ニュース

ニュース

【10月31日まで!】見学予約でAmazon5,000円分ギフト券が当たるキャンペーン

今なら期間限定で初めて見学予約された方に抽選で10名様にAmazonギフト券5,000円分をプレゼント!キャンペーン期間内に是非見学予約してみてください! キャンペーン詳細 特典内容 受付期間内に初めていいお墓で見学予約を...
ニュース

【10月31日まで!】資料請求でAmazon10,000円分ギフト券が当たるキャンペーン

\このキャンペーンはこんな人にオススメ/ お墓の検討をはじめた方:何から始めたら良いかわからない…等 お墓の購入に悩んでる方:どの霊園が合っているのかわからない…等 お墓探しを始めても、どういう風に進め...
ニュース

【10月15日まで!】見学予約でAmazon20,000円分ギフト券が当たるキャンペーン

今なら期間限定で初めて見学予約された方に抽選で5名様にAmazonギフト券20,000円分をプレゼント!キャンペーン期間内に是非見学予約してみてください! キャンペーン詳細 特典内容 受付期間内に初めていいお墓で見学予約を...
ニュース

都立霊園の倍率はどのくらい?【2019年度抽選結果まとめ】

都立霊園には毎年募集数以上の申し込みが殺到するため、抽選が行われています。2019年度は8月21日(水)に新宿区立牛込箪笥区民ホールで公開抽選が実施されました。 2019年度は「多磨霊園」「小平霊園」「八王子霊園」「八柱霊園」「青山霊...
ニュース

【ドラマで話題!】フレンチレストランがあってもおかしくないお墓!?都内のオシャレな霊園が気になる!

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』でロケ地となった霊園をご紹介!全国各地のガーデニングがオシャレな霊園もここから探せます!
ニュース

「都立霊園」抽選落選者の約7割が「民営霊園」を購入!

本年2019年は8月21日(水)に抽選結果が発表される都立霊園ですが、毎年応募が殺到しており、平成30年度の抽選会では、最も応募倍率の高い人気区画が35.1倍、平均倍率が5.2倍と狭き門であることが知られています。 2019年度は「多...
ニュース

小林秀雄のお墓 – 東慶寺(鎌倉市)【著名人が眠るお墓】

お墓には物語があり、古を生きた人々の生きざまが詰まっています。 今を生きる私たちがお墓に教えられることは図りしれません。 「著名人が眠るお墓」、ここではそんなたくさんの物語を紐解いていきます。 文:吉田広行(よしだひろゆき) ...
ニュース

【イベントレポート】話題の「リゾート葬」を巡るバスツアーを開催しました。

「いいお墓」は、2019年3月17日に厳選したリゾート葬をバスで巡るツアーを開催致しました。 実際にリゾート葬をご覧いただくことで、後悔のないお墓選びをサポートします。 霊園見学以外にも、周辺観光の案内やご当地グルメを楽しむことができ、...
ニュース

今話題の「リゾート葬」とは – 観光やグルメ、旅行を満喫できるお墓

リゾート葬は、「週末を利用して旅行気分でお墓参りにいきたい」といった方が、お参りと一緒に観光や癒しのひとときも楽しめるお墓として選ばれており、「お墓が遠方にある」「忙しくて機会がない」などの理由でお墓参りがなかなかできなかった方でもお墓参りがしやすい霊園としても、近年人気が高まっています。
ニュース

門跡寺院とは – 主な門跡寺院と納骨・供養のご案内

門跡(もんぜき)寺院とは、皇室一門や公家の方が出家して住職を務める寺院のことをいい、古くより皇室と関わりのある格式高い寺院とされています。 「門跡」とは元来、「門葉門流」の意味で、開祖の正式な後継者のことを指す言葉でしたが、平安時代に宇多天皇が仁和寺で出家し、御室(おむろ)を造営して住み、それを「御室門跡」と称して以来、皇族や公家などが出家して寺主となる寺院を「門跡」と称するようになり、格式高い寺院を表す称号へと変化しました。 この記事では、主な門跡寺院をご紹介するとともに、門跡寺院での納骨や供養の情報を載せています。
ニュース

