納骨堂の管理費とは?相場や価格もご紹介

納骨堂とは、屋外にある墓地ではなく、主に建物の中などに個人や家族で遺骨を納められる施設のことです。
その多くが、継承を前提としない永代供養のお墓であり、お寺の敷地内などに設置されることが一般的です。
ちなみに永代供養とは、故人の家族や親戚の代わりにお寺や施設などが、お墓の管理や供養を代行する埋葬方法のことです。

納骨堂の種類とメリット

納骨堂には様々な種類があります。
主にロッカー式/棚式・仏壇型・自動搬送式・室内型墓所の4つです。

ロッカー式/棚式

区分けされた棚に骨壺を入れるタイプです。
ロッカー式には納骨堂に扉が付いています。比較的価格が安いのがメリットです。

仏壇型

位牌を飾り、供え物を捧げる上檀と骨壺を収蔵する下檀に分かれるタイプのものです。
個別の仏壇があるため、遺影やお花などを飾れたり、家族で継承できることがメリットとして挙げられます。

自動搬送式

専用カードを機械に通しタッチパネルを操作することで、ご遺骨が自動的にお参りスペースに遺骨が運ばれてきます。
最新の納骨堂で施設が充実しており、個別の参拝ブースでゆっくりお参りができることなどがメリットです。

室内型墓所

一般の墓石を屋内に建てており、一般のお墓と同様に家族で継承できる他、
お花や線香を供えたり、水をかけたりすることも可能なのが他の納骨堂にはない特徴です。

納骨堂の料金と管理費

では、納骨堂を利用する費用はいくら程度でしょうか。
料金の中には、永代供養料と使用料、管理費、納骨費用や開眼法要料、施設によって戒名や位牌などが込みの場合もあります。
納骨堂全体としては、50万~100万程度が平均料金相場と言えそうです。
また、管理費を別途毎年支払う必要があります。管理費は納骨堂を維持するために利用される費用で年一回請求されることがほとんどです。

管理費の相場

一般的相場としては、比較的管理体制もしっかりしている施設の場合で1万円/年程度がおおよその相場です。
ただ、サービス内容などで費用が上下しますので、事前に確認し把握しておくことが大切です。

管理費が払えなくなったら

それでは納骨して毎年支払っている管理費が支払えなくなった場合はどうなるのでしょうか。
もし管理費を払わなくなって一定期間経過すると、納骨堂に納めている遺骨は管理者によって合祀されてしまいます。
合祀された場合の遺骨は取り出すことができないのがほとんどなので、注意が必要です。

まとめ

・様々な種類があり、種類ごとにメリットが異なる。
・料金の内訳では主に永代供養料・管理費の2種類がある。
・相場は施設やサービス内容によって異なるが、約50~100万程度
・管理費相場は約1万円/年間程度
・一定期間管理費が支払われないと、合祀が行われる。

以上ご説明してきたように、納骨堂には様々なメリット・特徴・費用がございます。納骨堂を検討する際には、上記の意見をポイントとして頂ければ幸いです。

その他の納骨堂の記事は下記をご確認ください。

納骨堂の成り立ち - 施設、形式、運営形態
納骨堂ができた背景と成り立ち、納骨堂の施設、ご遺骨・骨壷安置(納骨壇)の形式、納骨堂の運営形態、お墓のスタイルの変化と、納骨堂のメリットをご紹介します。
納骨堂ってどんな人が買っているの?購入利用者の意見を紹介
納骨堂は遺骨を納める施設です。以前はお寺の一角にある一時的に遺骨を安置するお堂のことを指していました。しかし、現在は核家族化が進み、先祖代々のお墓が遠方にあったり、子供に墓守の負担をさせたくないといった理由から、納骨堂の需要が高まっています。宗派が不問で永代供養もでき、お参りの際は個室で行うなど、さまざまな種類の納骨堂が建立されています。特に東京などの大都市では霊園タイプと並ぶ墓地として主流になるとも言われているほどです。とはいえ納骨堂は慎重に選ばないと場所によっては遺骨の扱いや費用、保管期間の面で不満が残ることもあります。ここでは納骨堂を利用するメリットおよびデメリットについて実際に購入した方の声を紹介します。
最近人気の永代供養墓・納骨堂【継ぐ人がいない方向け】
先祖から代々同じ土地に住み続けていた時代には、檀家であるお寺と強く結びつくことでお墓の維持管理、先祖の供養をしてきました。 社会の情勢が変わり転居することが多くなったり、少子化により家を継ぐ人がいなくなるとお墓を守っていくことが難しく...
5/5 (5)

☎お墓探しの相談をする