納骨堂ってどんなお墓?特徴や費用相場、メリット・デメリットをわかりやすく解説します

納骨堂のイメージ写真。画像は東京都の納骨堂・白山御廟

一般的に「お墓」と呼ばれるものには、実はいくつもの種類があることをご存知でしょうか。永代供養墓や合葬墓、納骨堂、樹木葬、中には海洋散骨や宇宙葬なんていう言葉を聞いたことがある人もいることでしょう。

そんなお墓のなかでも、最近よく聞く「納骨堂」とは、どんなものなのでしょうか。納骨堂に注目している人は近年非常に増加しており、まさに現代を象徴するようなお墓であるといっても過言ではありません。

この記事では、そんな納骨堂に興味のある人にぜひ参考にしていただきたい内容にまとめました。納骨堂について正しい知識を得て、いざというときに困らないようにしておきましょう。

納骨堂とは

納骨堂のイメージ写真。画像は東京都新宿区にある東福院 四ッ谷納骨堂

納骨堂とは、遺骨や骨壺を収蔵するスペースが数多く立ち並ぶ屋内施設を指します。遺骨を個人や夫婦といったさまざまな単位で納めることができる、いわば「お墓のマンション」。従来のお墓とは異なる供養方法です。

ライフスタイルの変化によってそのニーズも高まり、今では多くの寺院や公営・民営の霊園などが納骨堂を運営しています。公営の場合には応募条件があり、抽選になるケースも見受けられます。

近年、注目を集めている納骨堂ですが、実は昭和初期ごろから「ご遺骨を預かる場所」として存在していました。今ではお墓の代わりとして利用するという認知になり、とくに墓地用地の少ない都心部を中心として増加の一途をたどっているのです。

納骨堂が選ばれる理由

では、納骨堂はどういったニーズで選ばれているのでしょうか。そこには、現代ならではのいくつかの理由が存在しています。

  • お墓の承継者がいない家庭の増加
  • 主要都市を中心に、管理しやすく交通の便がよいお墓が求められた
  • 核家族化の増加により、小規模なお墓のニーズが増えた
  • 終活を行う人が増え、費用面での安さを重視する人が増えた

転勤や転職・都心へのマンション購入など、ひとつの土地に永住するということが少なくなっている現代では、立派なお墓を建てたとしても管理を継続していくことが難しい人が増えています。

子孫に負担をかけないよう、手入れに手間のかからない納骨堂を選ぶ人や、先祖代々の墓を利便性の良い納骨堂へ「改葬」するケースもあります。また、お墓を継承する子供がいない家庭など、さまざまな家族の形に対応しやすいのも納骨堂が選ばれる理由でしょう。

また、一般的なお墓に比べて納骨堂は安価な費用で納骨することが可能です。老後いくら資産があれば暮らしていけるかなど、老後の資金運用のバランスを考慮した際にも、比較的安く利用できるという大きなメリットがあります 。

納骨堂を探してみる

納骨堂の費用相場

前述した通り、納骨堂が選ばれる大きな理由に「費用」があります。そこで、一般的な他の種類のお墓と比べてどの程度、安いのか見てみましょう。

下記の料金は墓石代金を含まない永代使用料で、「いいお墓」に掲載されている納骨堂の費用プランから算出したものです。

一般墓納骨堂
東京都1,44万7,129円97万6,337円
神奈川県1,00万8,857円68万5,657円
愛知県64万2,744円64万653円
大阪府1,01万445円86万2,663円

特に地価が高い東京都や神奈川県では、一般墓と比べて30~40万円も安くなっています。一般墓では墓石代金が上乗せされることになるので(納骨堂は墓石代は不要)、さらに安くなる計算が立ちます。

東京都で納骨堂を探す
神奈川県で納骨堂を探す

愛知県や大阪府では差額が小さいようにも見えますが、墓石代金のことを考えると数十万円から100万円程度、安く購入できることになります。これは大きなメリットですね。

愛知県で納骨堂を探す
大阪府で納骨堂を探す

納骨堂には4種類ある

納骨堂は、大別すると4種類に分類することができます。それぞれどういったものであるのかをご紹介していきます。

仏壇式

仏壇式の納骨堂のイメージ写真。画像は東京都にある東福院 四ッ谷納骨堂

仏壇型は、仏壇のような形の納骨堂です。上段は礼拝部分、下段が収納部分となります。開閉式の扉を開くと中央に本尊、脇に先祖や故人の位牌を祀ります。下段は納骨する部分となっており、骨壺を並べて安置します。

お線香やローソク、お供え物などを供えて手を合わせることができ、形としてはみなさんの家庭にある仏壇をそのままイメージすると良いでしょう。

ロッカー式

ロッカー式納骨堂のイメージ写真。写真は神奈川県川崎市にある妙遠寺室内納骨堂「妙泉殿」のロッカー式納骨堂

ロッカー式は扉付きの棚に納骨するタイプで、コインロッカーのような見た目です。納骨堂と聞くと思い浮かべるのは、このロッカー式が多いのではないでしょうか。骨壺を1個~数個分納めることができる程度の大きさです。

墓石式

墓石式は、室内ながらも一般的な墓石が霊園のように並べられた納骨堂です。通常のお墓参り同様、お花やお線香を供えることができる納骨堂が多いところが魅力的ですが、墓石代や永代使用料がかかるため、価格相場は納骨堂のなかでも最も割高になる傾向があります。