日本百観音とは – 西国・坂東・秩父の観音巡礼

日本百観音(にほんひゃくかんのん)とは、西国三十三所・坂東三十三所・秩父三十四所を合わせた100カ所の観音霊場のことをいいます。なお、百観音の結願寺(巡礼の最後の寺)は秩父の第三十四番「水潜寺」とされ、巡礼者はすべての札所を巡拝した後、善光寺(長野県長野市)と北向観音(長野県上田市)にお礼参りをすることが慣わしとされています。
ニュース

お墓はいらない!?お墓を建てない新しい供養の形とは

お墓には、ご先祖様が眠る場所、家系のシンボル、ご先祖様を敬う場所など、人それぞれイメージがあるかと思います。 現代では、考え方が多様化してきて、「お墓はいらない」と考える人も増えてきています。また、どの宗教にも信仰を持っていない人も、お墓を建てないことが多くなっています。 お墓を建てない場合、どのような供養の方法があるのでしょうか。この記事では、お墓を作らない選択をした方のための新しい供養の形を紹介していきます。
ニュース

墓相学とは?その意味と気になるお墓の吉凶

墓相は占いの一種でさまざまな見方があり、墓石の建立の際などの参考にされています。 そこで今回は、墓地の向きや形、色、大きさなどの観点から吉凶が分かる墓相についてご紹介しています。お墓の建立や改葬を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。
ニュース

人気のお墓めぐり&説明会バスツアーレポート

普段、ちょっと敷居の高い「お墓の購入」ですが、「いいお墓」では、より気軽にお墓さがしをしていただくため「人気のお墓めぐり&説明会バスツアー」と題したお墓の見学会を実施いたしました。 途中法要施設でのランチを挟みつつ、3箇所の霊...
ニュース

お墓のレンタル/将来に柔軟に対応できる注目の「レンタル墓」

核家族化や供養のあり方の多様化などが進んだ現代、お墓の購入に二の足を踏んでいる方もいるのではないでしょうか。そのような場合の選択肢として、「レンタル墓」が注目されています。一定期間お墓の貸し出しを行うサービスで、墓石のみの貸し出しと墓地も含めた貸し出しの2種類があります。原則として契約時に期間を決めますが、事情によっては途中で契約解除したり、更新したりすることもできるため、さまざまな状況に柔軟に対応できます。購入するよりも安い料金で利用できほか、契約期間満了時にも撤去費用がかからないなど、将来の心配が少ないのも嬉しいところです。ここではメリットやデメリットなど、近年増えてきているお墓のレンタルの気になる内容を紹介します。
ニュース

お墓の展示会を上手に活用!理想のお墓を手に入れよう

お墓(墓石)の展示会は、石材店などが定期的に開催しています。数多くの出展社の中から興味をもったブースへ足を運び、普段話す機会の少ない専門家に、デザインや種類について無料で相談することができます。墓石についての悩みを解決できたり、実際に墓石を見て家族で話し合ったりする機会にもなるでしょう。具体的に場所や予算が決まっていれば、それに合わせた紹介をしてもらえることもあります。格安のお墓から高品質な石材を扱っている石屋などまで種類が豊富で、自分たちの希望に合わせた墓石を、納得したうえで購入することができるでしょう。この記事では、これから墓石を購入しようと考えている方に向けて、展示会でのお墓の選び方について紹介します。
ニュース

六地蔵とは – お墓参りで見かける6体のお地蔵様の意味

六地蔵とは、お地蔵さまが六体並んでいる像のことです。お墓参りに行くと、お地蔵様を見かけることがあると思います。ほとんどの場合は、1体ではなく、6体並んでいらっしゃるのですが、見過ごしている方も多いのではないでしょうか。このお地蔵様がお墓にいらっしゃるのには、ご先祖様や亡くなった家族、友人にもかかわる、深い意味があるのです。今回は、お地蔵様についてご紹介します。
ニュース

沖縄のお墓事情 – 特徴的な形と大きさの理由

沖縄のお墓は、日本国内における一般的なお墓の形式とは違い、形が特徴的で、独特の文化や風習を併せ持っています。初めて観光などで沖縄を訪れた人は、見慣れないお墓の形式や大きさに驚く人も多いのではないでしょうか。このページでは、普段、あまり知る機会のない沖縄のお墓の文化や特徴、歴史、お墓にまつわる課題などについてわかりやすく説明します。
ニュース

