失敗しないお墓選び – 永代供養墓・納骨堂の選びかた

継承者のいらないお墓として選ばれることの多い永代供養墓・納骨堂ですが、どういったお墓で納骨すれば良いのか分からない場合もあるでしょう。

故人の宗派が決まっている時は、それに応じたお寺や霊園・墓地を選択する必要がありますし、特に宗派にこだわらない人には、宗教不問(宗旨・宗派を問わない)お墓も多く存在します。

どこに納骨するか迷った時には、資料を請求したり、どのようなシステムなのかなど詳しい話を聞いたりしてから決めた方が良いでしょう。

ここでは、何をポイントに永代供養墓・納骨堂を決めればいいのか迷った時のチェックポイントをご紹介します。

 

故人の宗派が決まっているとき

永代供養墓・納骨堂を決める際は立地やしっかりとした運営がされているかなど、さまざまなチェックポイントがあります。

故人の宗派が決まっている場合はお寺の宗旨・宗派と合っているかどうかを確認しなければなりません。

宗旨・宗派に関して厳しい制約がある場合は管理者側から断られるケースもああります。

もし宗派が決まっていなかったり、違う宗派だったりする場合、お寺の宗派に改宗する必要性が出てきたり、檀家に入らなければならなかったりと複雑な手順が必要になる場合もありますので注意が必要です。

 

宗派を問わない永代供養墓・納骨堂に入る

永代供養墓・納骨堂を決める際には宗旨や宗派を問われることがないお寺を選ぶのも良いでしょう。

こちらは故人がどんな宗派であっても関係なく納骨してくれるものであり、故人が関係していた宗派や現在の宗派、並びに戒名や法名なども問われることがなく、無宗教でも問題ないなど自由性が高いです。

ただし、供養の方法はそのお寺の宗旨・宗派の形式にそって行われます。

お寺を利用する際には檀家に入ることをすすめられることがありますが、必ずしも檀家に入らなくても納骨を行ってもらえます。

また、宗派を問わないお寺を選ぶ時には、供養を行う人の人柄などを確認しておくといいでしょう。

 

お坊さん

 

資料請求や話を聞いて最終決定

実際に宗派を問われる場合でも問われない場合でも、お寺によってさまざまな違いがあります。

永代供養墓・納骨堂の利用を検討する際にはお寺の立地条件やどのような設備が整っているか、また費用はどのくらいかかるのか、このお寺が本当に信頼できるのかなどを調べたり話を聞いたりする必要性があります。

特に資料請求を行う時に確認したいのが、自宅から難なく通える距離であるか、交通網が整っていて気軽にお参りに行けるかどうかがポイントです。

また、永代供養墓・納骨堂によっては維持管理費を必要とすることがあるので、年間でどのくらい維持費がかかるのか確認しておきましょう。

お寺の住職や僧侶などが信頼できる人だと見極めたうえで最終決定を行うのがベストといえるでしょう。

 


日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」では、全国7,000件以上の霊園・墓地を検索できるほか、資料請求・見学予約・お墓の相談をすべて無料で承っています。お墓・永代供養墓・樹木葬の価格(費用)、お墓購入者の口コミ、建墓のポイント、石材店の選び方や、お墓の引越し(改葬)など、お墓に関する情報も満載。霊園・墓地のことなら「いいお墓」にお任せください。

また、運営元の株式会社鎌倉新書(東証一部上場、証券コード:6184)では、お墓だけではなく、葬儀・葬式、仏壇・仏具店、相続に関わる税理士・司法書士・弁護士・行政書士などの専門家を紹介するなど多岐に渡るフォロー体制を持ち、幅広い情報を提供しています。

 

5/5 (6)