お墓を建てるのに必要な費用 – 永代使用料、墓石費用、管理費など

お墓の費用は?

お墓購入に要する費用は、主に「永代使用料」「墓地管理費」「墓石費用」の3つの要素で成り立っています。霊園や石材店のパンフレットや、新聞折込チラシなどの価格で、永代使用料と墓石費用を合わせた「墓石一式●●万円」と表記される場合もありますが、「一式の中に何が含まれているのか」をしっかり確認しておきましょう。

  • 永代使用料
  • 墓地管理費
  • 墓石費用
    • 石材(種類、使用量)
    • 加工費、施工費
    • 彫刻費(墓碑、戒名・法名)
    • アフターケア・メンテナンス費

チラシなどの価格表記では、霊園・墓地における標準的なものや、最安価格が前面に表記されることが多くなります。
しかし、実際に建墓する際は、区画、石の種類や石の使用量、形状や付属品などによって金額が大きく異なってきます。紙やネットの霊園・墓地情報だけではなく、実際に現地に足を運び、建てられているお墓を例に、石の種類や金額の説明を受け、確認しておくことをお勧めします。

「永代使用料」の内訳

お墓の土地部分のことを「永代使用権」といい、その取得費用のことを「永代使用料」といいます。
価格は不動産(住宅)と同じように、立地やアクセスが良いところ、土地としての希少価値が高く人気がある地域ほど、永代使用料が高くなる傾向があります。不動産と似ていますが決定的に異なるのは、永代にわたって墓地を使用できる権利、つまり土地の所有権ではなく、使用権であるということです。

永代使用料は、墓石の建墓に関わらず、墓地を取得した際に納入します。また、承継者(使用名義人)が変わっても、所定の変更手続を経れば永代にわたって使用できます。ただし、長期間の管理費滞納、承継者不在などの事由により、使用権が取り消されるケースもあります。

「墓地管理費」の内訳

管理費は、使用する区画によって料金が規定されており、管理運営主に定期的(年一括、3年一括など)に支払う義務があります。霊園・墓地内の施設の維持・運営管理(参道整備、水道設備、駐車場、緑地、墓地清掃など)の用途に使用されます。

  • 公営霊園
    年間管理費の目安:620円~(東京都の場合)
    ※自治体運営のため、負担の経費が低目に抑えられている
  • 民営霊園
    年間管理費の目安:5,000円~15,000円程度
    ※永代使用料と同様、都市型霊園の方が郊外の霊園より高くなる傾向あり
  • 寺院墓地
    年間管理費の目安:6,000円~25,000円程度
    ※寺院施設使用料、お布施や冥加金という名目で納めることもあり

※上記はあくまで参考金額であり、実際の管理料に関しては、霊園・墓地それぞれ異なります。
※長期間にわたって管理費を滞納した場合、管理運営主が一定期間告知を行った上で、永代使用権が取り消されることもあります。
※一般的に、税制上の観点から「永代使用料」は消費税が発生する対象とはされていません。

「墓石費用」の内訳

墓石は、お墓の建物部分とお考えください。「墓石の本体」「外柵・納骨棺(カロート)」「施工費」の3つを合わせて墓石費用としています。

また、墓石費用(価格)は、下記であげる3つの要素によって大きく左右され、中でも「墓石の種類」によって、数十倍の価格差が生じることがあります。一般的に外国産石材は国産石材よりも安価な傾向にあるものの、外国産石材でも希少で良質な石は価格が高くなります。

  1. 墓石の種類石質(硬さ・色・石目)、産出地、採掘量、等級によって石の性質や価格も千差万別で、国産・外国産を問わず価格には大きな幅があります。また、使用する石材の量(容積)にも比例します。
  2. 墓石の加工費オリジナルな細工、手の込んだ細かい加工の多いデザインは手間がかかるため加工賃が上乗せされます。
  3. 施工費(工事代)既に墓石が設置されている区画や、据付型など施工負担が軽いものは費用が抑えられることもあります。立地的に施工や運搬がしにくい霊園・墓地(区画)は費用が加算されることがあります。

※通常は消費税が発生します。
※石材店がクレジット会社と提携している場合は、ローンなどでの分割払いで支払が可能です。
※指定石材店のある霊園・墓地では「墓石費用」が制定されており、石材店によって料金の差が生じないように規定されています。

墓石加工(香箱・トキン・亀腹・水垂・すりん・蓮華座など)
石材は国内外の採石場から採石され、加工工場で石碑用、外柵用などの用途別に切断されます。切断された後はダイヤモンドの砥石で丹念に磨かれます。その後、熟練した職人により、手加工によって依頼された形状に仕上げます。
お墓の工事(施工)
お墓の形状や現場(地盤など)の状況によって異なりますが、工事には通常2~5日程度を要します。 工事日程は事前に確認しておかなければなりませんが、施工の途中経過を見学されると、表面ではわからない基礎部分やお墓のつくり、その過程がよくわかって安心ですし、自ず愛着も湧いてきます。 お任せする石材店には、完成写真だけでなく、...

墓石の彫刻

新規に墓石を建立した場合の費用に、基礎彫刻(家名・題字や題目・建立者名・建立日など)が含まれていることがほとんどですが、戒名(法名)彫刻に別途彫刻費用がかかる場合があります。その他、1人目については墓石費に含まれるが、2人目以降で別途費用がかかる形などもあります。
一般的に1名あたりの追加彫刻費用は、3万円~5万円前後が必要となります。

「その他費用」- 埋葬・納骨にかかる費用

霊園・墓地に支払う費用や墓石にかかる費用のほかにも、お墓の建立にあたっては「ご遺骨の埋葬」や「納骨法要」などにかかる費用もあります。以下にあげる埋葬手数料、法要施設利用料、お布施・お車代といったものや、会食費・引出物代・お供物代が必要となることが多いです。

  • 埋葬手数料
    ご遺骨を埋葬する際に、通常石材店さんに手数料として支払われます。霊園・墓地によって価格が異なりますが、1度の立ち会いで「1万円~3万円」が相場となっています。
  • 法要施設利用料(寺院本堂、法要施設)
    霊園・施設によって金額は異なります。寺院本堂をご利用になられる場合は、お布施の志に含められるのがよいでしょう。
  • お布施・お車代
    お寺やご僧侶への志ですので、定められた金額はありません。判断がつかない場合は、参考までに霊園・墓地関係者にお問い合わせされるとよいでしょう。
5/5 (7)