海外の墓石 – 外国産墓石材の種類と特徴

外国産の墓石用石材は、中国やインドだけでなく、ヨーロッパやアメリカ、韓国など世界中から輸入されていますが、近年は世界各国の原石が中国に輸出され、中国で製品化されてから日本に輸入される傾向が強くなっています。 ここでは、海外の墓石について、それぞれ主な輸入先とその国の墓石材の特徴を紹介します。
ニュース

インドの墓石 – インド産墓石材の種類と特徴

インドの石材は硬く色艶がよいのが特徴ですが、安定性に欠けるため、量的にはインドからの輸入は減少傾向にあります。インド産石材は中国産石材と異なり、使用される石種がある程度限定されているのが特徴です。
ニュース

日本の墓石 – 国産墓石材の種類と特徴

山地と島部で構成されている日本列島は、石材が産出されない地域はなく、北海道から沖縄まで様々な石材が産出されます。国産の岩石は十数種、200種類以上の銘柄がありますが、近年では価格の安い中国産などの外国産石材に市場を奪われ、100銘柄以下になり、ほとんどの銘柄の採石量が減少しています。一方国産の銘柄でもブランドイメージの確立している石材は、高級墓石材として安定した需要を誇っているものもあります。
ニュース

中国の墓石 – 中国産墓石材の種類と特徴

石材が本格的に輸入され始めたのは約40年前。約20年前には中国・福建省で初めて日本の業者との合弁工場が設立し、墓石の加工が始められました。 その後、現在に至るまで、中国産墓石は原石においても製品においても、国内産とは大きな価格差を有し、品質面でも急速に改善されつつあるため、現在では墓石や外柵などの製品は圧倒的に中国産が多くなっています。
ニュース

お墓と宗派 – 葬式や納骨での仏教各派の違いとは?

日本は仏教が主流ですが、仏教の中に宗派が数多くあり、宗派によって葬式やお墓の形が違います。特に近年は核家族化が進み、自分の宗派を知らない方も多くなってきているため、宗教と実生活の関係性が薄くなってきているかもしれません。しかし、宗派について知らないと、嫁ぎ先の納骨事情や他宗派の葬式に参列する場合など、葬儀に関わる際に困るかもしれません。トラブルを未然に防ぐためにも、宗派の違いや簡単なしきたりの違いについて知っておくことは大切なことです。 ここでは代表的な宗派の歴史と、各宗派の葬儀やお墓とそれらに関連した違いについて説明します。
ニュース

お墓を建てたらお祝いをする?

お墓のお祝いとは、新しくお墓を建てたことを祝い、建てた方にご祝儀を贈ることです。自分のお墓を生前に建てることは「寿陵(じゅりょう)」と言い、古来より縁起がよいとされてきました。新しいお墓のお披露目は「建碑(けんぴ)式」、ご祝儀は「建碑祝い」と呼ばれています。いざというときに困らないためにも、お墓の建立にまつわる常識をしっかりと押さえておきましょう。
ニュース

四十九日の準備 – 日程と当日の流れ/参列者、服装、位牌など

葬儀が終わるとほっとする間もなく、すぐに四十九日法要の準備をしなくてはなりません。四十九日法要は葬儀同様に重要な仏事ですので、事前にしっかり準備して臨む必要があります。 四十九日の数え方は亡くなった日を一日目とし、四十九日目より前に法要の日程を設定するため、実はあまり準備期間がありません。また、四十九日法要にはどのような準備が必要なのか、知らないという方も多いのではないでしょうか。位牌や仏壇の用意、僧侶に渡すお布施、招く人への案内状、香典返し、お供えに対する引き出物など用意するものも多いため、早めの準備が肝要です。 ここでは、四十九日を迎えるに当たり、施主が慌てないように、法事当日の流れに沿って知っておきたい事柄をご説明いたします。
ニュース

