樹木葬墓地の購入を考えています。【Q&A】

Q.自分自身の死後は「樹木葬墓地」で自然に還りたいと思い、樹木葬墓地の購入を考えています。一方、先祖代々のお墓もあります。私は子どもたちに墓守や先祖供養の儀式を義務付けたくないのですが、夫はどちらでもよい、というか子どもが継ぐのが当たり前と考えているようです。先祖代々の墓との折り合いはどのようにしておられるのでしょうか。

回答

同じような望みをお持ちの方は増えていると思います。 しかし、お墓をめぐる環境がなかなか追いついていないというのが現状のようです。
子供さんがいらっしゃる場合は、やはりお子さんにお墓を承継させることがほとんどです。 「自然に還りたい」という場合、樹木葬、もしくは散骨という選択があります。散骨は、たいていは一部を埋葬、一部を散骨しますが、埋葬を一切せずに散骨するという選択もあります。 ただし、樹木葬の中にも年間の管理費が必要なケースもあります。
一方、「子孫にお墓の承継(供養や費用)を義務付けたくない」という場合は、永代供養墓という選択があります。今ある先祖代々の墓に関しても、承継させたくなく、無縁にもしたくないなら、永代供養墓(樹木葬)に移すこともできます。現在の菩提寺に永代供養墓があればそこに、なければ他の墓地になります。 ご主人とよく話し合われると宜しいかと思います。

4.67/5 (3)

☎お墓探しの相談をする