お墓参りのマナー

お墓参りのマナー

お墓のお供え物 – 種類や置き方/参拝後のマナーまで

お墓のお供えというと、お花やお線香、それに故人が好きだったお菓子や果物、お酒などが一般的です。お墓は通常屋外に建立されることから、お供えの種類や配置についてはあまり深く考慮されることはないかもしれません。しかし、お墓のお供えは、仏壇と同じ「五供」と呼ばれる仏教の供え物の基本に即して行われるものです。故人や先祖に気持ちが伝わるように供養の方法についてもきちんと押さえておきたいものです。ここでは、お墓のお供え物の置き方や選び方などのマナーについて説明します。また、お花は造花でもよいのか、食べ物は参拝の後は食べるべきか持ち帰るべきかなど、お墓ならではの疑問についても触れています。
お墓参りのマナー

お墓参りの花はどこで買う?造花でもよい?お花の費用相場やマナー

お盆やお彼岸などに、亡くなった方を偲んで、お墓参りに行く方も多いと思います。その際は花を持っていき、お墓にお供えするのが一般的です。 お墓参りでお供えする花は、「五供」と呼ばれる基本的なお供え物の一つです。美しい花をお供えすることによって、ご先祖様や自分の気持ちを清らかにする効果があると言われています。また、故人に対して感謝の気持ちや哀悼の意を表すこともできます。 花はお墓参りに欠かせないものですが、選ぶべき仏花の種類はあるのでしょうか。また、お供えした花は持ち帰るべきなのでしょうか。 この記事ではお墓参りでお供えする花について、その意味や選ぶべきお花の種類、避けたほうがよい花、供え方やマナーなどをご紹介します。
お墓参りのマナー

お墓参り代行とは – サービス内容や費用の相場を解説

お墓参り代行とは、何らかの理由でお墓参りができない場合にお墓の掃除やメンテナンス、お参りなどを代行してくれるサービスです。 「引っ越しをしてお墓が遠くなってしまった」「足腰が弱くなってしまい、なかなかお墓に行けない」などの悩みを持っている方にはメリットの大きいサービスですが、「他人にお墓参りを頼んで大丈夫なの?」「デメリットはないの?」と不安に思う方も多いでしょう。 そこで今回は、お墓参り代行の詳しいサービス内容や費用の相場、業者による違いなどをご紹介します。墓石の状況を確認するだけのプランなど気軽に利用しやすいサービスもあるので、ぜひ参考にしてください。
お墓参りのマナー

お墓参りの服装を選ぶポイントは?ご先祖様へのマナー

お盆や正月の帰省などでお墓参りに行く際、どのような服装で行ったらいいのか、迷うことはありませんか。特に初盆のときは、普段着でいいのかスーツを着るべきか、悩んでしまうかもしれません。また、人生の節目の報告などで、親戚と一緒に墓地を訪れることもあるかと思います。このときの格好も、男性・女性、それぞれ場にあった服装を身に付けることがマナーとして求められます。 これでなくてはいけない、という明確なルールはありませんが、最低限のマナーは心得ておきたいものです。ここでは、お墓参りをする際に知っておきたい、服装選びのポイントや注意点についてご説明します。
お墓参りのマナー

「新盆」2つの意味 – お盆の作法

新盆とは、「新しい暦(新暦)のお盆」あるいは「忌明け後の初めてのお盆」のことを指します。前者の意味では「しんぼん」と読み、「旧盆」に対する用語として使います。後者の意味では地域によって「しんぼん・あらぼん・にいぼん」などと読み方が変わります。離れた土地に嫁いだ方は読み方の違いに戸惑うことがあるかもしれません。2つの意味がある新盆について、時期の違いや読み方の違いなどを詳しく解説します。
お墓参りのマナー

お墓参りの時期、服装、持ち物は?知っておきたいお墓参りのマナー

お盆やお彼岸、命日にお墓参りへ行くという方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、お墓参りの仕方やマナーについて、なんとなく子どもの頃から両親や目上の方の慣例に従っているだけで実際あまり知らない……という方も多いことでしょう。 この記事では、お墓参りの基本的な流れと、お墓の掃除の仕方、お墓参りに持っていくべきもの、服装やマナー、お墓参りでやってはいけないタブーなど、お墓参りに関する基本をご紹介しています。 お墓参りは決まった時期に行くべきなのか、お盆やお彼岸、命日以外でも行っていいのか、仏滅の日にお墓参りをしてもいいのか、などと迷ったことのある方や「自分のやり方が本当にこれでいいのか不安」「正しい方法をきちんと知っておきたい」と思われる方はぜひ参考にしてください。
お墓参りのマナー

お正月にお墓参りはしてもよい?年末年始のお墓参り/注意点などをご紹介

お墓参りのシーズンというと、夏のお盆や、春秋のお彼岸を思い浮かべる方は多いでしょう。そのほか、命日や誕生日など故人にゆかりのある日にお参りする方もいます。 そんな中、年末年始のお正月休みでお墓参りをするという方も意外と多くいるようです。 しかし逆に、お正月にお墓参りは非常識だという話もたまに耳にします。喪中年賀欠礼をしたり、喪中はがきを松の内(正月に門松を飾る期間)が過ぎてから出すという習慣があるため、お正月にお墓参りをしてもいいのか迷われる方も多いのではないでしょうか。 ここでは、年末年始やお正月にお墓参りをしてもいいのか、する場合の注意点はあるのか、について紹介したいと思います。
☎お墓探しの相談をする