お墓はいつからある?お墓の歴史と移り変わり

日本には故人やご先祖様を祀るためにお墓を建てる習慣があります。私たちはお盆や命日にお墓参りをして、故人の冥福を祈ったり、ご先祖様に感謝を表したりします。生活の一部となっているお墓ですが、いつから建てられるようになったのでしょうか。 お墓を建てる理由とその歴史、時代によって移り変わるお墓の形態などについて紹介しています。
ニュース

一周忌とは – お布施や香典相場、香典返し、当日の服装など

一周忌とは、故人が亡くなってから一年目の命日に行う法要のことです。 一回忌と間違われがちですが、一回忌は葬儀におけるおつとめのことを指し、亡くなったその年のことなので、一周忌とは異なるものです。 一周忌では、四十九日法要などと同じく、お供えに対する引き出物や香典返し、案内状、僧侶へのお布施など、準備しなくてはいけないものが数多くあります。四十九日と比べると時間的な余裕はありますが、参列者の都合を考えて1カ月以上前に案内を送付するなど、早めの準備が肝心です。 ここでは、一周忌を迎えるにあたって必要な準備や費用、お布施、香典・香典返し・引き出物の相場、また法要に招かれた時の服装やマナーについてご紹介します。
ニュース

生前墓は縁起がいいの?メリットや注意点、霊園見学のポイント

生前墓とは、自分や家族が亡くなる前に事前に建てるお墓のことで、最近の終活ブームで生前墓を建てる人が多いそうです。「寿陵」とも言われており、昔から中国・日本では、長生きや子孫繁栄など縁起の良いこととされています。また、亡くなった際に残された家族に経済的な負担がかからず、非課税相続財産となるので相続税の節税にもなります。しかし、遺骨が入っていなくても、開眼法要の費用や管理料が必要だったり、お墓にお参りしなければならなかったりなどの負担もあります。 この記事では、生前墓を検討中の方のために、生前墓のメリットや注意点、霊園見学会へ参加する際のポイントなどを紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
ニュース

増加する「無縁墓」- 撤去費用などで社会問題化/回避する方法は?

無縁墓とは、管理・承継する人がいなくなったお墓を意味します。たとえ縁故者がいたとしても管理費の滞納や支払いの拒否などによって無縁墓となるケースもあります。家族や供養のあり方の変化から無縁墓の数は年々増加し、撤去費用などが大きな社会問題となっています。近年では、将来無縁墓になってしまう事態を避けるため、または子孫の負担を軽減するために、お墓の整理を行う家族も増えてきました。いわゆる「墓じまい」や永代供養墓への改葬など、先祖供養の方法も多様化してきています。ここでは無縁墓の扱いに加えて、無縁化を避けるための選択肢と費用などについて解説していきます。
ニュース

無縁仏になると葬式や供養、お骨はどうなるの?

近年、無縁仏の扱いがしばしばニュースなどで問題となっています。無縁仏とは、引き取り手のいないご遺体、あるいは管理・供養する人のいないお墓のことで、家族関係や地域社会の希薄化などによって増加してきています。そのため、将来のことを考慮して永代供養墓や納骨堂の利用を検討している人も少なくありません。また、無縁仏となったご遺体の葬式は自治体が行いますが、遺骨や墓地の管理は基本的に自治体や寺院が引き受けます。ここでは、無縁仏となった方の火葬や埋葬はどのように行われるのか、あるいは無縁墓となったお墓の管理費用など、具体的な取り扱われ方について紹介します。
ニュース

実家のお墓は長男が継ぐ?次男や娘は?- 家族墓、夫婦墓、ケース別お墓選び

従来日本のお墓に対する考え方は、家族や血縁者がひとつのお墓に入り、それを代々受け継いでいくのが一般的でした。しかし現代では結婚の高齢化や離婚率の上昇、核家族化など、家族の在り方の変化に伴い、お墓を受け継いでいくことが難しくなってきています。言い換えれば従来の形にとらわれず、それぞれの家庭やひとりひとりのライフスタイルに合わせたお墓選びが可能となりました。
ニュース

墓石の産地、石材の種類 – 国産と外国産の違い

墓石の産地とは、墓石に使われる石が採掘されるところのことです。海外では中国やインドなど海外から輸入するものもあれば、国産の石材もあります。暮石にはその産地や石の種類によって、さまざまな特徴があります。 ここでは暮石の主な産地や特徴、石の種類や選び方について説明していきます。
ニュース

