お墓のルール

お墓のルール

本山納骨とは – 特徴と注意点/各宗派本山の納骨案内

本山納骨(ほんざんのうこつ)とは、各仏教宗派の本山(開祖の廟所=墓所があるところ)に遺骨の一部または全部を埋葬して供養するという葬送方法です。 浄土真宗での本山納骨が有名ですが、浄土真宗以外でも本山納骨は行われています。分骨して遺骨の一部を納めることが多いですが、すべての遺骨を納める全骨納骨を受け入れている本山もあります。 故人の宗旨・宗派が本山の宗派と異なる場合でも納骨できるところも多く、一度お墓に入った遺骨でも受け入れてもらえるため、最近ではお墓の改葬(引越し)先としても選ばれています。 この記事では、そんな本山納骨の特徴や、それぞれの宗旨・宗派における本山と墓地・納骨についてご紹介します。
お墓のルール

開眼供養・開眼法要とは – 日程と当日の流れ/お墓・仏壇・魂入れ・納骨のマナー

開眼供養(開眼法要)とは、新しくお墓を建てたときや仏壇を購入したときなどに行う、仏様の魂を入れ込む大切な供養です。開眼供養は供養であると同時にお祝いごとでもあり、終わった後は僧侶や参列者を招いて会食を開くのが一般的です。 開眼供養は四十九日や一周忌などの納骨式と一緒に行う場合と、開眼供養のみ行う場合とでお布施の相場や参列者の服装も違ってきます。では、開眼供養はどのように準備し、行えばよいのでしょうか。 ここでは、開眼供養の意味や由来、主催者として準備するべきこと、開眼供養に必要な費用や招かれたときのマナーなどを詳しくご紹介いたします。また、お布施や半返しの表書きの書き方や、祝儀袋・不祝儀袋の選び方など、細かい決まりごとについてもご説明いたしますので準備の際の参考にしてください。
お墓のルール

拓本とは – 種類と用途、取り方/墓石の拓本

拓本とは、石や金属に描かれた文様や形状などを写し取る方法のことです。拓本という言葉をあまり聞いたことがないという方も、魚拓なら聞いたことがあるのではないでしょうか。魚拓は釣った魚の形を紙に転写したもので、拓本の一つです。拓本の対象物は金属や石、自然物から人工物と多岐にわたり、幅広い用途で利用することができます。今回は拓本の歴史や種類、用途などをご紹介いたします。
お墓のルール

供養とは – 供養の意味、種類や方法、行うタイミング

「供養」とは、亡くなった人などに対して冥福を祈る、すべての行いのことを言います。仏壇に向かって手を合わせたり、読経をしたりする行為も供養です。また、墓前に花を添えることも、私たちが日常的に行っている供養のひとつといえるでしょう。今回は、さまざまな供養の種類や方法、供養の意味などについて、詳しくご紹介していきたいと思います。
お墓のルール

墓石とは – 費用、石材の種類・形状、墓石の加工

お墓の顔でもある墓石は、形状によって3つのタイプに分けられ、使用される石材の種類や加工の方法もさまざまです。加工や飾りによってお墓の雰囲気が大きく変わるため、デザイン墓を選ぶなどオリジナリティのある外観にこだわる方も少なくありません。墓石のことを知って、納得できる墓石を作りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。 また、お墓は墓石代のほかに永代使用料や墓地の管理料など、さまざまな費用がかかります。 そこで墓石にかかる費用や購入の流れ、お手続き、墓石に使用する石材の種類やデザインなど、墓石についての情報を幅広くお伝えします。
お墓のルール

享年とは – 行年・没年との違いと使い分け/数え年の計算方法

墓石や墓誌、位牌に刻まれた文字などで普段何気なく接している「享年(きょうねん)」という表現。日常会話ではそれほどなじみのある言葉ではありませんが、人生の最後に記される「生きた月日」です。ここでは、そんな「享年」という文字の意味や正しい使い方のほか、類義語それぞれの違いと数え年の数え方なども詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてください。
お墓のルール

墓誌の意味とは – 戒名彫刻、その費用(墓誌の価格、名入れ、追加彫刻)

