お墓と宗派 – 葬式や納骨での仏教各派の違いとは?

日本は仏教が主流ですが、仏教の中に宗派が数多くあり、宗派によって葬式やお墓の形が違います。特に近年は核家族化が進み、自分の宗派を知らない方も多くなってきているため、宗教と実生活の関係性が薄くなってきているかもしれません。しかし、宗派について知らないと、嫁ぎ先の納骨事情や他宗派の葬式に参列する場合など、葬儀に関わる際に困るかもしれません。トラブルを未然に防ぐためにも、宗派の違いや簡単なしきたりの違いについて知っておくことは大切なことです。

 

ここでは代表的な宗派の歴史と、各宗派の葬儀やお墓とそれらに関連した違いについて説明します。

宗派とは

宗派とは、それぞれの宗教において教義、信仰対象などの違い、歴史的経緯により生じた分派をさします。仏教では、歴史的に整理すると奈良時代に三論宗・法相宗・華厳宗・律宗・成実宗・倶舎宗の6宗があり、平安初期に天台宗、真言宗が開かれました。また鎌倉時代には浄土宗、融通念仏宗、浄土真宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗、時宗が開かれ、さらに江戸時代には黄檗宗が中国から伝わりました。ただ、これらは時代を経て統合や分派を繰り返し、現在では数百にものぼる宗派が存在しています。こちらでは、まず日本の代表的な十三宗派を紹介します。

日本の代表的な十三宗派

日本には代表的な十三宗派があります。大きく分けて5つの系統に分類され、それぞれの宗派が属しています。

奈良仏教系は南都六宗といわれ、華厳宗・法相宗・律宗が分類されます。奈良時代、平城京を中心に栄えた宗派です。

平安仏教は、主に平安時代に開かれた真言宗と天台宗の二宗を指しますが、融通念仏宗も含まれる場合もあります。

鎌倉時代にはさまざまな宗派が生まれます。浄土系には、浄土宗・浄土真宗・融通念仏宗・時宗が分類され、観仏や念仏によって浄土に往生するという教えに基づいています。日蓮が開いた日蓮宗は法華経を経典とし、法華系に分類されます。禅宗も鎌倉時代に武士や庶民を中心に広がりました。曹洞宗・臨済宗・黄檗があり、坐禅などの修行を中心に行います。

これらはそれぞれの教えの違いなどから分かれており、各宗派でお墓や葬儀に関する考えが異なる場合もあります。

各宗派のお墓の違い

お墓については、各宗派によってお墓の形が変わることはありませんが、墓石に刻まれる文字は異なります。これは各宗派によって教えが異なり、戒名などが違ってくるためのもので、お参りする際に唱えるお言葉にも宗派によって違いが見受けられます。お参りやお墓の建て方などについては宗派による差はほとんどありませんが、浄土真宗など一般とは異なる決まりがある宗派もあります。

ただ現在では一般的に、家名や題目・念仏などを刻むほか、新しい形のお墓の中には、故人の好きだった言葉やメッセージ性のある文言など好きな文字を刻んだものも見受けられます。

このような自由な形式でお墓を建てる際には、事前にお寺に相談することをおすすめします。宗派の決まりや、お寺の考え方など、思わぬトラブルの元となる可能性も考えられます。

葬儀における宗派の違いと気遣い

宗派によって異なるのはお墓だけではありません。

葬儀に参列する際には相手の宗派を確認する気遣いが必要になるほか、ご自身が当事者となる際にも今一度、ご自分の宗派の確認や菩提寺、お寺様などへ作法などの確認をしておくと、思い違いによるトラブルなどが未然に防げます。

各宗派の葬儀で用いられる数珠について

お葬式に参列する際には、宗派ごとに、数珠やお焼香やお焼香の際の作法などの注意点があります。

今回は仏事に欠かせない仏具の一つである数珠について説明します。数珠は大きく分けて略式と呼ばれる一重のものと、本式と呼ばれる二連のものがあります。宗派によって使用する数珠が異なりますが、一連の数珠(略式)は一般的にどの宗派でも使用できます。二連の数珠(本式)は真言宗、浄土真宗、日蓮宗、曹洞宗、臨済宗、天台宗、浄土宗で用いられます。

ただし、数珠の種類は参列する宗派に合わせるところまでは求められていません。ご自身の宗派の仏具で、他の宗派の葬儀に参列することはマナー違反とされていませんので、あまり気にしなくてもよいでしょう。

