墓石について

2018年7月17日

霊園・墓地の場所が決まったら、墓石選びです。ここであらかじめ「墓石」のことを知って、イメージを喚起しておきましょう。
要望をある程度明確にしておけばその後の流れがスムーズになります。石の種類、形やデザイン他、普段あまり馴染みのない加工や工事、彫刻まで、「墓石」についての“いろは”をご説明します。

墓石の種類
お墓や墓石に使われる国内外の石材の種類や特長を解説します。

お墓の構成
お墓や墓石の基本構成について、石塔や外柵、付属品を解説します。

墓石加工
墓石加工の手順や事例について解説します。

お墓の工事(施工)
お墓の完成までの工事・施工、墓石や外柵の据付手順について説明します。

墓石彫刻
墓石に彫刻する文字や図案・戒名、書体などについて解説します。

チェックポイント
  • 石のサンプルを手にとってチェック(石の色合いや艶)
  • 実際に建っている3年以上経ったお墓からも、石をチェック(建立年月日から判別できます)
  • 石の種類、使用量、加工、施工などによって、費用が変動
  • チラシやインターネットでの表示価格だけで判断しない(前面に出しているものは標準的なもの多し)
  • 偏見は捨てる(国産=いい石、中国産=粗悪ということはありません)
  • 個性や想いの部分も大切に

注意点

「白御影石」「黒御影石」と単純に選ぶ方は少なくありません。

しかし、同じようにみえても御影石にも実にたくさんの種類があり、品質や価格の差も千差万別。

チラシ広告などでは、概して安い石種や標準的なものを前面に出していることが多くなります。

「石材を違うものにしたら、価格が2倍になった!」

「ちょっと石種を変えただけで値段が80万もアップした、なぜ!?」

ダイヤモンドの希少価値が分からない人はいませんが、墓石材に関しての価値や知識をもっている人は稀です。
霊園や墓石店さんのチラシやインターネット表示価格だけで、墓石を判断しないようにしましょう。