お墓と仏壇、何が違う?

2018年7月17日

昨年末、サイト『いい仏壇.com』が主催した、「手を合わせてつながる絆~お仏壇と家族のストーリー」コンテストで審査員の一員を務めさせていただきました。

仏壇にまつわるご家族の話をエッセイ+写真で応募してもらう企画です。
たくさんの文章を読みながらほんわかしたり、ホロッとさせられたりと力作ぞろいでした。

ところで、「仏壇」と「お墓」の違いといえば屋内か屋外か、納めるのは遺骨か位牌かなどが思い浮かびますが、これ以外に大事な点として「仏壇には〝ご本尊〟を祀ること」が挙げられます。

各宗派では主な信仰対象が決まっています。例えば真言宗なら「大日如来」、浄土宗なら「阿弥陀如来」。仏壇の上段には、各宗派によりそれらの仏像や仏画を設置します。
そして位牌はその下、中段に置かれます。

この位置関係からいっても、仏壇で重視されるのは、まず「ご本尊様」です。
祖先の位牌だけでは仏壇ではない、ご本尊様を迎えて初めて「仏壇」になるのだ、などとも言われています。

ところが今回の応募作品を読んでみると、こうした「ご本尊様のありがたさ」に触れた文章は皆無でした。

それは「お仏壇と家族のストーリー」というテーマがあってのことなのかもしれませんが、100以上の応募作からみえてきた〝仏壇〟は、日々故人を偲ぶ場所、あるいは、お正月や夏休みなどの折々に、離れて暮らす家族が集まる場所であるということでした。

ご本尊云々ではなく、より身近に故人を感じ、弔うところ。現状の役割として、仏壇のそんな姿が浮かび上がります。

またこちらの予想を超えた例として、子どもや孫をしつけるという方もいらっしゃいました。「道をはずれた子どもを仏壇の前に連れて行き真剣に怒る」「仏壇のお参りを通じて孫に礼儀を覚えさせる」いったケースです。

手を合わせることで心が整う、背筋が伸びる。仏壇は家の中のそんな空間にもなっているようです。

仏壇は、顔を合わせたことのないご先祖様を意識させられる場所です。
私たちが普段接する血縁関係といえば、上はおじいちゃんおばあちゃんぐらい。この世で実際に交流できるのは2世代上、あるいは2世代下程度ですが、仏壇やお墓では、顔を合わせたことのない、その先の方々に思いを巡らすことがあります。

家系図で見るような、タテのラインを強く意識できる場所。それが仏壇でありお墓なのかと思います。

実生活では血縁関係に加え、友人や仲間などとのヨコのつながりがあり、そこにタテ軸のラインが加わる。つまりは、自分の立ち位置が明確になることが心の安定につながるのだろうか―。珍しくそんな小難しいことを考えさせられました。

それはそうと、昨年、あるインターネットサイトの調査では、マンションに住む人の85%が「家に仏壇がない」という結果が出るなど変化が見られます。
仏間を造らない一軒家も珍しくなくなってきたのは、スペースの問題でしょうか。それとも私たちの要望を反映しているのでしょうか。

今後、この空間は不要とされるのか、それとも縮小しながらも受け継がれていくのか。そのあたりが気になるところです。