納骨堂ってどんな人が買っているの?購入利用者の意見を紹介

納骨堂は遺骨を納める施設です。以前はお寺の一角にある一時的に遺骨を安置するお堂のことを指していました。しかし、現在は核家族化が進み、先祖代々のお墓が遠方にあったり、子供に墓守の負担をさせたくないといった理由から、納骨堂の需要が高まっています。宗派が不問で永代供養もでき、お参りの際は個室で行うなど、さまざまな種類の納骨堂が建立されています。特に東京などの大都市では霊園タイプと並ぶ墓地として主流になるとも言われているほどです。とはいえ納骨堂は慎重に選ばないと場所によっては遺骨の扱いや費用、保管期間の面で不満が残ることもあります。ここでは納骨堂を利用するメリットおよびデメリットについて実際に購入した方の声を紹介します。
ニュース

お墓の由来 – 霊園・墓地・墓所の違いと言葉の成り立ちから現代のお墓事情まで

納骨堂とは、遺骨を納めるところです。以前は納骨堂というと、お寺の一角にある一時的に遺骨を安置するお堂を指しました。しかし現在ではお墓の一形態としての利用が多く、購入する人もたくさんいます。宗教不問、また永代供養をしてくれるところも多数あります。納骨堂を購入した方の声から、納骨堂についてご説明します。
ニュース

永代供養墓ってどんな人が買っているの?購入者にきくメリット・デメリット

近年さまざまな事情から永代供養墓を選択する人が増えてきています。永代供養墓は寺院や霊園が承継者に代わって供養や管理をしてくれるお墓のことで、継承者がいない方や、家族に面倒をかけたくないという理由から、近年需要が高まってきています。永代供養墓には、永代使用料が個別のお墓よりも比較的安い等、様々なメリットがあります。ただ、永代供養墓と言っても、遺骨を合祀・合葬するものから個別に保管するもの、また納骨する場所が地下だったり地上だったりと、種類がたくさんあります。自分が眠ることになるお墓ですので、少しでも満足のいくお墓にしたいものです。ここでは、永代供養墓についての解説と、実際に購入した人の意見などを元にした、選び方のポイントなどを解説します。
ニュース

歌碑・句碑のある墓所まとめ【百人一首編】

奈良時代から平安時代の和歌を集めて作られた、小倉百人一首。 藤原定家が小倉山で編さんした百人一首は、いまでも広い世代に愛されています。 歌碑を見ながら参ることのできる墓所を集めてみました。 花の色は 移りにけりな いたづら...
ニュース

【お寺散歩】世田谷のど真ん中に五重塔

世田谷のど真ん中に、五重塔があるのをご存知だろうか。 しかも、京都、醍醐寺にある国宝の五重塔を、図面からそっくりそのまま、サイズを約6分の1にして忠実に再現したものだ。 この五重塔があるのは、世田谷区弦巻のお寺『...
ニュース

檀家をやめたい!- 檀家のなり方と辞め方/メリットとデメリット

かつて日本では先祖代々の家に住み続け、先祖のお墓を守り続けるという習慣がありました。そのため、お墓を管理している寺院の檀家になり葬儀や法事を行うのが通常でした。しかし核家族化が進むことで、そのありかたにも変化が見られています。これまで檀家で...
ニュース

卒塔婆を立てるタイミング。知らずに立てていませんでしたか?

故人をしのぶための手段はさまざまあります。葬儀にはじまり、法要やお墓、卒塔婆を立てることもそのうちのひとつです。しかし、この卒塔婆を立てる意味というものを考えたことはあるでしょうか。ただ何となく立っているものであるから、自分も倣って立ててい...
ニュース

あの「三太郎」ここに眠る!昔話の主人公・伝説の墓まとめ

神話や昔話の登場人物たちの中には実在の人物をモデルにしたものもありますが、そのほとんどの実在性は確かめようがありません。 けれども日本各地には、昔話の登場人物たちのお墓だと伝えられている場所がいくつもあります。 真偽はともかく、その人物...
ニュース