墓誌(ぼし)とは、お墓の横に建てられる石碑のことです。墓誌には、そのお墓に納骨されている故人のお名前や戒名、没年月日などが彫刻されています。お墓を建てる際に、墓地のスペースによっては墓誌を建てることが難しい場合もあります。そこで、墓誌を建てるかどうかを検討されている方向けに、墓誌を建てる意味や役割、費用などについて紹介します。
お墓のルール

お墓に水をかける理由、かけない理由 – 意外と知らない水受け・水桶の役割

お墓と水の関係とは、切っても切れない深いものです。お水はお花や線香と同じように、お供え物として重要な五供の1つとしても知られています。その一方で、お水はお供え物としてだけではなく、お墓参りでもお墓と大きく関係しています。そこで、お墓に水をかける方とそうでない方の理由や水受けの役割、お墓に水かけるようになったルーツなどについて紹介します。
お墓のルール

分骨とは – 分骨の方法/必要な手続き

分骨とは、遺骨の一部を別の墓地に埋葬することをいいます。分骨を考えられる方々は、「お墓が遠方にあり、お墓参りがままならない」という理由や、「宗派の本山に遺骨を納めたい」などの理由から分骨を考えるようです。分骨をする際に手続きは必要になりますが、改葬のようにお墓や遺骨をすべて移すわけではないため、手続きは比較的簡単です。
お墓のルール

お盆の服装の基本 – お墓参りと初盆・新盆法要で気をつけたいこと

お盆は、亡くなった方や祖先を祀る日本の大切な夏の行事の一つです。実家に帰省してお墓参りをしたり、新盆の法要に招かれたり、お参りするお客様を迎えたりする方も多いと思います。通夜やお葬式の服装といえば喪服ですが、お盆の場合はどのような服装が適しているのか不安な方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は、男性と女性、子どものお盆の服装について紹介します。
お墓のルール

お墓の構造 – 部位の名称と装飾品の役割/石碑・カロート・外柵とは?

お墓は主に墓石(石碑)、遺骨を納める納骨所(カロート)、墓所を囲む外柵から成り立つ構造物です。この他にも、お供えをするための花立や香炉、供物台や塔婆立、燈篭、植木などの付属品や装飾品などがあります。お墓を構成する部位には、それぞれ意味や役割があります。基本的な部位である、石碑、カロート、外柵の意味や役割について詳しい方は少ないと思います。ここでは、お墓の構造にかかわる部位と花立、香炉、塔婆立などのお墓の装飾品や供養に使うものなどについて、その名称や意味・役割、宗教や宗派による違いなどを紹介します。
お墓のルール

梵字とは – お墓やお位牌に彫られる梵字の意味

梵字とは、古代インド語を表す文字のことで、梵語(サンスクリット語)を書き表す際に用いた文字です。日本には、仏教の経典を書くのに使われた悉曇文字(しったんもじ)として、仏教の伝播にともなって伝えられました。今回は、梵字とはどのような歴史をもつ文字で、どのような意味で使われているのかなどについてご紹介します。
お墓のルール

法要と法事の違い/忌日法要、年忌法要とは

法要や法事とは、人の死に関わる儀式の一つです。身内が亡くなり、葬儀や法要を経験したことがある方や、親戚の法事に参列したことがある方もいらっしゃると思います。しかし、法要や法事に関わることは多くないため、法要と法事について詳しく説明できる方は少ないかもしれません。そこで、法要と法事の意味合いや違い、種類などについてご紹介します。
お墓のルール

お墓には家紋を入れるべき?/家紋がわからない時の対処法

お墓参りなどにいくと目にする機会が多いのが「家紋」です。しかし、意外と分からないことも多いです。お墓と家紋にはどのような関係があるのかを歴史を踏まえて解説します。洋風のお墓にも家紋は彫らなければならないのでしょうか?
お墓のルール

法事・法要とは – 法事の流れとお墓参りの仕方

法事・法要とは、亡くなった方の冥福を祈る仏教の儀式です。「家族や親せきが集まってお墓参りに行くこと」「お寺でお坊さんがお経を読む間、ずっと正座をしていて足がしびれた」など、法事を経験されたり、なんとなくおわかりの方も多いでしょう。ここでは、もう少し詳しく法事の意味や法事を行う時期、法事ではどのような事を行うかをご紹介します。また、法事とお盆やお彼岸との違いについてもご説明いたします。
お墓のルール

