お墓の工事(施工)

お墓の形状や現場(地盤など)の状況によって異なりますが、工事には通常2~5日程度を要します。
工事日程は事前に確認しておかなければなりませんが、施工の途中経過を見学されると、表面ではわからない基礎部分やお墓のつくり、その過程がよくわかって安心ですし、自ず愛着も湧いてきます。
お任せする石材店には、完成写真だけでなく、お墓の施工途中の写真もお願いしてみてはいかがでしょうか。

墓石工事の手順

1.基礎工事

基礎工事とは図面に従い外柵や石碑を据付けるためにコンクリートの基礎を打つ工事のことです。
頑丈なお墓を建てるにはしっかりとした基礎工事が必要です。

基礎工事は地域の寒冷差や地盤の強弱、石材店によってもそれぞれ方法が異なりますが、耐久性と強度を向上させるため、鉄筋を配したりします。

基礎工事の手順としては、最初に30cmほど根切りをして、割栗(比較的大きいサイズの砕石)を入れてつき固めます。次に外枠を入れて鉄筋を組み、強度を向上させた後、コンクリートを打ちます。これで基礎ができ上がります。ちなみにコンクリートの厚みは地盤や墓所の大きさによって異なります。

2.外柵据付

基礎工事を終えると外柵の据付けを行います。
外柵にも様々な加工と積み方がありますが、外柵を三段に積む場合は、外柵の下石、中石、上石の合口にモルタルを流して順々に積み上げていきます。上石の上には塔婆立てや小柱などが据付けられます。
土を入れる前にカロートを据えます。カロートの大きさ、深さ、材質も地域によって様々です。カロートを設置し石碑据付工事後、土を入れると外柵は完成します。

3. 石碑(石塔)据付

基礎工事と外柵工事を済ませたら、芝台や拝石を据えます。
中台、上台を載せ、その上に棹石を建てます。棹石を建てた後、墓誌や物置台などの付属品を据付けて完成です。

4.完成検査

墓所完成後は完成検査を行います。

チェックポイント:耐震施工

日本は地震が多く、建築物と同様にお墓にも耐震性が要求されます。
墓石の耐震施工にはいくつかの方法がありますが、高強度のステンレス棒を入れて固定する方法や、ゲルで震動を吸収する技術もあります。また、簡単な方法としては、石専用の接着剤を結合部に用いるものもあります。
過去に発生した大地震でも、地震対策の取られた耐震墓石は軽度の被害で留まっているとの事例が報告されています。

☎お墓探しの相談をする