墓誌の意味とは – 戒名彫刻、その費用(墓誌の価格、名入れ、追加彫刻)

墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石碑のことです。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人のお名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。お墓を建てる際に、墓地のスペースによっては墓誌を建てることが難しい場合もあります。そこで、墓誌を建てるかどうかを検討されている方向けに、墓誌を建てる意味や役割、費用などについて紹介します。

お墓参りの際に、墓所の中に墓石とは別に墓誌が建てられているのを見たことがある方も多いと思います。

墓誌には、宗旨や宗派、その地域の習わしなど「墓標」「霊標」「戒名板」「法名碑」とさまざまな呼び方があります。墓誌には、そのお墓に埋葬されている方のお名前(俗名)、戒名、没年月日などを彫刻するのが一般的で、中には略歴などが刻まれている場合もあります。また、無宗派の故人のお墓では、戒名などを刻まずに名前と没年月日のみを刻みます。合祀墓や複数の故人が祀られている場合は、亡くなられた順番に彫刻されます。

従来は俗名と戒名、没年月日は墓石に刻まれていました。墓石に戒名を追加で刻むということは、故人がお墓に新しく入るということです。そのため、お寺の住職に「性根入れ(魂入れ)」を執り行ってもらう必要があります。しかし、墓誌は参拝の対象ではないので、墓誌に戒名を追加で刻む場合には「性根入り」の儀式は必要ありません。

墓誌の歴史

古くは、日本では一代限りのお墓が多く、墓石に故人の戒名などを刻むだけでした。しかし、明治時代以降、家族を同じお墓に埋葬することが多くなり、新たに文字を刻むスペースが少なくなっていきました。また、隣接するお墓と近い位置にあるお墓に、新たに文字を刻むことが難しい場合もあります。そこで、本来は戒名を墓石ではなく、墓誌に刻んでもよいというお寺が増えてきたという経緯があります。
現代では、墓誌が建っていることでお墓が立派に見えるという理由で墓誌を建てる方や、墓誌に戒名を追加で刻む際に「性根入り」が必要ないため、費用を抑える目的で墓誌を建てる方もいます。このようにさまざまな理由で、20~30年前から墓誌がお墓の横に建てられるようになりました。

墓誌の役割

墓誌には「そのお墓に誰が埋葬されているかを記す」という役割があります。墓石に、埋葬されているすべての人の戒名などを彫刻することができれば、墓誌は必要ありません。しかし、墓石に戒名を彫刻する余裕がない場合や、隣の墓との距離が近すぎて彫刻しても読めない場合には墓誌を建てたほうがよいでしょう。

墓誌を建てる位置に決まりはありませんが、一般的に墓石の左右どちらかかに建てることが多いようです。また、墓誌に戒名や俗名、没年月日を彫刻することで、後の世代の人たちが家族の歴史を知り、先祖の霊を偲ぶことができます。

墓誌には、お寺や仏壇に置かれている過去帳と同じ内容が書かれているため、過去帳を見ればよいという遺族もいると思います。
特に核家族が進み、家族で集まる機会が昔に比べて激減した現代では、お盆や正月のお墓参りは家族が集まる数少ない機会と言えます。その中で、ご先祖様がどのように生き、どのように亡くなっていったのかを知ることで、家族の歴史や思い出を語り継ぐことができます。このような積み重ねによって、子どもや孫へと先祖代々のお墓を引き継いでいくことができます。

墓誌の費用

墓誌を建てるためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

墓誌を単体で建てる場合は、5万~20万円前後とその費用にも幅があります。新しくお墓を建てる際に、墓石とセットで購入した場合は、単体で建てるよりも安くなる傾向があります。
墓誌の価格は、石材や墓誌の大きさ、デザイン、刻む内容によって異なります。この中でも石材は価格に反映されやすく、一般的によく使われる御影石など国産の石材の方が輸入した石材よりも価格が高くなる傾向にあります。しかし、インドの黒御影石のように国産よりも高価な石もあるため一概には言えません。他にも金属版で墓誌を制作する方もいます。
新たに亡くなった方の戒名などを追加彫刻する際には、1人あたり3万~5万円の費用が必要です。現場で彫刻ができるか、石材店に持ち込んで彫刻してもらうかによって価格が変わります。出張費用や運搬費用などが加算されることがあるので、依頼する前に確認しておきましょう。
また、追加彫刻を依頼する際には、納骨までに名入れを終えられるように、日程を打ち合わせておくとよいでしょう。

まとめ

墓誌について紹介しました。墓誌には、先祖からのつながりや家族の歴史を次の世代へと伝える役割がありますが、必ず建てなければならないわけではありません。しかし、墓石に戒名を刻むスペースがなかったり、隣接するお墓との距離が近い場合には墓誌を建ててもよいでしょう。墓誌についてもっと詳しく知りたいという方、見積りが欲しいという方は、お気軽にお問い合わせください。

 

墓石の彫刻・文字 – 戒名彫刻の時期や方法、価格をご紹介
墓石には、故人の名前や宗派などを彫刻します。墓石に彫刻を施すことは、残された遺族の故人に対する感謝の証ともいえます。一般的に、日本では人が亡くなると、故人に戒名が与えられるという風習があります。戒名とは、俗名を捨てて新しい名前を得ることで、本当の意味での仏教徒となるために与えられるものです。ではこの戒名を授かったら、い...
4.5/5 (8)

☎お墓探しの相談をする