墓地を抜け出す~新たな樹木葬

墓地と言えば、どのようなイメージを持っているでしょうか。決して明るいものではなく、夜に至っては、幽霊の出没する所として怖いと言えるまでのイメージを持つ方もいるでしょう。

形が墓石であるのもそう思わせてしまう一因と言えます。しかし現在、今までのお墓のイメージを払拭するであろう形の埋葬方法が、人気を集めてきています。それが樹の根元に骨を埋める「樹木葬」です。

 

自然志向のお墓“樹木葬”

11
樹木葬は、自然志向の新しいお墓の形になります。高齢化社会によって広がるお墓の市場。さまざまな葬られかたがあって然るべきで、樹木葬はメリットが多く考えられる埋葬の一つです。墓地では表現できない明るさや美しさがあり、墓石型にはない、「循環」を意識したつくりになっています。

ただ埋められ、骨が土に還るのではなく、地球の養分となり、樹になり、花を咲かせます。

ブロックで樹の根元を囲ったユニット部品を使用した形態をツリー・ブロックと呼び、埋葬の数に応じた集合体をツリー・サークルと呼びます。ユニット部品を使用することで新設作業は簡素化や造形コストの軽減になり、値段も安価に。骨粉の肥培埋葬、つまり樹木や花を有効に育てる肥培施肥を打ち出した霊園もあり、これをフランチャイズ化する話もあります。

かなりの斬新さを感じるかもしれませんが、私達日本人の生活が、ずいぶん昔に着物から洋服に変わったように、供養の形も劇的な変化を迎える時代に突入したと言って良いのではないしょうか。

 

お墓のイメージを一新

12-2
樹木葬を展開すると、さらに世界は広がると考えられます。並木道やショッピングモール、ビル街のガーデン、公園や多目的ホールなど。墓石を使う霊園は余りにも多くそれが一般的ですが、故人の世界と私達の世界で一線を画していました。樹木葬はまさにそれに一石を投じています。

さらに社会貢献と利益商材を両立できる所に、希望を見出すことができます。「ブロックのツリー・サークル」と言う革命は、これからの新しい故人との繋がり方を考えさせてくれるものになりそうです。

 

 

5/5 (4)

☎お墓探しの相談をする