新しいスタイルのお墓を教えてください【Q&A】

Q.新しいスタイルのお墓を教えてください。マイナーなものでもかまいません。

回答

どういった意味で「新しい」かによって様々に捉えることができますが、いわゆる「家墓」と呼ばれる一族で代々受け継いでいく形式のお墓に対し、「両家墓」と呼ぶ新しい形式のお墓が登場しています。一人っ子の増加の影響で夫婦両方がそれぞれの家墓を継承しなければならなくなり、その負担を軽くしたいというのが背景にあります。

物理的に墓石のスタイルが新しいという意味では和型・洋型とは異なる「デザイン墓」が現れています。「世界中でただ一つの自分らしいお墓」ということで話題になりましたが墓石の代金が膨れてしまう点が難しいところです。

墓所のスタイルが新しいということでは、欧米でよく見られる「芝生墓地」や「壁墓地」があります。「芝生墓地」の場合、欧米では広い開放的な芝生にプレート型の墓石が埋め込まれているのをよく見かけますが日本では洋型墓石を据えることが多いようです。なお、最近では公営霊園でもスペースの問題から「壁墓地」が導入されるところが出てきました。

少子化や未婚化の影響でお墓の継承者がいない、死後に子供に負担をかけたくない、居住地の近くにお墓を持つのが経済的に困難等の事情から、親族に代わってお寺が供養を行っていく「永代供養墓」が急速に増えてきました。
形態は、墓や納骨堂の個室に骨壷ごと安置される個別型・多くの骨壷を大きなカロートにまとめて埋蔵する集合型・骨壷から出され他の人の遺骨と一緒に埋蔵される合葬型の3つの埋葬方法があります。
また、昔から宗派の本山に分骨する慣わしがあり、これを「本山納骨」と呼んでいましたが、近年では全骨を収める場合が増えてきました。この場合は合葬のみです。後に述べる「手元供養」との組合せで分骨するスタイルも人気です。

以前はお墓を用意するまで一時的に遺骨を預かってもらう意味合いが強かった「納骨堂」ですが、昨今では墓地への埋葬を予定しない「永代供養墓」として使われることが増えています。このあたりの事情から「永代供養墓」と「納骨堂」の言葉の使い分けに混乱があるのが現状です。
また、「納骨堂」の一種ながら従来のお墓形状を取る「堂内陵墓」とか「屋内立体墓」と呼ばれるものも出てきました。通常のお墓参り感覚で参拝できることが人気を呼び、都市部の寺院墓地で見られるようになりました。

お墓の形態が多様化するとともにそれらと組み合わせて増えてきたのが「手元供養」とか「自宅供養」と呼ばれる遺骨を自宅に安置またはアクセサリー等で身につけるというスタイルです。特に、遺骨がどこにあるか特定しにくい合葬型の「永代供養墓」や「本山納骨」「散骨」の場合に、分骨によって「手元供養」を組合わせるのが人気です。

墓石を使わず遺骨を直接自然に帰したり、墓標として人工物を用いない「自然葬」も様々なバリエーションが増えています。遺骨を粉末上にした上で海に撒く「海洋散骨」が有名ですが、木の下に埋める「樹木葬」、さらには樹木葬と散骨の複合形態として植樹した山や島の土地に撒く…などさまざまです。今後も色々な形が出てくることでしょう。
なお、これらは火葬が前提ですが、スウェーデンでは特殊な冷凍法で凍らした遺体を粉砕して土に埋める新しい形の土葬形式での「樹木葬」も実現に向かっています。
また、1997年以降アメリカではロケットを使って宇宙に送る「宇宙葬」が数度行われています。

また、遺骨を納めるものではないですが、インターネット上のサイトに故人の写真などをアップロードし参拝の対象とする「インターネット霊園」・「サイバー墓」も現れました。最近では、実際のお寺がリアルの納骨堂等のサービスにつながる形で、「インターネット霊園」自体は無料で展開する形が一般的になっています。

5/5 (1)

☎お墓探しの相談をする