お墓の引越し(改葬・移設)

2018年7月17日

「実家の墓地は遠くてお墓参りが大変」
「寺院の墓地にお墓があるが、民営霊園に移動したい」

お墓の引越しは「改葬」と呼ばれているのですが、そのような言葉があるくらい昨今では一般的なことになっています。その背景には、仕事の事情やライフスタイルの変化により、一つの場所に定住し続けるのが難しくなってきていることがあります。

しかし「改葬」は、自分の都合だけで勝手にできるものではありません。移転元や移転先での承認を得るほかにも、さまざまな手続きを行わなければなりません。

現在あるお墓から魂を抜き、新しいお墓に魂を入れるという供養も必要になってきます。また、古い墓石は、必ずしも新しい墓所へと移動できるとは限りません。移動できるとしても、撤去費や移動費、設置費が掛かってきます。

皆さまそれぞれのご事情や地域などにより、対応すべき内容は異なってきます。
お墓の引越しを考え始めたら「いいお墓」までお気軽にお問い合わせください。

注意点
    • お骨だけでなく、墓石(石塔・石碑)の移設も希望する場合は、移転先の霊園・墓地が移設を許可しているかどうかを事前に確認しておく必要があります。

      ※墓石の受け入れが可能な墓所は限られています。

改葬時の墓石(石塔)の持込が可能な霊園・墓地

    • お墓の引越し(改葬)をする場合、移転元墓所の「現状回復義務」(元の更地に戻すこと)があり、諸費用(墓石撤去料、回復の際の工事費)は自己負担しなければなりません。
    • 移転元の永代使用料は返還されません。
    • お墓やお骨を勝手に移動することは法律で禁止されています。所定の手続きと法律に則って行う必要があります。

法律や規則・契約

5/5 (1)