散骨・海洋散骨 – 選ばれる理由とよくある質問

最近では、ご遺骨を(粉末状の遺灰にして)海や川、山などの自然に返して埋葬する「自然葬」を行うケースが増えています。自然葬には、風葬、鳥葬、水葬などさまざまな形態がありますが、現在日本で行われているのは、海や山へ遺灰の一部を撒く「散骨」と、墓標として墓石の代わりに樹木を植えて埋葬する樹木葬となります。

「散骨」などの自然葬が注目されるようになった理由として、著名人が希望したり、映画などで取り上げられることが多くなったこと、また、家族構成の変化などから従来のようにお墓を購入し、維持することを選ばない人が増えたことなどがあります。さらに死後は自然に還りたいという想いから希望する人も増えているようです。

散骨とは

「散骨」とは、故人の遺骨を粉末にして、山や海などへ撒くことをいいます。遺骨を撒く場所によって「海洋散骨」などとも言われます。

遺体の廃棄や墓地以外への埋葬は違法なのですが、散骨については法務省から「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題はない」との見解を示されており、葬送の一つの方法として認められています。
とはいえ、陸地では散骨の許可を受けた場所のみに撒くことができます。土地には必ず所有者がいますので、散骨する土地の所有者の許可を取る必要があるためです。さらに自分や親族の所有地であっても、周辺住民などの感情に配慮し、理解を得ておく必要があります。
一方、海への散骨は、節度を持った一定のルールに従って行われます。

また、散骨する際は、遺骨をそのままの形で散布せず「遺骨を2ミリ以下に粉砕しなければならない」と法律で定められているため、個人で散骨を行うことは一般的には難しいです。
そのため、散骨の扱いのある葬儀社か、散骨専門の業者に依頼する必要があります。
散骨の流れとしては、通常の葬儀を行った後、遺族の日程を合わせたうえで簡単な儀式とともになされることが多いようです。

散骨が選ばれる理由

「散骨」を選ぶ理由はさまざまです。それだけ故人やご家族にとっての大切な物語があるといえます。

「自然に還りたい」

  • 海や山が好きだったので、最後は自然に還りたい。
  • 人間もすべての生物と同じように自然に戻るのがいい。
  • 大自然の中で眠る方が故人らしい。

「お墓に入りたくない」

  • お墓に入るより、散骨の方が明るい感じがする。
  • お墓を造ることで、維持管理等、子供たちに負担をかけたくない。
  • 無縁になる心配がない。

散骨に関するよくある質問

海洋散骨は法的に問題はありませんか?

法律的な問題はありません。
「節度をもって行えば法的には問題ない」というのが、現在の統一された見解です。

海洋散骨にはどのような種類がありますか?

大きく分けると、3つの種類があります。
もっともシンプルなものでは、業者に遺骨を預けて散骨をしてもらう「代行散骨」。次に複数の遺族が同じ船に同乗して行う「合同散骨」。そして、一家族で船をチャーターする「チャーター散骨」があります。

散骨は故人が亡くなってから、いつごろ行えばいいですか?

散骨を行う時期に特別な決まりはありません。
一般的には四十九日の法要や、故人の命日などに合わせて日程を決められる方が多いですが、火葬後すぐにという方や、反対に何年もご自宅でご遺骨を保管された後に散骨を希望する方もいらっしゃるというように、ご遺族の事情によってさまざまです。

散骨に適した季節はありますか?

春や秋など、穏やかな気候の時期に希望する方が多いですが、通常、年間を通じて散骨は可能です。
季節ごとに景色も変わります。海洋散骨でいえば、特に冬は海がきれいな時期と言われています。

既にお墓に納骨している遺骨を散骨できますか?

可能ですが、改葬手続きが必要になります。
墓地管理者に納骨証明書を発行してもらい、墓地の所在地の役場で改葬許可証の交付を受けます。その後、交付された改葬許可証を墓地管理者に提示し、手続きを終えます。

遺骨の一部だけを散骨できますか?

一部の遺骨を散骨して、一部はお墓に納骨する、または手元に残すことは可能です。寺院での供養も問題なくできますし、手元供養などとの併用もできます。

散骨する際に服装に決まりはありますか?

散骨の際の服装に決まりはありません。
海洋散骨の場合、船の上では潮風に当たりますし、床が濡れて滑りやすくなることもあります。そのため大切なセレモニーではありますが、喪服は避けた方がよいかもしれません。また靴も滑りにくい、履きなれたものをおすすめします。

散骨という選択肢

「散骨」は、通常の埋葬方法とは大きな違いがあるため、従来までの埋葬方法に親しまれている方にとっては、違和感を覚えることもあるでしょう。散骨を望む方がいるように、従来のお墓に納めたいというお考えもあるでしょう。

「遺骨の一部を散骨する」というように選択肢も豊富にあります。
もっともよいお別れになるよう、ご家族や親せきの方と事前にきちんと話し合い、事前に家族や親族の同意を得ておくことが大事です。

4.86/5 (28)

☎お墓探しの相談をする