納骨の時期や方法、費用、手順や準備するもの/参列者や遺族のマナー

納骨とは、火葬された遺骨を骨壺に収め、お墓や納骨堂に安置することを指します。納骨をする場合、どのような準備が必要なのか、かかる費用はどのくらいか、どのように納骨をするのがよいのか、あなたはご存知でしょうか? ここでは納骨をする時の予約や埋葬許可証などの手続き方法、お布施など納骨にかかる費用についてご紹介します。また納骨法要までの準備、実際の納骨式の進め方、費用の負担を抑える永代供養のほか、納骨法要に呼ぶ人、服装などのマナー、お香典・御供物料、持ち物についても解説します。納骨をスムーズに取り行うためにも、事前に知っておくとよいことをひとつずつお伝えします。
お墓のルール

お彼岸とは – どうしてお彼岸の時期にお墓参りをするの?

お彼岸とは、春分、または秋分の日を中日(真中の日)とした前後3日、それぞれ7日間のことです。この時期に行われる仏教行事を彼岸会といいます。西方にあるという極楽に近づけるよう、この時期は修行にはげみ、功徳を積む時期とされています。しかし、実際...
お墓のルール

納骨はいつまでに?お墓の準備や法要の手続きはどうするの?

葬儀を終えた後は、遺骨をお墓に納める納骨式を行います。先祖からのお墓があったり、故人が生前墓を準備していたりする場合は、四十九日法要に合わせて行われることが多いようです。しかし、お墓がない場合や遺族の気持ちの整理がついていない場合など、すぐに納骨をすることが難しいこともあります。また、お墓を建てるまでには霊園を探したり墓石の様式を決めたりするために、ある程度の期間が必要です。 ここでは、納骨にはどんな意味があるのか、納骨には期限があるのか、霊園・墓石の準備は急いだほうがよいのかについて説明します。お墓ができるまでにかかる期間や、お寺や石材店への依頼をはじめ、納骨式の手続きはどのように進めるのかなども紹介します。
お墓のルール

お盆とは – 時期とやること、過ごし方、意外と知らない成り立ちと作法

お盆とは、亡くなった方やご先祖様の霊魂を供養する期間のことです。この時期には浄土にいる霊魂が、生前過ごしていた地上に帰ってくるといわれています。この記事では、どのように霊魂をお迎え・供養をすればよいのか、お盆の成り立ちや作法、過ごし方などについて紹介していきます。
お墓のルール

お墓の役割 – 供養におけるお墓の意味

お彼岸や法要の際にお参りするお墓。多くの方は、お墓参りの経験があるのではないでしょうか。幼い頃から親御さんに連れられて何度もお墓参りに行ったことがあるという方もいらっしゃるでしょう。では、お墓にはどのような意味があるのかご存知でしょうか。また、お墓参りにはどのような意味があるのでしょうか。いつも、何気なくお参りしてきたお墓の意味について、お墓の役割について詳しくご紹介します。
お墓のルール

お墓への納骨の時期はいつがいいの?日程と手配のポイント

納骨とは、火葬した後のご遺骨をお墓などに納めることですが、ご遺骨をどのタイミングでお墓に納めればよいのかご存じですか?法律として納骨しなければいけないとは決められていませんが、遺骨をお墓に納めるのは、故人が亡くなってから四十九日を過ぎてからが一般的であると言われています。しかし、納骨は骨を納めるお墓を用意しておく必要があるだけに、納骨の時期を定めるのは難しく、個人の状況や心境によって最適な時期は変わってきます。特にお墓がまだない方は、これからお墓の場所を探す必要があるので時間がかかりますし、遠方にお墓がある方は手続きや手配のために休暇をとる必要があるかもしれません。また、納骨の時期を定めたら納骨式の準備もしなければなりません。このように納骨するまでにいくつもの手続きが必要になります。ここでは納骨の時期の定め方と、最初の法要でもある納骨式についてご紹介したいと思います。
☎お墓探しの相談をする