宗派とお焼香の違いについて

葬儀の際に最も異なるのがお焼香です。それぞれの宗派によってお焼香をおしいただく回数が一度の場合、二度おしいただく場合、三度おしいただくと変わってきます。また、おしいただくという行為自体がない宗派もあります。

具体的には天台宗・真言宗・日蓮宗では三度、臨済宗、曹洞宗では二度、浄土真宗では大谷派と本願寺派で一度と二度に回数が分かれますが、おしいただくことはありません。

また、これらは宗派ではなく葬儀社やご遺族の判断から、葬儀の際にお焼香はお一人様何度まででお願いしますとアナウンスされる場合もあります。

まとめ

日本における仏門の代表的な宗派を、その宗派によって異なるお墓の違い、葬儀に参列する際、当事者として葬儀を出すときの注意点、使用する仏具やお焼香のしきたりの違いなどについてまとめました。当事者として葬儀を出す場合も、葬儀に参列する場合も、事前に確認して作法を守って参列したいものです。

お墓や葬儀に関するお悩みは、お気軽にお問い合わせください。

仏教宗派別:お墓の特徴、お墓参りの方法

天台宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
天台宗とは、最澄によって開かれた比叡山延暦寺を総本山とする仏教の宗派で、法華経を中心にしながら千年以上の歴史を紡いできました。禅や戒、念仏、密教などの教えを包括する四宗兼学というスタイルをもち、さまざまな宗派のことを学べる総合宗派とされています。 今回は、そんな天台宗のお墓の特徴や、お墓の建て方、お墓参りの正しい順番な...
浄土宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
ご先祖様を供養する大切なお墓。宗派によってもお墓のスタイルや墓石の文字には少しずつ違いがあり、自分の宗派のお墓を建てたい場合、どんなお墓を建てれば良いのか気になることと思います。 ここでは浄土宗のお墓の探し方、墓石に刻む文字や形などの特徴、納骨やお墓参りの仕方、それに伴う注意事項などをご説明します。
浄土真宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
浄土真宗とは、浄土宗の開祖・法然の弟子である親鸞が教えを広めたものを、後に弟子が宗教として独立させた宗派です。またそのお墓には、独自の教えに基づく特徴やお参りの仕方があります。 この記事では、新しく浄土真宗のお墓を建てたいと考えている方のために、浄土真宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などについてご紹...
曹洞宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
曹洞宗とはお釈迦様を本尊として仰ぐ禅宗の一派です。そのお墓の特徴や、お墓参りの際心がけたいマナーを知っておくことは大切です。お墓に刻まれる文字やお供えの花やお線香の本数には厳格な決まりごとがあるのでしょうか。お墓はご先祖様が眠る大切な場所ですから失礼のないようお参りしたいものです。 この記事では、曹洞宗のお墓の特徴や霊...
臨済宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
臨済宗とは、中国禅宗の五家七宗の一宗派で、鎌倉時代に明庵栄西が日本に広めました。曹洞宗、黄檗宗とともに、日本三大禅宗の一つに数えられます。 念仏を唱えることで救われるのではなく、坐禅をすることで悟りを得ることこそ、極楽浄土に繋がるという教えです。 この記事では、臨済宗のお墓の特徴、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方...
日蓮宗のお墓 – その特徴とお墓参りの方法/墓所のご案内
日蓮宗は鎌倉時代中期に日蓮聖人によって開かれた仏教宗派です。鎌倉仏教の一つに数えられ、日蓮法華宗あるいは法華宗とも呼ばれます。 日蓮宗では、法華経こそが唯一の釈迦の教えであるとし、「南無妙法蓮華経」を唱えることで救われると説いています。 この記事では、日蓮宗のお墓の特徴や、お墓を建てた際の供養、お墓参りの仕方などにつ...

仏教宗派別:本山納骨、各派本山の紹介

本山納骨とは – 特徴と注意点/各宗派本山の納骨案内
本山納骨(ほんざんのうこつ)とは、各仏教宗派の本山(開祖の廟所=墓所があるところ)に遺骨の一部または全部を埋葬して供養するという葬送方法です。 浄土真宗での本山納骨が有名ですが、浄土真宗以外でも本山納骨は行われています。分骨して遺骨の一部を納めることが多いですが、すべての遺骨を納める全骨納骨を受け入れている本山もあり...
5/5 (7)

☎お墓探しの相談をする