自動搬送式

自動搬送式の納骨堂のイメージ写真。画像は、東京都墨田区にある向島 たから陵苑の自動搬送式納骨堂

都市部で人気を集めているのが、スペースをとらない自動搬送式の納骨堂です。遺骨がバックヤードから自動で搬送されてくるシステムで、すべて機械で制御されているのが特徴です。

利用者はICカードキーを渡され、24時間好きなときに参拝できる納骨堂もあります。「ビル型」「マンション型」などとも呼ばれており、その名のとおり、一棟全体が納骨堂となっています。

魅力的なポイントは、掃除や管理が不要でアクセス便利であるところでしょう。
納骨堂を探してみる

一般墓と納骨堂の違いは?

安置期間の違い

一般的なお墓は、半永久的に遺骨を納めておくことができます。一方、納骨堂は契約期間が経過すると、他人の遺骨と一緒に供養されます。概ね、33周忌を目安とするところが多いです。

遺骨の置き場所の違い

一般的なお墓は、お墓の下の「カロート」という地下スペースに遺骨を納めます。一方、納骨堂はロッカーや仏壇式など、遺骨の置き場所を選ぶことができます。室内であるため、湿気などの不安が少ないことも特徴です。

墓石建立費の違い

一般的なお墓は、墓石建立のための費用がおよそ125万円かかりますが、納骨堂(墓石式を除く)は墓石自体がないため建立費がかかりません。

メンテナンスの違い

一般的なお墓は屋外にありますが、納骨堂は室内であるため、掃除をする必要がありません。また、お墓の掃除や管理は家族や親族が行いますが、納骨堂は管理者が行ってくれます。

お参り方法の違い

一般的なお墓は、お線香やローソクを使用してお参りしますが、納骨堂は室内であるため、お線香をあげることができない場合があります。そのような施設では火器を使用せず、ローソク型のライトでお参りをします。

納骨堂のメリット

納骨堂を利用するメリットを見ていきましょう。

1.費用が安い

全体的にかかる費用が安いということは、納骨堂を選ぶ上での最大のメリットです。

納骨堂は、一人用であれば価格相場は約65万円です(※「いいお墓」掲載の全霊園の平均額)。ただし、複数の骨壺を収納したい場合や永代使用料をプラスしたい場合など、金額が上乗せされることもあるので、しっかりと比較検討して決める必要があります。逆に、一代限りと決めている場合や合祀するタイプのものを選ぶことによって、費用を極力抑えることも可能となります。

2.宗教関係なしに誰でも使用できる

寺院墓地の場合、そのお寺の宗派でなければ納骨することができないなどの制限がありますが、納骨堂では、お寺の檀家になる必要がないために宗派を問われることもありません。つまり、どんな宗派であっても利用することが可能です。

3.いつでも自由に供養できる

雨や雪といった悪天候や、真夏の暑い時期であっても、納骨堂は室内にあるため快適に参拝することができます。24時間参拝可能な納骨堂であれば、どれだけ忙しい人でも好きな時間にお墓参りができますよ。
納骨堂を探してみる

納骨堂のデメリット

納骨堂を利用するデメリットを見ていきましょう。

1.契約の期間が設けられている場合が多い

納骨堂の契約期間は、一般的に33回忌までとする場合がく、また昨今では7回忌や13回忌とする霊園もちらほら見受けられます。もちろん、納骨堂によっては永代使用も可能です。そのまま収蔵し続けるか合祀するかを選ぶことになります。合祀の費用面は安価ですが、他人の遺骨と弔うことになります。

2.供え物には制限がある

室内であるため、お線香を供えることができないことが一般的です。食べ物やお酒などにも制限がある場合も。故人が好きだったものだからといって、気軽に供えることができないのです。

3.納められる遺骨の数が少ない

納骨堂のスペースには限りがあるため、預けられる遺骨の数は多くても8個ほど。先祖代々すべて納骨したい、と考える人には納骨堂は不向きです。

これを今読んでいるあなたにおすすめ!こんな人にピッタリ!

お墓の承継者がいない

納骨堂には契約期間があるため、子どもがいない、親戚の中にもお墓の跡を継ぐ人がいない人にはおすすめです。

子どもにお墓の面倒を見させるのが嫌だ

遠方に住んでいたり、結婚して実家にはいない娘にお墓の面倒を任せたりすることを申し訳なく思う親御さんが、納骨堂を選ぶケースも増えています。自分だけで悩まずに、継承者となる子どもと対話してみることも大切です。

自分一人、もしくは夫婦のみのお墓に入りたい

納骨堂は、少人数であればあるほどおすすめです。一般的なお墓を購入するより、安く済ませることも可能になります。

今のお墓の墓じまいを考えている

先祖代々続くお墓を撤去したいと悩む人が年々増加しています。将来的に継承していけるのかどうか、掃除やメンテナンスの問題などで悩んでいる場合、納骨堂は選択肢のひとつになるでしょう。

現代のライフスタイルにあわせて、さまざまなタイプが登場している納骨堂。自分に当てはまるケースがあれば、納骨堂を利用することも検討してみてはいかがでしょうか。

5/5 (2)