両家墓とは?【Q&A】

Q.私たち夫婦は長男長女同士のため、両家のお墓を二人で守っていかなければなりません。そこで、夫の実家の墓に一緒に埋葬し両家墓にしたいと思っています。その際の改修計画の方法などについて教えてください。

回答

まず、両家墓にする場合には、寺墓地と霊園とでは状況が違ってきます。

寺墓地は、その寺の檀家となることが前提となるので、両家の宗旨・宗派を確認する必要があります。もし両家の宗旨・宗派が違う場合は、改宗しなければならないケースも出てくるでしょう。事前に、住職に相談してみることをお勧めします。石碑の文字に関しては、両家の家名を棹石に彫る場合や、仏名や宗派の題目を棹石に刻み台石に両家の家名を彫るなどの方法があります。

霊園は、宗旨・宗派を問わないため、両家の宗教が異なったとしても建立は可能となります。棹石に両家の家名を刻むこともできますし、洋型墓の場合は石碑に両家の家名や好きな言葉を彫るという方法もあります。

実際に家名や文字を刻む場合には、既にある棹石や石碑は替える必要がでてくるでしょう。その際には、建立後あまり年月を経ていないことが条件になってきます。年月が大分経っていると、見た目の経年変化や、石質の変化などを生じている場合が考えられるからです。棹石を替えたが全体の色バランスが悪い、作業中に台石などが崩れてしまったなどということにもなりかねません。そのため建立した石材店と相談して、現在の墓の状態を必ず確認をして、改修計画に取り掛かってください。
また、棹石のみの建替え、石碑の建替えのいずれの場合でも、現在の石碑を外す時と、建替えた時の両方のタイミングで、魂抜き、魂入れの儀式を行うことになります。

☎お墓探しの相談をする