法要や供養のやり方・進め方はだれが決めるべきなのでしょうか?【Q&A】

Q.法要や供養のやり方・進め方はだれが決めるべきなのでしょうか?
親戚の方からいろいろと口を出されて困っています。

回答

法要の具体的な手順といった事柄に関しては地域の慣習によることが多く、また宗旨宗派によっても様々に異なりますのでこれが正解ということはお答えしかねます。
やはり、お付き合いのあるお寺さん、又は法要にいらっしゃったお寺さんにまずはご相談されるのが確実と思います。

ただ、法律では「祭祀(さいし)を主宰すべき者」という概念があり、祭祀に係る財産を承継すると規定されています。簡単に言えば家系図、仏壇、仏具、祭壇、祭具及び、墓地、墓石等といった財産の所有権を受継ぐということです。この規定は、この者がお墓や供養といった祭祀事に関して主導する役割を担うという前提に立っていると考えられます。

親戚の方々やお身内で意見の相違がありなかなかに意見がまとまらないといった場合、基本的に上記「祭祀の主宰者」がどう供養されるかを決めていくのが筋とは思われます。

但し、親戚の方々との人間関係等に対する配慮も重要でしょうから、そのあたりのさじ加減についてはなんとも申し上げられないところです。

5/5 (3)

☎お墓探しの相談をする