墓石の石種についての基本的な知識について教えてください。【Q&A】

Q.墓石の良しあしは素人にはなかなか判断がつきにくいもの。そこで、墓石を購入する際に役に立つ、石種についての基本的な知識について教えてください。

回答

お墓は何代にも渡って子孫に受け継がれていくものです。したがって、墓石には風化しにくい石を選ぶことが大切になってきます。風化作用に強く、磨くと光沢が出る石材として知られているのは、花崗岩、安山岩、閃緑岩(せんりょくがん)、斑糲岩(はんれいがん)などです。よく御影石(みかげいし)という名前を耳にしますが、御影石とは花崗岩の総称です。六甲山嶺の神戸市御影付近が産地として有名だったため、そう言われているのです。
御影石は墓石として最も人気があります。国内産地としては茨城県(稲田みかげ)、山梨県(甲州みかげ)、愛知県(三州みかげ)、香川県(庵治石)、山口県(徳山みかげ)などが知られていますが、現在は中国やインドを始めとする外国からその多くを輸入しています。
一般的に、硬くて、吸水性が低い石ほど、耐久性に優れているといわれていますが、「硬さ」や「吸水性」のほか、「艶」「班の模様の密度」「色調」などのポイントを自らチェックしてみるのもよいでしょう。しかし、石種は嗜好性も強いので、実際にサンプルを手にとって直感で選んでみるのも1つの方法です。また、出身地などゆかりある土地から産出される石種を選択するという方法もあります。石調に関しては、概して、関西は白系統、関東以北では黒系統の墓石が好まれる傾向があります。
墓石の良しあしは素人にはなかなか判断がつきにくいこともあります。そこで、基本的な知識を身に付けた上で、信頼できる石材店や営業マンの教えを請いながら選定していくということも選択肢として考えてもよいかもしれません。

5/5 (2)