お墓の費用

お墓の費用

納骨堂の管理費とは?相場や価格もご紹介

納骨堂とは、屋外にある墓地ではなく、主に建物の中などに個人や家族で遺骨を納められる施設のことです。 その多くが、継承を前提としない永代供養のお墓であり、お寺の敷地内などに設置されることが一般的です。 ちなみに永代供養とは、故人の家族や親...
お墓の費用

お墓の値段を安くするには?お墓の相場とその内訳

お墓の値段とは、お墓の購入を検討される方にとって大切なことにもかかわらず、具体的なことがわかりにくいという問題があります。お墓の値段は石の種類や加工、また立地などで決まります。そのため、実際にお墓を購入する際は、墓石選びやデザインなどが重要になってきます。そこで、墓石の種類や相場、樹木葬など新しいタイプのお墓を選択するなどお墓の費用を抑える方法について紹介します。
お墓の費用

お墓の価格相場一覧 – 墓石、永代使用料、諸費用、墓地タイプ別にかかる費用目安

この記事では、実際にお墓を購入したお客様のアンケートをもとに、地域別の墓石・永代使用料の平均価格、区画の平均面積をご紹介します。お墓の彫刻代、改葬費用、開眼法要のお布施などの諸費用の相場、納骨堂や樹木葬など新しいタイプのお墓の相場についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。 購入したお墓の平均価格(永代使用料+墓石価格)、全国 :196.37万円、東日本:203.50万円、西日本:174.35万円、■東京都:256.71万円、■神奈川県:212.68万円、■千葉県:177.60万円、■埼玉県:191.70万円、■愛知県:146.06万円、■大阪府:172.85万円、■京都府:218.26万円、■兵庫県:181.26万円、■広島県:115.69万円、■福岡県:194.44万円
お墓の費用

お墓を建てるのに必要な費用 – 永代使用料、墓石費用、管理費など

お墓購入に要する費用は、主に「永代使用料」「墓石費用」「管理費」の3つの要素で成り立っています。霊園や石材店のパンフレットや、新聞折込チラシなどの価格で、永代使用料と墓石費用を合わせた「墓石一式○○万円」と表記される場合もありますが、「一式の中に何が含まれているのか」をしっかり確認しておきましょう。
お墓の費用

お墓と税金の関係 – 相続税対策にもなるって本当?

相続税が発生する可能性が高いご家庭の場合、お墓を生前に建てておくことは相続税対策につながります。この記事では、なぜお墓の購入が節税対策になるのかや、購入する際のポイントなどを紹介しています。これからお墓の購入を検討されている方は、参考にしてみてください。
お墓の費用

合祀墓の費用、メリット・デメリット – 合祀墓を詳しく解説

合祀墓とは、不特定多数の方の遺骨をひとつにまとめて納骨するお墓のことです。読み方は「ごうしぼ」と読み、供養や管理は寺院や霊園などがまとめて行ってくれます。 最近では、「お墓の承継者がいない」、「お墓のことで子どもに負担をかけたくない」、「お墓を建てる費用の工面ができない」などの理由から合祀墓を選択している方が増えているようです。 この記事では、合祀墓をご検討されている方に向けて、合祀墓にするメリットやデメリットをまとめています。また、さまざまある合祀墓の形態や、合祀墓で行われる永代供養とはどのようなものか、寺院や霊園の供養方法の違いなども、詳しくご紹介します。
お墓の費用

お墓の購入にローンは使える?金利の相場はどのくらい?

お墓の購入や買い替えは一生のうちに何度も行うことではないものの、これから新たに建てる場合は一定の金額が必要になってきます。 建墓にかかる費用としては、まず墓石の購入費と土地の使用料(永代使用料)・管理費などのほか、墓石に俗名・戒名・没年月日を刻む加工賃、墓所に墓石を設置するための作業料などがあり、諸々を合わせると一括払いでは負担が大きくなりがちです。 そこで近年では、建墓専用の「メモリアルローン」などが注目されています。年金生活の方も利用できるものや、ボーナス払いに対応している銀行ローンなども人気です。 ここでは、お墓の新設やリフォームをお考えの方にぜひご一読いただきたい、お墓のローンに関して紹介します。
お墓の費用

