お彼岸の意味や、過ごし方について教えてください【Q&A】

昼と夜の長さが同じになる「春分の日」と「秋分の日」を中日前後3日間の計7日間を「彼岸」と呼びます。

「彼岸」とは向こう岸を意味する言葉で、迷いの多い此岸(この世)に対して、仏の理想の世界である向こう岸、つまりは悟りの世界や浄土のことを言います。日本では、その浄土に渡るために、善事を行い、先祖に思いを馳せ、供養を行う期間を「彼岸」と言うようになりました。「彼岸」という言葉はインドで使われている言語の一つ、サンスクリット語の「パーラミター」(波羅蜜多)の漢訳で「到彼岸」の略だといわれています。

約1200年前に全国の国分寺の僧侶らが、春と秋の年2回、7日間に渡り仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に、一般の人にも「お彼岸」は広まったとされています。仏教行事ですが、インドや中国にはありません。

お彼岸の時期の過ごし方として、家庭では仏壇を掃除し、新しい花や季節のもの、おはぎ、彼岸団子などをお供えして供養します。

家族そろってお墓参りにも行きましょう。
墓石をきれいに洗い、お墓の周囲も掃除して花や線香を手向けます。特に子どもをお墓参りに連れていくことは、ご先祖さまを敬う気持ちを通して、人を大切にする気持ちを育てることにつながります。

菩提寺があるならば、お寺で営まれる彼岸法要に参加しましょう。正式な法要に参加することは、伝統的な仏教文化に触れる機会でもあります。

また、他家に伺う時にはお供えにほかにお線香を届けましょう。「お香典」とは、本来、お香を届けたことに由来するものなのです。

お彼岸とは - どうしてお彼岸の時期にお墓参りをするの?
お彼岸とは、春分、または秋分の日を中日(真中の日)とした前後3日、それぞれ7日間のことです。この時期に行われる仏教行事を彼岸会といいます。西方にあるという極楽に近づけるよう、この時期は修行にはげみ、功徳を積む時期とされています。しかし、実際...
4.76/5 (21)