敬老の日はとってもお得!都内の無料で楽しめるスポット

今年の敬老の日は9月18日 敬老の日は毎年9月の第3月曜日と定められています。 あれ?9月15日じゃなかった?!と思われた方もいらっしゃるのでは? 以前は9月15日の固定でしたが、ハッピーマンデー制度により2003年からは流動的な祝日...
ニュース

【今さら聞けない】お彼岸とは?お供えのお花の選び方【大人の常識】

日本では毎年、春分の日と秋分の日、そしてその前後3日ずつを加えたお彼岸の1週間は、先祖を供養する習慣があります。 これは、「仏の世界であり、ご先祖様がいらっしゃる彼岸と、生きた人の暮らす此岸が最も通じやすくなるのが、太陽が真東から昇り...
ニュース

「ぼたもち」と「おはぎ」の違い – 季節?材料?それとも…

お彼岸で意外と悩まれる方が多いこと、それは「ぼたもち」と「おはぎ」。そもそも「ぼたもち」と「おはぎ」の違いとは何か、そして、お彼岸で食べるべきなのは一体、どちらなのか……両者の違いを論じた記事は多数ありますが、ありすぎてよくわからないという状況に陥る方も少なくないようです。そこで今回は、「ぼたもち」と「おはぎ」の見分け方に関する諸説と、結論どう違うのかをまとめました。
ニュース

日本唯一の女性墓地設計家が手がけた新しいカタチのお墓「風の丘樹木葬」の墳墓完成!生前予約・埋葬予約者続々

八王子駅から10分(最寄り片倉駅)/継承者不要1区画54万円~/約5,700?(テニスコート約22面分)の広大な敷地 株式会社慈光 株式会社慈光(本社:東京都八王子/代表取締役:田辺静香)は、日本唯一の女性墓地設計家がデザインを...
ニュース

房総半島初、花と眠る樹木葬「いすみ庭苑」開園

2017年3月3日、千葉県いすみ市の「本迹寺」において、花と眠る樹木葬「いすみ庭苑」の開眼法要が執り行われました。株式会社アンカレッジがプロデュースする「花と眠る樹木葬」のシリーズとしては初めて、房総半島エリアでの展開となります。 6...
ニュース

お墓の引っ越し、墓じまいにも!遠くのお墓に「手持ち」で遺骨を運んでくれる新サービス!

永代供養墓や納骨堂、樹木葬など、承継者のいない方のために、ご家族に代わってお寺などが永代にわたって故人を供養してくれる、そんなサービスが付加されたお墓が増えています。 お墓の引っ越しや墓じまいにをきっかけに、こうした永代供養サービス付...
ニュース

樹木葬墓地は生前購入した方がお得?【お墓と相続税】

埋葬方法の一つである樹木葬の大きなメリットとして挙げられるのが費用の安さです。 基本的に墓石を立てる際には数百万円もの費用がかかり、経済的な負担がかかりやすいです。 しかし、樹木葬なら墓石を購入する必要がありません。 また...
ニュース

【日本初】ぎゅっ!と抱きしめたい!!お坊さんが考えた円柱墓”&”ってどんなお墓?

東京・江戸川区の證大寺が、2016年10月、日本で初となる円柱のお墓「&(安堵・あんど)」の販売を開始しました。 急激に進む少子高齢化によって、先祖代々から続くお墓を維持できない。これまでの戸籍に基づく家族や家庭といった考え方には収ま...
ニュース

【聞いてみました】プリンスのお墓は手元供養!オリジナル骨壺ペイズリーパーク製作秘話

2016年4月21日に亡くなった世界的ミュージシャン、プリンス(Prince Rogers Nelson)さんの終の棲家が完成しました。 10月6日、プリンスさんが数々の名曲を生み出した自宅兼スタジオ、ペイズリーパーク(Paisley...
ニュース

8月だけじゃなかった!さまざまなお盆の日

お盆というと一般的に8月の中旬の期間に行うというイメージを持っている人も少なくありません。 しかし、地域によってはお盆は8月ではなく7月に行う所もあり、それにはちゃんとした理由があります。 お盆の中には一般的なお盆の他に新盆(お...
☎お墓探しの相談をする