納骨堂の費用 – 種類・形式と価格相場をご紹介

納骨堂とは、骨壷に入った遺骨をそのまま納めておく建物のことです。納骨堂は、公営霊園やお寺、寺院の中に設置されていることが多いです。最近では、駅から近い場所に納骨堂が設けられることも多くなってきました。また、納骨堂は一般的なお墓と違って、墓石が不要です。そのためコストを抑えることができます。近年では、お墓を相続する家族のいない方が、納骨堂のあるお寺や寺院に永代供養を頼むことも多くなっています。今回は、そんな納骨堂の永代使用料や管理料といった費用の支払い相場をご紹介します。納骨堂の利用について気になっている方はぜひ参考にしてみてください。
お墓の費用

【よくわかる】樹木葬の費用 – その内訳、埋葬方法別の相場を徹底解説!

樹木葬にかかる費用についての解説記事です。費用や内訳、埋葬方法別の費用相場、オプションサービスにかかる費用など、樹木葬を購入する際に必要になる費用について詳しく解説しています。なぜ一般的なお墓よりも安いのか?そんな疑問にもお答えします!
お墓の費用

永代供養の費用・金額を抑える方法は?種類別に相場を紹介

「永代供養(えいたいくよう)」とは、さまざまな事情でお墓参りが難しくなってしまった場合に、お寺や霊園が、親族に代わって故人を手厚く管理・供養してくれるというものです。 一般的には、墓所ごとに供養の回忌が定められており、一定期間が過ぎた遺骨は「合祀墓(ごうしぼ・ごうしばか)」に移されますが、個別タイプもあります。 費用は埋葬形式やお墓の種類によっても異なり、「2017年度 お墓の消費者全国実態調査」によれば、永代使用料や墓石代のほか、工事代金など諸々を合わせた平均額は92.1万円となっています。 一般墓に比べて安価で、管理に安心感があることから、納骨堂や樹木葬などと並んで、近年注目されている様式です。
お墓の費用

お墓にかかる費用 – 地域別の墓石・永代使用料の平均価格は?

お墓を購入することはめったにないことですから、費用がいくらかかるのか不安な方も多いのではないでしょうか。最近では、ネットで格安の値段の墓石を販売している石材店もありますが、霊園や寺院への永代使用料・管理費、開眼法要の費用など、お墓を建てる際にはさまざまな費用が必要です。また、石材やデザイン、区画面積によって、金額も異なります。 ここでは、お墓を建てるときにかかる費用の相場についてまとめました。
お墓の費用

お墓の永代使用料と使用権 – 承継方法や手数料など

お墓を建てる際には永代使用料を支払い、お墓を建てる土地を確保します。一般的に不動産の売買では土地そのものの所有権を買うことができますが、お墓においてはあくまで墓地の所有者からその土地の使用権を取得するという扱いになっています。また、お墓や仏壇などは、法律上「祭祀財産」と呼ばれ、使用者が亡くなった場合は民法の規則に従って承継されます。近年は核家族化などによってお墓を受け継ぐ人が減少しているため、墓地の使用権に関する親族間の揉め事も少なくありません。ここでは、お墓の使用権の承継方法や手数料など、使用権にまつわる基礎知識について解説します。
お墓の費用

お墓の管理費や維持費の疑問 – 支払い方法と費用相場/滞納したらどうなる?

お墓を購入するまでは色々と考えていても、購入後に忘れてしまいがちなのがお墓の管理費の支払いです。ほとんどの霊園や墓地では毎年支払わないといけない管理料ですが、金額もそんなに大きくなく、特に手動で支払っている場合は忘れてしまうかもしれません。しかし、この管理費が未払いで滞納のまま何年か経過すると、お墓の保守・管理がされなくなり、使用権を失ってしまう可能性もあります。お墓は決して安いものではないので、管理料の未払いで使用権を失ってしまうのは避けたいところです。そこで、ここではお墓の管理費とその用途、支払いの際に気をつけるべき点などについて解説します。
☎お墓探しの相談をする