「寿陵」―めでたいお墓を考える―

2018年7月17日

新年を迎えるにあたり、「めでたいお墓」=寿陵について考えてみました。

〝寿陵〟とは、生前にお墓をつくっておくこと。「寿」の字が入っていることからもわかるように、古代中国では、生前墓は縁起が良いと考えられていました。

ところで、今、日本ではこの寿陵=生前墓が増えています。 「終活」という言葉、最近どこかで聞いたことがあるという人は意外と多いのではないでしょうか。

終活とは、人生の終末期に関する活動のこと。介護や相続、お葬式などについて考え、あらかじめ決めておいたりします。その一環で、お墓についても生前に買い求める人がいるのです。

ところでこの終活に取り組むのは、子どもがいない、あるいは独身の人だけというわけではなく、結婚して子どもがいる人も多く含まれています。 その人達がよく口にするのが、「自分の死後のことで、子どもに迷惑をかけたくない」です。

そんな終活に取り組む両親を持つ私の知り合いの男性は、ある日突然、こんな電話をもらったそうです。
「お墓を買っておいたから。お寺の墓地だ」

その男性は、「寺墓地ならお布施とか求められるよね。どうしよう」と不安を口にしていました。
たぶん男性のご両親は、息子にお墓を探す手間や費用の負担をかけまいと考えたのでしょう。けれど、事前になにも相談することなく決めてしまったことが少々問題だったようです。

お墓は初期費用だけではなく、使用する間は、管理費を定期的に支払うことになりますし、寺墓地であれば法要時にお布施がかかってきます。 家族やお墓を継承することになるであろう子どもには、購入前にそれらの説明をしておいた方がよさそうです。

事前に話しておくことは、費用の面だけで問題ないでしょうか。例えば、「お墓の場所」はどうでしょう。

お墓に遺骨が納められた後は、そこに家族や親戚、友人などが訪れ手を合わせます。
「お参りに来る」人が、足を運びやすい環境にあるのか。墓地・霊園の立地は、先々を考えると大切なポイントになってくるでしょう。

お墓というのは亡くなった人だけのものではなく、残された人の供養の場でもあるのです。
その人たちの視点が欠けたお墓というのは、本当の意味での〝寿陵〟とは言えないように思います。

年末年始は家族が集まる時期。寿陵=生前墓をお考えの方は、この機会に一度、ご家族やお子さんとお墓について話してみることをお勧めします。