし、品質が良くてもあまりに高価だと、それも満足いく結果とはいえません。そのため、どの石材店にお願いするかは墓石選びやお墓の購入では非常に重要なポイントとなります。

よくある墓石のトラブル

  • 建立場所の不備

    お墓は屋外に建てられるものです。そのため建てる墓所ではさまざまなことを想像しておく必要があります。ここでいう墓所(墓所環境)とは広さや土壌だけではなく、周囲の植物の生え方や落ち葉の影響、雨の日の水の溜まり方・流れ方なども含まれます。例えば、大きな樹木の近くなどで建墓すると、近くの幹の根の成長にともないお墓の地盤が傾いてしまい、お墓自体も傾いてしまうことがあるので、そういった将来根がどのように広がるか分からない樹木の近くでの建墓はできる限り避けるなど、場所選びにはポイントがあります。

  • 基礎工事の不備

    お墓は石でできているのでかなりの重さになります。これを普通に土の上に置くと当然重さで少しずつ沈んでいき、いずれバランスを崩し倒れてしまいます。そのため、お墓を建立する際には墓所環境に応じた深さで土を掘り、コンクリートで基礎を打ってからお墓を建てます。この基礎工事が十分でないと、お墓が傾いてしまいます。

  • 墓石の錆

    お墓に使われる石の多くは大なり小なり鉄分を含んでいます。そして石の表面には細孔と呼ばれる小さな穴が開いています。この小さな穴から水分が入り込み中の鉄分を錆びさせ、それが表面に浮いてくるとお墓の表面が錆びることになります。

  • 墓石のシミ

    濡れた石の色が変わるのを誰もが見たことがあると思いますが、お墓も水を吸います。これを数値化したものが吸水率です。吸水率の高い石は多くの水分を吸収します。お墓が吸収する水分には汚れなども含まれるため、色落ちやツヤ落ちの原因となります。そのため、水はけの悪い場所にお墓を建てる場合には十分注意する必要があります。

墓石の形・デザイン・彫刻【墓石選び】

大きく分けて3つのタイプに分かれます。

  • 和型墓石:2~3段の石の上に、細長い「棹石」と呼ばれる石が乗ったタイプ。
  • 洋型墓石:和型の「棹石」を横にしたタイプ。和型に比べて墓石費や工事費が抑えるケースも多いようです。
  • デザイン墓石:故人の趣味嗜好や職業などを反映したデザインのお墓。大きさやデザインに規制を設けている霊園もあります。

墓石のタイプを決めたら、墓石に刻む文字や家紋、模様などを選定していきます。

4.67/5 (12)

☎お墓探しの相談をする