お墓参りの時期、服装、持ち物は?知っておきたいお墓参りのマナー

お盆やお彼岸、命日にお墓参りへ行くという方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、お墓参りの仕方やマナーについて、なんとなく子どもの頃から両親や目上の方の慣例に従っているだけで実際あまり知らない……という方も多いことでしょう。

 

この記事では、お墓参りの基本的な流れと、お墓の掃除の仕方、お墓参りに持っていくべきもの、服装やマナー、お墓参りでやってはいけないタブーなど、お墓参りに関する基本をご紹介しています。

お墓参りは決まった時期に行くべきなのか、お盆やお彼岸、命日以外でも行っていいのか、仏滅の日にお墓参りをしてもいいのか、などと迷ったことのある方や「自分のやり方が本当にこれでいいのか不安」「正しい方法をきちんと知っておきたい」と思われる方はぜひ参考にしてください。

お墓の意味は時代とともに変わるため、特に決まったものではありません。
現代ではお墓をご先祖様の家であると考える人もいますし、単に遺骨の安置場所ととらえている人もいるかもしれません。
お墓を末代まで受け継いでいくべき家の象徴であると思う人もいる一方で、お墓自体必要ないと考えている人もいるでしょう。
しかし、多くの日本人に共通するのは、お墓はご先祖様から自分、そして子孫へとつながる心の拠りどころであるという点ではないでしょうか。日本にはお墓を大切にする風習があります。
つまり、お墓に意味を求めるとしたら、過去・現在・未来における家族の精神的な拠りどころであるということになるのではないでしょうか。
そのお墓にお参りすることで、亡くなった家族の冥福を祈る優しい心や、日々見守ってもらうことに対する感謝の心などが育まれます。
また、お墓参りには過去の家族と向き合い、現在の自分を生んでくれたことへの感謝を捧げ、子孫の代までお墓を守ろうとする気持ちが生まれるという効果もあります。
こういったことが、お墓やお墓参りの意味だと考えてください。

お墓参りで用意するもの

ここでは、一般的に用意すべきものを説明します。

お線香

一説には香りは仏様やご先祖様のご飯であるという考え方があります。
また、お線香の香りは心身を清めるとも言われています。
お墓参りに行く際にはお線香と、また着火のためのライターなどとともに持参してください。

お花

仏花などとも言われ、お花屋さんや、お盆のときにはスーパーなどでも売られていることがあります。ご先祖様やお参りをする人の心を安らかにします。

ろうそく

ろうそく立てがあるお墓の場合、ろうそくを持ってきましょう。煩悩を打ち消す光の象徴としてお供えします。

お水

お参りをする人の心を清めるという意味があります。お墓にお水を入れる凹みがある場合、そこにきれいな水を入れてください。
また、お墓を掃除するためにも使います。

お供え物

故人の好物や季節の果物、普段のご飯またはお供え用に売っているお菓子などを持参します。霊園によっては、お墓参りのお供え物はお参りの後に持ち帰るよう定められていると
ころもあります。

掃除用具

バケツ・雑巾・ほうき・ゴミ袋など、お墓の掃除に必要なものです。霊園によっては貸し出しをしているところもあります。

お墓参りの流れ

お墓に到着したら、お墓に合掌してから掃除に取り掛かってください。
お墓に積もった葉っぱなどを取り除き、墓石に水をかけて柔らかい雑巾できれいに磨きます。
その後、花立てにお花を供え、墓石中央の凹んだ部分にきれいな水を入れ、お供え用の食べ物を墓前にお供えします。
次にろうそく立てにろうそくを立てて火を灯し、お線香に火を点けて線香立てに立てます。
それから合掌し、お祈りを捧げます。
以上でお墓参りは終了です。

お墓参りっていつやるの? どのくらいの頻度でやるべき?

お墓参りの時期や頻度に決まりはないので、気が向いたときに行って構いません。
一般的には、お盆・命日・月命日・春や秋のお彼岸など、法事・法要など仏事に合わせて行く人が多いようです。
また、進学・就職・結婚・出産・転居・帰省など、人生の節目のタイミングでお墓参りをする人もいます。
なお、故人が亡くなってから節目となる年に行う「回忌法要」でもお墓参りを行います。

お墓参りのマナー

お墓参りの際の服装に特に決まりはありません。
故人に会いに行くような普段着で大丈夫です。
ただし、途中に未舗装の道がある場合、ハイヒールなど歩きにくい靴は避けた方がいいです。
また、複数人でお墓参りをするときは故人に近い関係の人から順番にしてください。
配偶者を差し置いて子や孫が、親族を差し置いて友人が先にならないように注意しましょう。

お墓参りの注意点、宗派での違い

お墓参りの作法には、宗派ごとの大きな違いはありません。
ただし、地域の習わしなどによって多少の違いがある可能性はあります。また、お参りの際に唱える言葉は宗派によっても異なります。
・南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ、なむあみだぶつ)…浄土宗、浄土真宗、天台宗
・南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)…曹洞宗、臨済宗
・南無妙法蓮華教(なんみょうほうれんげきょう)…日蓮宗
・南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)…真言宗

作法は守ることで後世に伝えることもできますが、最も大切なのはお祈りする気持ちです。

お墓参りでやってはいけないこと

ここからはお墓参りのタブーをご紹介します。

火を吹き消さない

線香やローソクの火を消すときは、手で扇いで消してください。
仏様に人間の穢れた息がかかるのを防止するためです。

お供え物は持ち帰る

お供え物は持ち帰ってください。
放置するとカラスや野良犬が食べにきて、お墓が荒れてしまいます。

火は消して帰る

ろうそくの火は火災の原因になるので消しましょう。
お線香は放置して燃やしきることが多いのですが、霊園の規則によっては火を消して処分する場合があります。

お酒をかけない

お酒が好きな人のお墓にお酒をかける人がいますが、墓石の変色やサビの原因になります。
お酒は器に注いでお供えしましょう。

その他、霊園の規則で禁止されていることはしない

お花やろうそくはそのままでも霊園側で処分してくれることがありますが、そうでない場合もあるので、霊園の規則に従ってください。
霊園の規則で禁止されていることはしないようにしましょう。

お墓参りの代行

お墓の掃除やお墓参りを代行してくれる業者があり、たまにニュースなどで取り上げられます。また自治体によってはふるさと納税でお墓参りの代行をしてくれるというところもあります。
遠方に住んでいてもお墓をきれいにしてもらえるので便利ですが、ご先祖様と対話をするお参りまで代行してもらっては、お墓参りの意味が極めて薄くなってしまいます。事情によってどうしても自分自身でお墓参りができないという場合にも、きちんと手を合わせる気持ちは大切にしたいものです。

まとめ

お墓参りの際にはお線香・お花・水・ろうそく・お供え物を持参し、お参りに先立ってお墓の周りを掃除しましょう。
お墓参りには作法ややってはいけないこともあります。宗派や地域の風習、霊園の規則などに従ってください。

5/5 (16)